人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

自分が進む道は自分でつくらなきゃいけません。それが人生の物語です。人生に迷わないように生活での悩み、恋愛の悩み、会社での悩み、辛いことなどなど!そんな悩みを解決へ導き、趣味などに打ち込んで心を照らしましょう!人生の物語を自分自身で作っていくのです。そんなブログです。

絵を描きたい人!初心者でも簡単な絵でも大丈夫!

絵を描きたい

趣味紹介ということで、僕の趣味を紹介したいと思います。

絵を描くのが好きです。昔は絵画教室に通い、絵画コンクールに何度も応募し楽しく書いていました。絵描きになるんだと大きな夢を持っていたこともありました。

結局関係のない仕事を現在はしていますけど。
そんなもんです人生は。

仕事にするのはおすすめしません。

とは言い過ぎましたけど、仕事は人からの評価があります。評価がいい人は、評価をもらうために絵を描いてます。評価を下げないように一つ一つ丁寧に。もっと知名度をあげるために描き続けます。評価が悪い人はどうやったらうまく描けるか試行錯誤を繰り返しながら、失敗を成功に導くように努力します。
けれど、失敗が失敗を生み行き詰まった時、あなたはきっと絵を描くことが嫌いになります。
いわゆるスランプというやつですね。

まあこの辺は別の機会で語るとしまして・・・趣味でやるのは楽しいですよ♪

何より自由です!

デッサンを練習すれば絵は上手くなりますが、意外に頭使うんですよね~関節がどうなってるかとか影がどこから来てどこに落ちるかとか。
最近流行りの萌え絵?だとか漫画的なイラストだと多少崩れててもそういう絵なんだと納得しますが、リアル系の絵を描くひとはデッサンの練習は必要不可欠です。

絵の種類

前置きで少し話しましたが一口に絵と言ってもいろいろあります。見方によっても種類が別れます。例えば使う画材によって呼び名が変わるし画風の違いもあります。つまり、水彩絵具を使ってイラスト風の絵を描くのもありですし、色鉛筆でリアルな絵を描いてもいいです。それは自由です。
紹介いたしますのでこの中から好きなもの、書きたいと思ったもの選んでください^^

絵の画材によって変わって来る絵の種類

絵にはいろんなタッチや描き方があります。さらにはその画材を使う人によっても個性はでるので描き方は無限大だといいたいですけど、とりあえず描き方の種類を紹介しましょう。

水彩画

みずみずしい透明の水彩絵具を使います。薄めて伸ばして混ぜてにじませて比較的自由に絵を描くことができますが、失敗すると上から描き足すのには向いてないので悲惨なことになります。
僕は一番好きです。だって水で薄めて間違えたとこごまかすことができるぼかしてにじませてできた色を使って自由に彩色できますから。思ってもみない色ができたけどそれが逆に味のある絵になるということもあります。水彩画描きたいなあ。


 
  よかったらこちらも↓
初めての水彩画でもステキに描くコツを
現役の画家が基礎からお教えします。
カンタン3ステップの水彩画講座

油絵

厚塗りができる油絵具を使います。水彩画とは逆に上から書き足すことができるのでやり直しが簡単です。初心者に向いてます。
簡単ですけど初心者は多分油絵なんか触らないですよね。というか関心がない。一番最初に使う絵の具は学校の授業で使うようなふっつーの絵の具です。どこでもありふれているような。 でも初心者におすすめなのは間違いないので始めて絵を描く人はこの機会に始めて見てはどうでしょうか。

アクリル画

アクリル画材はとてもオールマイティな絵の具です。水で薄めれば水彩風になりますし、水を使わなければ油絵風に描くことができます。
好きです。好きですけど自由に描けすぎて、えーと水彩風にしようかなーどうしようかなー油絵みたいな絵も描きたいなー・・・結果中途半端に水をつけたきちゃない絵になるというのはよくある話。

パステル画

粉末状のものを固めた画材、それがパステルです。クレヨンに近いですね。
パステル用の色がついた紙が売っていて、色紙の方が色が映えて綺麗です。
僕は学校の授業くらいしか触ったことありませんねー。家にあってもなかなか触らないんですよねパステルって。パステルが得意な人はうらやましいです。絶対思ったとおりに描けないもん、クレヨンとかね。面が広すぎて!紙につく面が広すぎてうまく扱えないのは僕ですはい。

色鉛筆画

パレットなどの画材がないので気楽にすぐはじめることができます。色鉛筆には鮮やかな光沢があるので色を重ねても綺麗な絵を描くことができます。
色鉛筆の中には水彩色鉛筆と言って水で溶かして、まるで水彩画のような絵を描くものもあります。

鉛筆画

鉛筆と紙があれば描けます。鉛筆単体でも簡単に強弱はつけられますが、4H~6Bまで幅広い鉛筆の濃さがあるので、各モチーフ、タッチに合わせて決めましょう。
僕は陰影のあるリアルの絵よりはラフな感じで描くのが好きです。

絵のテイストによっての種類

イラスト風

アニメや漫画、絵本など。 これはもう描き方は人それぞれ自由です。ポップ、ダーク、可愛いイラスト。目の大きさ、光加減、影のつき方。
今の時代は画材よりパソコンで描く人のほうが多いかもしれませんねー。
アニメや漫画みたいな絵をかける人はすごいです。僕は絵本作家を目指してましたけど、絵本を描こうと思った理由の一つが、指の間接とかしっかり描かなくてもいいと思ったからです。簡単に描けるキャラクターでいいんだと。アンパンマンとかあれただの丸じゃないですか(別にアンパンマンバカにしてるわけじゃありませんすいませんやなせたかしさん尊敬しております)
だって絵が下手ですもん!ストーリーができれば絵なんて簡単でいいやって思ってましたから。
でも絵を描くのは好きです。ああ漫画の絵描けるようにならないかなあ。

 

リアル風

人物画、風景画など。
何かを見て描くのが多いですね。もちろんモチーフなしで描くのもありですがリアルなタッチで影や光をしっかり描きこまないと違和感があり誰かに突っ込まれるかもしれません。あくまで僕の意見なのでお気になさらずに。ちなみに僕は風景は描くの好きですけど人物が入ると途端に描く気なくします。人間と風景のバランスとるのって難しいんですよねー。遠近感とか。
もともとリアルな人物は苦手なんですけどね!

 

抽象風

ピカソなど。
ザ・自由です。自分の思ったままに描いてください。描く人の創造性が試されます。 ピカソを見ても何も感じない僕はセンスがないですか?別に変な絵とも思いませんけど、綺麗に塗ってるなーくらいしか思わない。

絵のモチーフによっての種類

似顔絵

似顔絵描きの人は比べると面白いですね。職業にしてる人はほんと人の特徴捉えるのがうまいですよね。毎回思います。漫画風の絵やリアルタッチの絵を描いてる人まで幅広いですけどどっちも似てるっていう(笑)

 

デッサン

物の陰影を細かく描きます。

 

楽しむには何も考えないことです

無心。

まではいかないにしても少し心を落ち着かせて描いてみてください。用紙はコピー用紙でも広告の裏でも何でもいいです。

あれ?なんか違うな・・・もっとこうした方がよかったかな・・・そう思ったらもう一枚、もう一枚と描き終わったあとに考えたことを次の絵で役立ててください。
多分自分の中の世界が広がっていきます。風景でもそう!人物でもそう!漫画やイラストでも、今まで自分の見てきたものから見えてなかったものが次々に自分の中に入ってきます。

心が豊かになります!

 

まとめ

ほら!もう皆さんは絵を描くことの虜!・・・になりましたかね?

まあ結局のところ絵を描き始めるにはきっかけですからねー、友達が絵を描いてたとかちょっとなんとなく描いた絵が褒められてじゃあもっと上手い絵描いてやろうと描き始めるとか。

僕も絵が好きで描いてますけど・・・下手・・・なんですよねえ。これですよ、こんな程度ですよ。

でも!好きだから描いているんです!でも!めげずに描いています!好きになることに理由なんかいりませんよ。

だから自信をもって描けばいいのです。
これを機会に描いてみてはいかがですか?

きっと世界のいろいろなものに興味が湧いてくるはずですから。


こんな人におすすめ
・集中力のある人
・想像力豊かな人
・何にでも興味を持つ人
・妄想ばっかしてる人

スポンサーリンク