無気力日誌

ネガティブすぎるハルオサンのブログ!作り話と思うほどの人生に驚愕

どうも30万PVを達成したのもつかの間、うつ病になったiwakoです。

今日はとあるブログを紹介しようと思います。うつ病記念に・・・。

たまにはこういう記事もいいのではないでしょうか。というか特定のブログを紹介するのは始めてな気がします。

まずはそのブロガーを紹介したいと思います。

ハルオサン、その人について

僕は彼のことを、はてなが誇るネガティブブロガーと呼んでいます。

2018年6月14日現在、読者数4256人、はてなの読者数ランキングでは12位という上位に位置する人気ブロガーになります。

はてなブログを運営している人なら知っている人もいるのではないでしょうか。

一言で言えば天才です。

読みやすいように改行や文字の大きさ、色を変更している、すらすらと流れるように読んでしまう文章力。何より味のあるイラストが特徴的です。

f:id:iwatako:20180614213557j:plain

簡単な落書きのようなタッチですが、すごく躍動感があり感情移入できてしまうイラストなんですよね。どこか狂気的に感じますが、だからこそ文章にのめり込んでしまうというのもあります。

個性が光っているブログは好きです。

ただ僕は別にブロガーとして尊敬しているというわけではありません。一読者のファンとして毎回楽しみにしているだけです。

だってあんなイラストも文章も僕にはとても真似できないですから。

僕の場合はネガティブなことを笑いに変えるスタンスですが、このハルオサンはそういうわけではありません。

ありのまま起こったことを話して、終始暗い内容なのになぜか面白くていつの間にか読み終わっています。

ハルオサンの凄いところはわずかブログ開設して50日にして100万PVを達成していることです。

頭おかしい(褒め言葉)

意味が分かりません。なぜそこまでPVを伸ばすことができるのか・・・。

そりゃあさぞかし収入もたくさんあることだろうと思ってたのですが、なんとハルオサンは広告を一切貼っていないのです。

有料版であるはてなproであるのにも関わらずですよ。このことについてハルオサンは「読者とフェアな関係でいたいから」ということを書かれていました。お金や立場が絡むとフェアな関係でいられなくなってしまう、広告を貼らないことで対等な立場で在りたいと、そう考えているわけですね。

う~ん言わんとしていることは分かりますけどやっぱ勿体ない気がしますね~。

ちなみに現在ハルオサンは無職で、沖縄に移住して生活をしています。

どうやって生活しているのか??

謎が謎を呼ぶハルオサンです。

そんなハルオサンのブログはこちら!

警察官クビになってからブログ

個性的なイラストと共に悲惨な人生の数々を綴っています。本当にビックリするくらい波瀾万丈ですよ。

 ハルオサンの波瀾万丈な人生

脳の病気で死にかける

幼い頃に脳の病気で2回死にかけたことがあるそうです。奇跡的に命を取り留めたハルオサンは自分が正常なのか、異常なのか分からないままに生きることとなりました。

子供の時に死にそうになるくらいの脳の病気・・・治っても障害があるのかないのか分からないとか怖すぎます。

警察官をクビになる

ハルオサンの将来の夢は警察官になることでした。その夢を叶え、見事就職試験に合格、警察官になることができました。

しかしそこからが地獄です。コミュニケーション能力の乏しかったハルオサンを同僚達はからかい、イジメに発展してしまいます。

しまいには教官にまで「辞めてくれないか?」と言われる始末。

ストレスを感じながらも、「絶対辞めてやるもんか」と心に誓ったハルオサンですが、紆余曲折あって、結局警察官を辞める羽目になりました。

ここから警察官クビになってからの人生が始まります。

すでにもう壮絶やばい。

10年間うつ病になる

警察官時代にトラウマを植え付けられたハルオサンは、不眠症、食欲低下、めまい等で10年間悩まされることになります。吐いてしまったり、急に倒れて気を失ってしまうこともあったそうです。

「死んだ方がマシ」そんな気にさせることも何度かありました。

しかし「警察に復讐してやる」その思いこそが生きる目的になっていたのです。

そう思うのも仕方ないくらいのことはされてますからね。ハルオサンを虐めてた元同僚は脳の病気で全員死ねばいいと思います。

死後清掃員になる

ハルオサンが次の仕事を探そうと面接を受け続けますが、世は就職氷河期、なかなか採用してもらえません。唯一採用通知が来たのが家具屋だったのでそこで働くことに決めました。

しかし家具屋とは表の顔で、実は死んだ人の家を片付ける仕事だったのです。

1年後にその会社は潰れてしまいます。

家具屋なのに死んだ人の家を片付ける仕事とか・・・どゆこと!?

ブラック企業に就職する

再就職先は飛び込み営業の会社、求人情報には学歴不満、アットホームな会社、頑張れば月50万稼げる等、魅力的な情報に心躍って面接に行きました。

経営者の熱い経営理念にハルオサンは感動し、見事再就職、もとい新しい人生の出発点を見つけたのです。

それが地獄の始まり、

給料激安、交通費、ボーナスなし、休みも月2日程度、経営者の言ってたことは全て嘘っぱち、最悪のブラック企業でした。

辞めさせないための洗脳教育を施していて、結局3年間もの間このブラック企業で勤めることになりました。

僕なら2日目から来ません。

町工場で働き首の骨が曲がりクビ

知人の紹介で町工場で働くもこれまた重労働で頚椎が曲がってしまったそうです。そしたら「お前の居場所はない」と言われ追い出されてしまいました。

・・・首が痛くなってきた。

現在、沖縄へ

無職ながらも気分を変えて沖縄へ移住しました。

そしてブログを始めることになるのです。

そしてあっという間に人気ブロガーに。

なんと「警察官」と調べると一ページ目にハルオサンのブログが!驚きです。

あるときハルオサンに一通のメールが届きました。

「ブログ読みました。 私は警察官になるのが夢です。 必ず人を思いやれる警察官になります。」

この希望の満ちたメールを見たとき浄化されるような気分になり、警察への復讐という気持ちが薄れていったそうです。

そして新聞や求人雑誌等の連載を持つまでになり、多くのサイトで雑誌での紹介、ついには多くのブロガーが夢見ている書籍化まで果たしました。

こちらはブログの内容を再編集したもので、イラストは全て新規書き下ろしとなっています。ブログ未公開エピソードもありますよ。是非お手にとってみてはどうでしょうか。

正直ハルオサンの人生を見てたら自殺するのがバカバカしくなります。

なぜかトキトマデザインさんがハルオサンの人生をアニメーション化しています。

youtu.be

そんな人生を送っている人が本当に存在するのか?

ハルオサンの存在を否定するような見出しですがこれは書きたかった!

もうさ、なに!?なんだよこの人生!悲惨すぎる!

まだまだ物語はあります。在宅ワークしてたけど給料が全く払われなかった話とか、婚約者に5股されて婚約破棄になった話とか・・・これは見てて泣けてきます。

しかしですよ、そんな壮絶すぎる人生を送っている人が本当にいるのかどうか・・・ちまたでは噂されているみたいです。

実はプロの業者なんじゃないだろうか?ライターが書いている創作物なのではないだろうか?

これだけのPVを稼げる実力があるのにも関わらずハルオサンはSEOやブログの知識もない初心者だということも不思議でなりません。

全て本当だとするならばやはり天才と言わざるを得ません。

いや本当に実在して欲しい!

でも実在してなくても別にいい!

だって面白いから!!

業者だろうがライターだろうが僕としてはどうでもいいですけどね。結果として面白いですから。

読みやすい文章、引き込まれるイラスト、壮絶な人生!全てが折り重なって素晴しいブログを作り上げてくれたこのに感謝いたします。是非これからも続けてほしいです。頑張ってください応援してます!

だからできればその辺は謎のままにしてほしいですね。正体を明かさないでいてほしい。

ちなみに業者であることはハルオサンが否定しています。

『ネガティブすぎるハルオサンのブログ!作り話と思うほどの人生に驚愕』まとめ

同じネガティブブロガー(と僕は思っている)として紹介しましたけど、僕にはハルオサンみたいな記事は書きません。いや書けません。文章力、というのもありますけど、人生の濃さが桁違いです。

ハルオサンは自分の人生がクソだと書いてましたが、僕も言いましょう。クソみたいなつまらない人生を歩んできています。クソのベクトルが違います。

ほんと、人生っていろいろあるなあと改めて思いました。

『今日はヒトデ祭りだぞ!』を雑記ブログが書きたいなら毎日読め!どうもiwakoです。 今日は珍しくブログの紹介をしたいと思います。 『今日はヒトデ祭りだぞ!』というブログを知っていますで...
ネガティブなことをブログで書いても面白くなる方法!見られる記事にするにはどうもiwakoです。 これねー、下書きで一年前くらいから保存してましたけど、ついに書く時がきましたね。 きましたね!! ...
イラストや記事のお仕事募集中です

POSTED COMMENT

  1. N06 より:

    私もハルオサンのファンです!
    嬉しくなって、コメントしちゃいました(*´∀`*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。