趣味で絵を描いている男の絵描きって何で女の子のイラストばかり描くの?それしか描けないの?

どうもiwakoです。

「またあいつアフィリエイト記事かよ、必死過ぎだろ」とか言われたら嫌なんでたまにはこんな記事も書いてみましたよ。

そして久々に時間取ってイラスト描いてみましたよ。

イラスト描きたーいってなって、じゃあイラスト関連の記事描こうかなーってなって、結果、煽るようなタイトルになりました。

さあ、今日はですね。世の中にはびこる疑問の1つ、

 

なんで男の絵描きは女の子のイラストばかり描くの?

これね、これ。

プロのイラストレーターの人であれば、仕事であれば男のイラスト描かないわけにはいかないですし、描くこともあるでしょう。

僕が言ってるのはtwitterに上げたり趣味でやってる絵描きさんですね。

男の絵描きの話です。

女の子ばっかじゃないですか?描いてるの。しかも10代〜20代の若い女の子ね。なんか目もぱっちりして同じような描きかたで全員同じ顔に見えてしまうんですよね。AKB48のメンバーの見分けがつかないように。流石に例はあげませんが。

うん別にいいんですけどね。いいんですよ。何描いても。それは個人の自由ですし、女の子のイラスト描くことを否定しているわけではありません。

これは「なんでなんだろう?」という好奇心的な疑問です。

つーかそれしか描けないの?

 

なぜ女の子のイラストを描くのか考えてみる

描きやすいから

女の子の方が男を描くより描きやすい。こんなことを言う人がいます。

確かに、僕は女の子って1つの線でできていると思うんですよね。輪郭から肩、胸、尻にいたるところまで、だからスラスラして描きやすいってのはあると思います。男はゴツゴツしてますし、リアルよりなイラスト描いている人は筋肉とか難しそうです。僕には描けない。

しかしですよ。弁解するわけではないですが、女の子って髪留やネックレスなどの装飾品、フリル、可愛い模様だったりと、男を描くこと以上に考えなければいけないとこがたくさんあると思うんですよ。髪型や服装にしたって選択肢が多い、そう考えると男の方が単純で描きやすそうなもんですけどね。

多分、ですけどね。描きやすいの上には描いていて楽しいからというのがあると思います。

選択肢が多いからこそオリジナリティもでるし、描いていて楽しい。

男は限られた選択の中でどうオリジナリティをだしていくのか考えなければいけないから男は描くのが難しい、って考え方もできます。

 

理想のタイプを求めているから

男の絵描きと女の絵描きでは描きたいものに対する考え方が違うんですよね。

女の絵描きはカップルを描いて、イラストの中にストーリー性を持たせます。

男の絵描きはイラストの中の女の子と自分で考えるんですよ。理想の女の子、付き合いたい女の子をイラストで表現しようとします。

全員が全員じゃないと思いますよ。ただ、このタイプの絵描きが多いのではないでしょうか。

あの、AVと同じですね。男の見るAVは、なんていうか・・・飛ばしたりして「そこ」を重点的に見るみたいな。女はAV見ると、やはりストーリー性を重視するんですよね。

・・・AVの件は一度忘れてください。思いついちゃったので。

まあそんな感じで、男は理想のタイプを求めて描いています。

よくオタクが「俺の嫁」と言ううのもそうゆうことです。

 

おっぱいが好き

男はおっぱいが好きです。おっぱいが大きい人を見るとつい見てしまいます。

男にはない特徴だから本能的に見てしまうのか、そもそも男は幼稚で赤ちゃんの時に抱かれた母の温もりを忘れないからか、それはわかりません。見てしまうのはしょうがないです。

女性の皆さん。

しょうがないんです!

「なぜ男はおっぱいが好きなのか」というのも人生における永遠のテーマではありますが、その好きという感情がイラストにも現れてるんですよね。

だって大きく分けて、貧乳キャラ描く人って貧乳キャラばっか描いてるじゃないですか。巨乳キャラばっか描いてる人は巨乳キャラばっか描いています。そうじゃないですか?そんなイメージです。

これはただ単純に「貧乳が好きだから」「巨乳が好きだから」という理由に他ならないんですよね。

 

髪型や服装で遊べる

先ほど女の子を描く上で髪型や服装は選択肢が多い、楽しいから描いているという話をしましたけど、その通りで、髪型や服装をいろんなパターンを作ってドレスチェンジできるから楽しいんです。

髪型ならポニーテールからショートカットまで、女の子は髪型が長いのが基本なので、それでいろんな髪型を作ることができるんですよね。男は突き詰めると二択ですからね。ショートカットかハゲか。選択肢少なすぎるだろって思いますよね。そりゃあ女の子描きたくなるのかなと納得してしまいます。

服装にしてもそうです。男の場合は種類はあるかもしれませんがそれでも女の子よりは少ないでしょうし、なんかパッとしないですよね。女の子であればメイド服だったり巫女、ナース、すく水などコスプレをさせて楽しむことができます。

理想のタイプを追い求めた結果がすく水ならそれは多少の気持ち悪さがありますけどそこはあれですよ、そっとしておいてください。

 

喜ばれるから

簡単に言えば需要があるんですよね。男のイラストより女の子のイラストの方が。

Twitterで拡散されているのはやはり女の子のイラストが多いですし、pixivで上位表示されているイラストも女の子が多いです。

それはひとえに「可愛い」という気持ちが大きくあります。これは僕の判断ですが「かっこいいい」より「可愛い」の方が有利のように思ってます。「かっこよくて渋いおっさん」よりも「可愛くて愛らしい少女」の方が人気が出る傾向にあります。そりゃあ需要を優先して女の子を描きますよね。

女の子にしても絶対ブスには描かないんですよね。喜ばれないから。何が何でも可愛く描きます。

 

ごまかせる

これは技術面の話になりますけどね、僕のように人の関節を描くのが苦手な人ってスカートってとってもありがたいんですよね。隠せるから。男はズボンなのでごまかしようがありません。女の子はふわっとした服着せとけばなんとなくごまかせられるんですよ。

目を描くのが苦手でも髪の毛でふわっと少し隠しておけばごまかせます。

多少デッサンが狂ってたとしてもフリフリなスカートやら装飾品やら乳やらに目がいくので気づかれないかもしれませんね。

 

プロでやっていくのならいろんなパターンを描いたほうがいい

プロじゃない僕がいうのもなんですけど思ってしまったんですよ。

僕のように趣味でイラスト描いているだけの人なら別にいいんですけどね。女の子ばっか描いておけば、自己満にすぎません。

ただプロを目指している人、または現在プロで活動されている人に言いたいです。

イラストの幅はきかせた方がいいです。

というか、女の子のイラスト「だけ」を描いてる人がイラストレーターと名乗っているのが許せないんですよ。

せめて背景描けよ、建物描けよってね、思ってしまいます。描けないなら練習しろよ。

やっぱ女の子描くのは楽しいからか!背景描かないのは楽しくないからか!仕事でやるなら楽しさもある程度捨てないといけません。

女の子も男の子も老人も動物も背景もロボットだって、描けるようになった方が絶対いいです。

友人でイラストレーターがいるんですよ。その人はロボットしか描けませんでした。ほんとにロボットばっかです。ガンダムとかメダロットとか大好きです。ロボットを描くお仕事で、とあるカードゲームのイラストレーターもやっているのですが、流石にそれだけじゃ食べていけませんよね。

限界を感じた友人は描いたことのない女の子のイラストを描き始めました。あ、この友人は男ですが、女の子が描けないという珍しい人です。というか人物をまともに描いたことない。

でも元々絵を描く才能はあるのですぐに描けるようになりました。描かれた人物は全部女の子ですが。男も描けよとは思いますけど。

でもtwitterとかで宣伝したら女の子を描く依頼とか来るようになりましたもんね。

1つのパターンが描けるようになれば1つ仕事が増えるんですよ!

女の子だけ描いてたら、たとえ現時点でお仕事貰えてるとしてもいつか天井が見えますよ。

飽きられるのも早いです。

だからそうならないために、今のうちに色々描けるように練習しておいてください。

 

まとめ

まあ自由に描いてください。僕がとやかく言うことじゃないんで。とやかく言ってしまいましたけど。

女の子のビジュアルは昔からなくてはならない存在です。童話の主人公は女の子のパターンが多いですし、少年漫画にはヒロインが登場します。宮崎駿のジブリ作品の主人公は少女が多いです。描くジャンルや描く人によって理由や思い入れも違いますし、「なぜ女の子でなければいけないのか」なんて疑問は描いているその人にしか分からないわけですよ。

結局なところ、こんな煽るようなタイトルにしてしまいましたけど、どうでもいいっちゃどうでもいい。

好きなようにすれば?

 

あ、プロを目指してる人はこちらで自分の力を試したらいいんじゃないですか!プロから素人までお仕事を販売することができます。ここからプロになれるかもしれませんよ。(次にお前のセリフは「やっぱアフィリエイト紹介してんじゃねえかこの野郎!」という)




お仕事募集しています!

イラストや記事寄稿、商品紹介などのお仕事募集しています。ご相談もご自由にどうぞ!勇気あるご応募お待ちしています。
f:id:iwatako:20181223230030j:plain
お問い合わせはこちら

最新情報をチェックしよう!