無気力日誌

会社を退職しても戻りたいと後悔ないようにしよう!失敗しないために

どうもiwakoです。

僕は5年間いた会社を退職しました。やったぜ。ついに僕は自由から!社会という名の牢獄から解き放たれた!

もう何でもできます!ブログに集中できます!ひゃっほーい!

でも1ヶ月後はまた社会へと逆戻り・・・新しい牢獄へ・・・。

嫌だあ嫌だよお・・・。なんで新しい仕事決まったんだよう・・・嫌だよう。

つってね。

今は束の間の自由を楽しみます!んふふー、珍しく7月は予定が結構あるんだー。いやーリア充だね。んふふー。

さて、さてさて、どうでもいい話は置いといて本題に入りましょうか。

退職する理由はたくさんありますよね。残業がきつすぎる、人間関係がやばすぎる、僕のように精神的な理由もあるかもしれません。

僕の場合は馬鹿すぎて仕事内容を理解できなかったのもありますけど。人によっては僕のことを、それは結局のところ言い訳にしかなっていなくて、理解できないのではなく、理解する気がないと思われてた可能性もありますけど。そんなことはないです。僕は馬鹿なりに必死に覚えようとしました。でも頭が悪すぎたりとか、10秒前に言われたことを忘れたりとか・・・。

 

転職するなら早い方がいい!

まあ理解できなかったろうが、理解する気がなかったろうが、そんなことどっちでもいいことです。もう退職した会社です。

ただ若いうち(と言っても32歳ですが)に退職してよかったとは思います。次の仕事決まってはいますけれど、「前の仕事より辛かったらどうしよう」「続けていけるだろうか」なんて不安はもちろんありますよ。

でも退職した会社を定年まで続けていけるかと考えたら続けていけないと判断しました。だから退職したんです。

いつか退職しなければいけないなら今退職したというだけです。

次の会社のことはどうなるか分かりませんよ

それは先のことなので誰にも分かりません。僕の未来を教えてくれる人がいたら教えてほしいものです。どうなの!?未来の僕は幸せな結婚生活おくれているの!?

うんつまりね、今のところ会社を辞めて後悔していないということです。

次の仕事を始めたら、もしかしたら考えが変わるかもしれませんけど。

「前の会社の方がよかったなあ」って。

こんなことを思ったら、それこそ馬鹿みたいだなって思うんですよ。自分が決めて前の会社退職したのに。

で、ですよ。もしもそんなことになってみてください。どうあがいても前の会社には戻れないわけなので選択肢は2つに1つです。

辞めるか受け入れるか。

転職したのにまた辞めたらきっとその次も同じことの繰り返しです。かといって現状を受け入れてもストレスを感じるだけです。

どちらを選びますか?

どちらに転んでも多分いい方向に進んでいかないと思うんですよ。

そうならないために!確かに実際に働いてみないことには分からない部分もありますが、転職しても後悔しないために、ある程度できることはあります。

それを今日は考えていきます。

 

なぜ転職したのに辞めたくなるのか

人間関係が悪かった

前の会社では失敗してもみんな優しく、暖かく見守らてた、ですが転職したらちょっと失敗しただけで冷たくあしらわれたりとか、上司がパワハラで会社内もギクシャクしていたりとか、人間関係は仕事に大きく作用されます。仕事へのモチベーションも保たれません。

でもその職場に根付いている人間関係だからそう簡単に直せません。

僕も前の会社の人達がみんな挨拶しない人だから「これは僕が変えなければ」と、毎日出勤時に挨拶してましたけど変わりませんでしたね。結局僕のワンマンプレイにしかなってなかったです。諦めました。

前の会社の人間とはガラッと変わるわけですから当然考え方も違います。

前の会社の感覚で入社したら痛い目に合うかもしれないので気をつけた方がいいかもしれませんね。

 

仕事内容を大きく変えすぎた

変えたのは自分なんですけどね。僕も前職と全く関係ない仕事につくのでどうなるか分かりませんけれど、仕事を変えて続けていたら「やっぱやりたいことと違うな」「前の仕事の方がよかったな」と感じるかもしれません。

でもここで後悔するような人ってのとりあえず勢いで辞めてどこでもいいから勢いで転職する人が多いと思います。

求人情報で知っていても、面接で聞いていても実際に仕事してみたら「なんか違うな」と思うことはあります。

どういう仕事かってのを理解していたつもりでも理解しきれてなかったんですよね。だから後悔する羽目になります。

会社のことをろくに調べないで就職する人って長く続かないんですよね。僕はアルバイト時代に学びました。

 

求人内容と待遇が違う

給与や休日などが求人票と違った場合、残業が書かれていたよりもずっと多かったり、腹立たしいですよね。また、求人内容や面接で聞かされていた賃金が平均給与であって、新入社員はそれよりむ低くなる可能性もありますので待遇についてはしっかりと面接で聞いておいた方がいいですね。

それでも聞いてた話と違うと感じたら辞めてもいいと思います。このまま働き続けていてもストレスが溜まるだけです。これは仕方が無いです。

残業が思ったより多かったというのはよくある話ですが、気をつけなければいけないのが平均残業時間をそのまま実際の残業時間だと思うことですね。

仕事には時期などによって残業は変わってきますのでそこは覚悟しておかなければいけません。

 

後悔しないためにできること

入社してからでは遅いので、入社する前に考えなければいけないことを書いていきましょう!

企業の情報収集をする

後悔することになるのは情報が足りなかったからです。やっぱ求人票だけでは情報が足りません。今の会社の環境が悪いからここよりは良い会社に勤められるだろうとたかをくくっていると痛い目にあいますよ。固定概念は捨ててください。何事も疑って慎重に考えなければいけません。

そこがいったいどういう企業でどういう就業形態なのかを調べる必要があります。転職先で働いている知人がいれば話を聞いてみるのもいいですし、僕がよく下調べするときに調べるのが口コミサイトですね。大きな会社であれば大体会社の口コミが載っているので、そこでどんな会社なのか見極めます。いい評価も悪い評価も載っているので、もしかしたら求人票には書いてないような業務をやらされたり、給料がほとんど上がらないということが発覚するかもしれません。

調べるのと調べないのでは入社してからの安心感が違います。

 

面接時社内の人間関係を観察する

僕が1番大切だと思っているのは社内の人間関係です。

仲の良さ、もそうですが、お互いがお互い連携して、協力し合って仕事をしているかというのもとても大事な要素です。

全てを見ることはそりゃ難しいかもしれませんが、事務所内の様子や、面接担当者からもその辺の話を聞き出せるといいですね。

できることなら社内見学させてもらえるのが一番いいですね。自分の目で確かめることによって仕事内容も理解できますし、社員間の様子も伺うことができます。自分から「社内見学させてください」と言ったらもしかしたらやる気があると思われて面接での評価も上がるかもしれませんよ・

ただ、あまりキョロキョロと挙動不審な行動は謹んでくださいね。変なやつだと思われてしまいます。

 

覚悟する

なんでしょう。転職に失敗する人は覚悟が足りていない気がするんですよね。「今の会社から離れられるならどこでもいいや」「なんとかなるっしょ」こんな考えだから転職した後で失敗するんですよ。

覚悟とは暗闇の荒野に道を切り開くことなのです。そりゃ未来はどうなるか分かりません。でも誰かが自分の道を照らしてくれるわけではありません。自分が考えて、分析して、自分の意志で!切り開いてください。

 

軸を持って転職する

いけないのはやりたいことや待遇などを全く考えずに入社してしまうことです。考え無しで行ったら失敗の元ですよ。

よくあるのが条件にこだわりすぎて他のことを考えてなくて後悔したりね。とにかく高い給料が欲しくて入社したらやりたくないことまでやらされてモチベーションが続かなくなった、やりたいことのために就職したら思った以上に給料が低くて後悔したとかよくある話です。

軸を持つというのはそういうことではないんですよね。自分が何を求めているのか、それは年収だけではなく仕事内容、人間関係、就業形態などありますよね。そして自分の未来のことも考えて、何を重視するのか、どこまで妥協できるのか、それぞれのバランスを考えて再認識しておきましょう。

  • 将来的に目指すものがあるから給料が低くても仕方が無い
  • やりたいことじゃなくてもとりあえずお金を稼ぐために働く

と、あらかじめ決断してから入社すれば後悔することは少なくなるはずです。

仕事を辞める前に転職先は探しておこう!

一番ダメなのは転職先を決めてない状態での退職ですね。1年くらいゆっくりしたいというのなら止めはしませんけどおすすめはしません。1年なんか休んだらもう働く気力もなくなってしまいますよ。それでニートへの道へ・・・いいんですか!?あと1年経ってそろそろ仕事探そうと面接に行ったら「この1年間は何をしていたんですか?」という魔の質問が飛んでくるのでめんどくさいです。

僕の場合は会社側が転職活動を許してくれて、自由に面接もいける環境だったのでありがたかったですが、そうでなくてもどこかで有給をとるなり、土日にも面接をしてくれるところを探したりして転職活動はした方がいいです。これもそう、後悔のないようにってことです。

まあ会社を辞めてからの方がゆっくり探せるというのはあるかもしれませんが・・・短い期間で転職できる自信があるのであればせめて3ヶ月生活できるくらいの貯金がある状態で今の会社を辞めてください。貯金もなく、何も当ても無い状態で、ただ会社を辞めたいから辞めるという考えだけではあまりにも無謀だと思います。

 

退職代行サービスの紹介

仕事を辞めたいけど辞められない人には退職代行サービスというのがあるので紹介させていただきます。

紹介する「EXIT」という会社はですね。上司が怖くて辞めたいと言えない、退職届を提出しづらい人のために代わりに退職を請け負ってくれるんです。どういうことかというと、辞めたい会社への連絡を「EXIT」の方からして退職の手続きを全てやってくれます。自分は何もする必要ありません。

即日対応OKで、なんと辞めた後の転職サポートもしてくれるので至れり尽くせりですね。

数々のテレビや雑誌にも紹介されて退職率100%という実績もありますので安心して頼むことができますよ。

 

まとめ

つまり転職はよく考えてから実行しようということです。転職はしている回数が多ければ多いほど信頼もなくなるので転職しにくくなってしまいます。

今の会社が不満で転職を考えている人はこれが最後のチャンスのつもりで行動してくださいね。例えば「この職種は自分に合ってない」と何回も転職したら、社会人経験は豊富かもしれませんが、その職種では未経験で入るわけではないですか。もしかすると自分よりも年下の人が上司になるかもしれません。嫌じゃないですか?そんなの。毎回未経験で入ったらスキルがないので給料も前の会社より下がる可能性のほうが大きいです。

転職するには本当に自分に合っている会社かを見極めて、覚悟して挑んでください。

僕も次が最後だと思っています。次がダメならライターで食べていけるように頑張ります。

社会人に向いてない人間の特徴と性格!どうすればいいのか!どうもiwakoです。 最近人と話すことが怖いです。故に、会社を休みました。今日。それなりの理由をつけて・・・。 人と話すの...
再就職が怖い!うつ病の人が向いている仕事とはどうもiwakoです。 僕はうつ病になりました。その辛さ、よ~く分かります。まずなかなか人に相談できないですからね。相談して「うつ...
イラストや記事のお仕事募集中です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。