漫画感想

少年ジャンプのクソつまらない漫画ランキングベスト10【打ち切り】

ジャンプのクソ漫画

どうもiwakoです。

僕はジャンプ漫画が大好きで、毎回新連載も読んでいます。

その中でもどうしても読むのが辛くなるクソ漫画ってのは存在するんですよね。クソ漫画の特徴としてはまず絵が下手すぎることがあげられます。ギャグ漫画だったらまだ許されるとこもあるのかもしれませんが、「え?ストーリー漫画でこれ?」みたいな。絵柄が気になって漫画に集中できないです。なぜこれらの作品を連載会議で通したのか、くじ引きで決めたのではないかというレベルです。

いや僕はね、クソさをアピールというよりも、ジャンプ好きとしては知ってほしいんですよ。このたぐいまれなるクソを。世の中にはクソ漫画愛好家というクソ漫画を愛してやまない人種も一定数存在するので。

そんなわけで少年ジャンプで見つけたクソ漫画をランキング形式で書いてみました。

正直みんなクソだからランキングつけてもしょうがないんですけど一応ね。このランキングは上位ほどクソ漫画レベルが上がっています。

 

さあ立ち上がれクソ漫画愛好家達よ!君たちの好きな作品がここにはある!!

 

少年ジャンプのクソ漫画ランキングベスト10!

第10位.チャゲチャ

この作者は前作「ボボボーボ・ボーボボ」が人気漫画となりました。

チャゲチャは前作で売れた漫画家の作品としては異例中の異例、史上最速の8週打ち切り漫画となっています。

そのネームバリューすら打ち消して彗星のように去っていった作品。去っていった?いえいえ彗星が超スピードで隕石となって落ちて大きなクレーターを残していきましたね。逆に尊敬すらします。人気アンケート1票も入ってなかったんじゃないかと疑いますよ。

ただこれは僕思うんですよ。もしかしたら初連載作品だったらまだ違ったのかもしれないと。ボーボボは初見であの絵柄が受けてうまくヒットしましたけどチャゲチャではみんなもう見慣れている絵柄だからボーボボのようなインパクトがなかったんですよ。

さらに言うとギャグも何もかもボーボボの劣化になってるのが敗因ですね。キャラもボーボボよりは薄かったです。

やってることはボーボボの時と何ら変わらない勢いに任せたギャグなのでここで作者の限界を感じました。

と思ったらその次回作でボーボボのスピンオフ、しかも絵柄が萌え路線になってる!絵が格段にうまくなっててビックリしました。努力を感じます。ギャグの勢いはなかったですが、なんかよつばとみたいだと思いました!

 

皆さん、分かってますか?これでまだ10位ですよ?

出典:チャゲチャ

iwako
ウソだろ・・・

 

第9位.ツギハギ漂流作家

簡単に言ったらワンピースのキャラがHUNTER×HUNTERの世界で冒険する話ですね。

作家の冒険ものということで設定は悪くなかったですけどやっぱパクリ部分がちらつきます。ほんと1話目からワンピースワンピース言われてましたしね。ルフィとサンジが一緒に旅してるようにしか見えない、そしてハンター試験みたいなのを受けるという・・・。作家がバトルするってのも新しいっちゃ新しいんですけど逆に言えば作家らしさがまるで見えなかった。ひょっとしたらバトル展開は担当の支持なのか?

パクリを抜きしたらら主人公の性格の悪さが目立ちますね。嫌味言ったり冗談を連発したり性格はクズとまでは言いませんが不快感はぬぐえません。性格の悪いルフィですね。

パクリと言われつつもこういう冒険ものはワクワクしました。→HUNTER×HUNTER最高

けど「作家」とういうジャンルで書いていくにはこの作者には力量が足りなかったなと。

この漫画の功績は「何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!」という名言を残したことですね。このセリフは反響を呼び2チャンネルに広まりました。今や下の画像だけ知ってる人も少なくなく、元ネタを知らない人にはルフィのセリフだと勘違いする人もいました。

出典:ツギハギ漂流作家

iwako
※ワンピースにはこんなセリフなんてでてこない

 

第8位.U19

能力バトルものですが能力設定は好きでした。自分の得意なことを能力として目覚める、主人公なら裁縫が得意なので針と糸をだし裁縫スキルでいろんな形に作れるとか。

ただその設定を生かしきれなくてストーリーがクソ過ぎたのでランクイン。主人公手に自分の手に糸を巻き付けて攻撃力アップしてましたもんね。どういうことなの?もっとやりようあっただろと思います。あと糸は血液から生成されるようで、主人公の能力発動が体か血管を通って針がでてくる描写でとても痛々しかったです。

ストーリーは大人が支配する世の中を子供たちが反逆するって設定です。大人=悪みたいな感じで終始物語が進んでいくわけですが、子供に全く共感できないんですよね。1番は主人公の存在です。教師に反抗、逆切れ、さらには無罪で追放、仲間と大笑い。最低な主人公です。主人公とは思えません。

そうなんですよ。この漫画は味方キャラがクズばっかなんですよね。完全にテロ行為してるし能力で戦車ぶっ壊すわ人殺すわ、そんなことまでしておいて終盤では「力でねじ伏せるだけならテロリストになるから選挙で大人を倒す」、主人公は「大人と仲良くしたい!」とか言い出す始末ですよ。味方サイドはみんなサイコパスなのかな?

キャラデザはよかったですけどね。女の子かわいいですし。

原作だけ変えたほうがよかったんじゃないですかね。

出典:U19

iwako
あとおっさんはかっこよかったかな

 

第7位.サムライ8 八丸伝【打ち切り予定】

これだけは打ち切り予定ってことで。

新時代のクソ漫画。久々に読むの疲れる漫画に出会いました。

この漫画はあの大人気漫画「NARUTO」を書いてた岸本先生が原作を担当しています。作画も元岸本先生のアシスタントだったらしく、絵柄が非常にNARUTOに似ています。なので当初はかなり期待されていました。

しかし実際始まったら1ページの中に説明が多すぎだし説明もろくにしてないのに知らない単語ポンポンでてくるし読者置いてきぼりになってます。

普通は前作で売れた漫画家の作品だと「岸本の無駄使い」とか言われますけどこのこの作品に限っては違いますもんね。原作の岸本先生が足を引っ張ってる状態です。設定を詰め込みすぎです。設定抜きにしてもキャラに魅力が感じません。主人公なんて劣化ナルトですし。

これはNARUTOは売れたのは初代担当が優秀だったからって説ありますよ。

あと戦闘シーンも・・・ごちゃごちゃして見にくいです。岸本先生譲りですね。NARUTOも戦闘は結構見にくかったので。もう少し作画の人のオリジナリティをだしてほしかったです。絵は上手いんですけどね。

設定もあまりよろしくないのかなと。侍なんですけどこの漫画の侍は全員アンドロイドっていう。まあ忍者が海外でも受けたからそれを考えて侍をテーマにしたんだとは思いますけどこれはちょっと擁護できません。

主人公ももれなくアンドロイドでたまに顔をぱかって割るのがほんと気持ち悪いからやめてほしいんですよね。

うーんハードルが上がりすぎた分その落差もすごいですね。

出典:サムライ8 八丸伝

iwako
ガチャガチャやめて気持ち悪いから

 

第6位.学糾法廷

作画と原作の人が分かれていて、作画は「ヒカルの碁」「デスノート」「バクマン。」などの人気漫画を生み出した小畑先生です。

この漫画を一言で表すと「茶番」。

ゲームで言うところの「逆転裁判」や「ダンガンロンパ」のような法廷漫画で学校で、起こる数々の事件を主人公が論破して解決するという話なのですが、それらが全て子供だましにすぎないってのがこの漫画の残念なところです。まあでもこれは小学生の考えた犯罪なのでわざと・・・なのかな?だからこそスリルやドキドキ感がなかったので小学校設定自体が間違えてたのではないだろうか。そのくせ子供なのに妙に言うことが大人ぶってたり忍者がでてきたり世界観がよく分かりません。

「水深5mのプール」にモノを隠したってトリックがでてくるんですけど・・・トリック以前の問題として水深5mのプールなんて小学校にあるわけありません。いったい何のために作ったのか・・・何の説明もされなかったですからね。

その他軽い犯罪を犯したやつが重い罰を受けて盗撮とガチ犯罪には軽めの罰だったり内容にちぐはぐがあったのは気になりました。

うん絵は上手かったですよ!そこはさすがでした。

ただ内容が内容なので、なんか「バクマン。」の作中にでてきそうな漫画だと思いました。

 

出典:学糾法廷

iwako
小畑先生の無駄使い

 

第5位.TOKYO WONDER BOYS(トーキョーワンダーボーイズ)

タイトルが絶望的にダサい。一部では愛をこめて東京湾と言われていました。そしてみごと11話で東京湾に沈みました。

サッカー漫画にしてワールドカップの年に始まってすぐに連載終了した作品。

というかジャンプでサッカー漫画ってキャプテン翼しか当ててないんじゃないか?ってレベルでジャンプのサッカー漫画は当たらないですね。

この漫画はダブル主人公なんですけどその主人公たちがほんとキャラ薄くて魅力がなかったです。ダブル主人公にした意味も感じられない。

なによりこの作品のダメな部分はギャグですね。毎週毎週、試合のシーンよりギャグシーンの方が多かったのではないでしょうか。面白かったらいいんですけどね。クソつまらないです。いやほんと。サッカー漫画のはずなのに銀魂感を狙ったようなギャグがちらほら。なんでしょう。下ネタ言っておけば笑いが取れるみたいな小学生みたいな感性を感じました。しかも全部つまらないっていう・・・苦痛でしかありませんよ。

と思ってたらこの作品は作者が原作と作画に分かれてるんですけど調べたら原作はアニメ銀魂の脚本の人で作画が銀魂のアシスタントやってた人らしいです。なるほどね・・・。

いやギャグ漫画書けよ。

 

出典:TOKYO WONDER BOYS(トーキョーワンダーボーイズ)

iwako
ギャグ漫画書いてもこのレベルで跳ねるとは思わないけど

 

第4位.斬

ストーリー漫画としては絵が下手すぎる!これにつきます。小学生が長期休み利用して描いたのかというレベルです。今まで見てきたストーリー漫画の中で一番下手なのではないでしょうか。絵だけでクソと判断していいです。ストーリー漫画でこれでは見る気失せますね。頑張って最終話まで見ましたけど。

帯刀が許されている日本を舞台にした漫画です。そして相手を切っても真剣勝負であれば罪にはなりません。この時点で無理やりな世界設定ですが、その設定でチャレンジした意気込みは素晴らしいです。完全なファンタジーな世界観にした方がよかったのではないかと思わなくもないです。

主人公の性格はひ弱ですがピンチになると二重人格のように変貌してめちゃめちゃ強くなります。この強くなる説明がされていません。連載が続いていたら実は血筋がすごいとか設定がでてきたのだろうか。

なぜかこの漫画はネットの一部で物凄いコアなファンがいました。この斬をモチーフとしたゲームやアニメーションを作ってる人もいました。これは本当のファンなのかただネタにしているだけなのかどっちなんだ・・・。

アニメーションは作画も忠実に再現しています。

斬 アニメ化記念OP

出典:斬

iwako
この画力の漫画をジャンプで連載していたという事実

 

 

第3位.Sporting Salt(スポーティングソルト)

通称「塩」。

スポーツ医学を題材とした漫画で設定は新しいなと思いました。

しかし1話で背景が真っ白、見てるとなんだか不安になるくらい狂ったデッサン、特に腰から足にかけてがひどかったですね。関節何個あるんだよって思いました。後手足も伸びたり縮んだりします。でもキャラクター造形は綺麗なんですよね。線とか。だから余計に狂ったデッサンが際立ちます。背景も何も書かれてないのに。あと動きがない。スポーツを題材にしてる割に致命的な弱点を持っています。

「どんな料理にも一塩加えれば上手くなる」とう名言を残し、医学によってスポーツで悩んでいる人を救っていくのかと思いきや、背中を軽く叩いたら足が速くなる、塩分不足のスタミナ切れで悩んでいた子は塩おむすび食べただけで問題解決の超展開ですよ。

キャラも、壁や天井を駆け回ったり語尾が特徴的だったり主人公がクズだったり塩分はかなり多めな漫画でした。

そして途中からあからさまなバトル路線に移行したのは笑いました。笑うしかねえよ。

 

スポーティングソルト

出典:Sporting Salt(スポーティングソルト)

iwako
構図どうなってんの?トリックアート見てる気分

 

第2位.第わっしょい!わじマニア

作者は「わじまさとし」。作者名をタイトルにすくらいの痛さです。そういや「ギャグマンガ日和」も副題に増田こうすけ劇場とついていましたけどもしかしてポスト増田こうすけを狙っていたのか・・・?確かに絵は似てなくもないです。

ただギャグのレベルがギャグマンガ日和と比べると格段に下です。笑えるとこがあまりありません。シュール系なので劣化ギャグマンガ日和ですかね。シュールじゃないですもん。ギャグの大半が意味不明すぎてシュールを履き違えているような気がします。

笑うにしても「クスッ」とかじゃなくて「うわ~やっちまったなあ」というすべった時の笑いですね。どこがオチなのか、笑うポイントがどこなのか分からないまま次に進んでしまいます。キャラクターは立っていたと思うので下で紹介する1位よりはまだ見れました。

あとこっちの方が不快感はないですね。クソなことには変わりないですが。

出典:わっしょい!わじマニア

iwako
二度と自分の名前を作品名にするな

 

第1位.私立ポセイドン学園高等部

キングオブクソ。伝説に残るクソ。

これ以上のクソ漫画はこの先現れることもないでしょう。

まず絵が下手だし汚い。ギャグ漫画なのでそこはある程度許容できますけど、ギャグが全部面白くないってのは大問題ですね。全部です。ギャグ漫画なのに。低レベルでパロディや下ネタも多いです。

漫画のパロディとかいいんですけどそれが作品を馬鹿にした内容だったことが1番の不快感ですね。敬意のカケラもありません。

学園設定で周りのやつらがおかしなやつばっかというよくある設定ですが、幅は広く面白いキャラをたくさん出せば人気がでるかもしれませんが、校長なのにヤンキーみたいな恰好でヤンキー口調、見た目はでかくてガタイがいい男なのに実は女子高生とか、ギャップを狙ってるのでしょうが出オチにしかなってなくて笑えないを通り越してみてて不快です。でてくるキャラクター全て笑えないというのは逆にすごいです。

なぜこれがジャンプで連載されたのか、ギャグとは一体なんなのか、そんなことを考えさせられる作品。

もうこれ以上言うことはありません。

出典:私立ポセイドン学園高等部

iwako
ギャグ漫画家目指してる人はこの漫画を反面教師として頑張ろう!

 

『少年ジャンプのクソつまらない漫画ランキングベスト10【打ち切り】』まとめ

どうでしたでしょうか。

今は昔ほどクソ漫画は量産されてませんが(というかネタになるクソ漫画が生まれてない)ジャンプの歴史に残るクソさがお分かりいただけたでしょうか。本来であれば歴史に残ってはいけないもの達ですけど。

クソ漫画家からしたらジャンプで連載していたという実績だけで誇り高いのではないでしょうか。

 

まあでも興味がある人は怖いもの見たさで読んでみてもいいんじゃないでしょうかね。

 

面白い歴代ジャンプ漫画を見たい人はこちら。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://www.iwako-light.com/entry-jump-best]

在宅ワーク、バイトのおすすめ20選とサイトの紹介!副業にもぴったり

在宅ワーク、バイトのおすすめを集めました!
在宅ワーク、副業探しはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。