人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

25万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

アトピーで死にたいくらい辛い!キモい、汚いと差別される人の対処方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:iwatako:20171118195746j:plain

どうもiwakoです。

あまりこの記事は書きたくなかったんですけどね、少し我慢ならないことがあったので書きました。

こないだ電車乗っている時に前の席で頭をポリポリかいているおじさんがいたんですよ。

そしたら隣の席の男子高生みたいなグループが「あれアトピーじゃね?」「うわキモ!」「粉飛ばすなきたねーな」みたいなことをぼそぼそ話してたんですよ。いや結構声大きかったですけどね。

僕はあまりこういう言葉は使わないんですが、正直死ねと思いましたね。

それがこの記事を書くにあたった経緯です。

 

僕は軽度のアトピーです。

後で書きますけど中学まではもっとひどくて周りからも毛嫌いされていました。人生まだまだこれからなのにも関わらず「俺、絶対に結婚できないだろうな」と思っていました。

というかアトピー体質の人は結婚できるのだろうかとずっと思ってたんですけど、大学時代に同じアトピーの友達がいて、その友達は結婚して幸せに暮らしているので僕は勇気をもらいましたね。

 

僕の今の状態は、身体は痒いですけどほとんど傷などなく、手も綺麗だと思うんですよね。正直な話爪はかいたら垢とかたまって汚らしいのですぐに切るようにはしています。

こないだ自分の手のひら見て「うわ綺麗!」ってつぶやいちゃいましたもんね。ただしやっかいなことに顔に集中してでてしまいます。

 顔というのはいろんな人に見られるため周りの人がそんな自分のことをどう思っているのかすごく気になります。

よく言われるのは「疲れたような顔しているよね」らしいです。

疲れたような顔してるから一緒にいて楽しくないんだろうなと勝手に決めつけられたこともあります。

「眠いの?」「楽しくないの?」「仕事始まったばっかなのになんで疲れてんだよ」

( ゚Д゚)ハァ?

 

こういう顔なんだから仕方ねえだろといつも思ってます。

でも確かに眠いわけでも疲れているわけでもないのに眼の下に軽いクマができていたり、目元から斜め下に線がでてるんですよね。ゴルゴ線というらしいです。由来はそのままで漫画ゴルゴ13の主人公のようだから。

美容医療機関でも使用されている名称です。

だから疲れているように見えるのかもしれません。

そのゴルゴ線が昔から少しコンプレックスだったので消したいと思い、最近生まれて初めて美容エステに通っています。男性専門の。

ここでも難関ですよ。いくつかのメンズエステに電話入れたんですけどもアトピーだからと入店をお断りされました。症状が軽かろうがアトピー性皮膚炎というだけで断られます。

使用している薬品が肌に悪影響を及ぼす可能性があるからなのでしょうが悲しくなってしまいますよね。また差別されたのかと感じてしまいます。

 

そしてようやっと僕みたいなはぐれ者を受け入れてくれるメンズエステがありました。

それも全国規模の有名なメンズエステ、ダンディハウスです。

肌の状態に合わせて施術方法も変えてくれるとのことです。最初にしっかりとカウンセリングもありますし肌の悩みの相談にも乗ってくれるので安心して通うことができます。

 ちなみに男性用エステを一番最初にしたのがこのダンディハウスらしいです。

一度受けただけでも肌が若返ったようにツルンとしたのでびっくりしましたよ。

 

でも目的は肌を綺麗にすることよりもゴルゴ線を消したいので何度か通って効果がでてくれると嬉しいですね。

 

 

アトピーで差別する人は何なの?

アトピー持ちは昔から差別されます。

 

会社の人に「彼女欲しけりゃまずその肌なんとかしろよ」と言われたことがあります。なんでそんなこと言われないといけないのでしょう。余計なお世話です。肌のことを言われたら胸がキューって締め付けられる思いです。

何なの?

 

電車で座っていてちょっと頭ポリポリかいてただけで隣に座っていた人が避けるように立ち上がって別の席に座ったり、聞こえるような舌打ちされたこともあります。

何なの?

 

中学時代の話、顔と体がひどくかゆみで夜は寝付けずに、布団のシーツは血だらけ夜中に発狂して大声で泣き叫んだこともあります。

・・・そんな僕をクラスメイトは非難します。「汚い」「キモい」「うつるから近づくな」

まあ・・・いじめですね。話しかけると目線をそらされ机も離され中学時代は完全に孤立していました。

アトピーがうつるわけないし、中学生にもなってそれはあまりにも幼稚すぎる行動だと思いますよ。今思えば。でもクラス全体の一体感は怖かったです。

我慢できなくなって一度クラスメイトの一人を殴ってしまったこともあります。それでさらに孤立ですよ。

何なの?

 

だから中学時代の後半、治療のために一ヶ月入院しました。治療といっても特別な事はしません。規則正しい生活をする、バランスのいい食事をとる。ただそれだけです。

アトピーがひどかったのは中学の環境でストレスがたまったせいもあったので、そんな環境から切り離して生活したほうがいいというのが家族の判断であり僕の希望でした。

結果として入院前よりかは肌がよくなりました。

生活習慣の見直しをできて少づつ改善されていったので入院をしてよかったと思います。

それでも中学時代は孤立したままだったし心に受けた傷は一生治らないと思うので僕は差別とアトピーが大嫌いです。

 

たまに「もしかしてアトピー?大丈夫?辛くない?」と同情のような言葉を投げかけられたりします。この経験をした人は多いのではないでしょうか。

その言葉もいらないです。アトピーという言葉を聞くだけでイライラします。

 

大丈夫なわけないですよね。そんなの辛いに決まってるじゃないですか。そんなことわざわざ聞いてくるなよ。

こういうこと聞いてくる時点で軽い病気だと思っているんですよね。自分がアトピーじゃないから聞けるんです。

中学時代体が痒すぎて体が動かせずに学校を休んだら「それは甘えだ」と先生に言われる始末。

その時思いましたね「アトピーは理由にできないんだ」と。

 

そんなこともありストレスがたまって死んだ方がマシだと思うことがありました。でもアトピーが軽い病気ではないと言ってもどれだけひどくなろうが死ぬことはありません。だから余計に死にたくなるんです。

まさに生き地獄ですよ。

 

アトピーのせいで自殺したり仕事によってはアトピーだからと面接に落とされてしまう例もあるそうです。

 

差別する人はアトピーの辛さが分かってないんですよね。どれだけ苦しい思いをして生きていたのか。

だからこんなに辛いんだということを知ってほしいです。

 

アトピーの辛さを知れ!

現在はそこまでですので昔あった事を書いていきます。

無意識にかいてしまう

とにかく痒いです。かかないようにかかないようにしていても無意識に手が痒いところに手を伸ばしてしまいます。夜中には絶対かいてしまうので一時期靴下を手にはめて寝たんですけど起きたら靴下が血まみれ、無理矢理にでもかいてしまっていたんです。

痒いのは本当に辛いです。あまりに辛すぎて「痒いのより痛い方が全然マシだ」とあえてめいいっぱい掻きむしってわざと血を出したりしてました。正直痒いのより痛い方が我慢できます。そのくらい辛いです。

 

夜が眠れない

かゆみで起きてしまいます。かいて起きてしまいます。痒みが治まっても今度は書いた箇所が痛くなって痛みで眠れなかったりします。

布団に少しでもホコリやダニがいるとそれだけで痒くなってしまいます。それで不眠症になり精神席にもストレスがたまります。

学生なのに毎日4時間くらいしか寝れなかった時期とかあって大変でした。

 

物事に集中できない

今更頭が悪いことの言い訳にはしませんが、学生の時かゆくてかゆくて授業に集中できなかったり、食事しているときも味わうどころじゃなかったり、友達と話している時も相手の話を聞き逃したりといろんなことに集中できません。これが一番日常生活に支障でていますね。

だから気を紛らわすために痒いところをおもいっきり爪で押さえつけて痒みが治まるまでリラックスしたりしてました。そんなことしてたらいつまで経ってもやりたいことができません。

 

顔が黒くなる

それも松崎しげるのような健康的な黒色ではありません。一切のテカりもない濁ったような黒色です。

色素沈着と言うのですが掻きむしって肌が炎症を起こしああとに起こって肌が黒ずんだような色になります。

それで顔色が悪いと不健康に見られたり疲れたような顔をしているというのも色素沈着が原因の一つだったりします。

 

食事に気を遣わなければいけない

大昔に食物アレルギーを調べてもらったところ僕はほぼすべてにアレルギー反応がでていました。米はだめ、パンもだめ、卵だめ、大豆だめ、油物ダメ、乳製品だめ、砂糖だめ、肉類ダメ、いったい何を食べればいいんだよ!という感じでした。

魚類と野菜は大丈夫なのでアトピーがひどかった時期はそればっか食べていましたけど、症状がよくなってからは開き直って何でも食べるようにはしています。アレルギー反応がでていても中には痒くなる食材もありますけど別になんともない食材もあります。本来もっと気を遣わないといけないんですけどね。でも食べる楽しみさえ奪われるのは酷じゃないですか・・・。

 

気軽に触れない

アトピーの人の肌は何かに触れるのにも気をつけなければいけません。触れたら手がかぶれてしまったり湿疹ができてしまうことが多いです。

例えば金属だったりウール素材の服や毛布でしょうか。

明確にはアトピーと金属アレルギーは違うものですが、金属アレルギーによってアトピーが悪化するということはあります。歯医者で銀歯にしてからアトピーが悪化した例もあるそうですよ。

 

フケのようなものがでる

これがアトピーが不潔だと思われる要因です。

ようなものと称したのは正式にはフケではないからです。頭皮が乾燥してかゆくなると皮膚がポロポロとフケのように剥がれ落ちます。それがフケだと思われ周りから不衛生だと嫌悪されてしまいます。毎日お風呂入ってるのにね。

悪化すると毛根ごと抜け落ちたり、落ちる皮膚が大きくなって、頭皮がジュクジュクになります。考えただけでも恐ろしいですね。

 

肌から粉が吹き出る

肌が乾燥してこぼれ落ちる落屑と言います。原理は上に書いた頭皮と同じ現象ですね。皮膚が弱いためこするだけで粉を吹いてしまいます。

体のガサガサした肌なら長袖着れば全部隠すことができますが顔の場合はそういうわけにはいきません。あまりにひどいと鏡も見れないし、外すら出歩きたくありませんよ。

 

傷口から汁が吹き出て不快

傷口が炎症を起こし汁がでることがあります。しかも臭いです。それで周りから気持ち悪いと嫌悪されることもあるでしょう。

周りも不快でしょうが、当の本人もかなり不快感を味わっていますからね。

汁は放っておくと感染症になる恐れもあるので早急に消毒をしないと危険です。

 

アトピーがひどい部位はまともに動かせない

これは自分の責任ではあるのですが、掻きむしって傷になった肌は当然痛いです。

首元が傷だらけなら前屈みになることもできませんし、ヒザなら足を曲げられないので歩くこともままなりません。

夜寝返りをうつだけで体中が痛むんですよ。この気持ちが分かりますか?

 

女性のアトピーは特に辛い

女性の方がアトピーで苦労していると思います。

化粧ができない

普通の化粧品は刺激が強いのでアトピーの炎症が悪化します。肌が乾燥していてひび割れていて隠したいと思ってもファンデーションを塗ったらさらに痒みが増してしまうことだってあります。

女性は化粧をして友達や彼氏に会いたいですよね。それができずに四六時中すっぴんで過ごさなければいけないのは辛すぎます。

 

でも中には肌に優しいファンデーションもあるのでよかったらどうでしょうか。

 

ファッションも楽じゃない

女性はみんなと同じように可愛い服やオシャレな服を着てファッションを楽しみたいですよね。

でも肌が荒れていたらあまり露出した服は着れませんし、服の素材によっては体が痒くなってしまいます。

触接肌に触れる部分は天然素材を、化学繊維の衣類であれば重ね着を活用すればファッションも楽しめますけど、いちいち素材を調べなければいけないのは億劫になりますね。

 

甘いものが食べられない

女性は甘いものが大好きですよね。すいません勝手なイメージですが。

しかし糖分はアトピーによくありません。アトピーが悪化してしまいます。

友達とカフェに行って友達がケーキを頼んでも自分は食べられないのは嫌ですよね。

僕は別に食べてもいいと思いますよ。アトピーで精神的なストレスがたまったら甘いものとか食べたくなりますよね。でもアトピーだからと我慢すると余計に精神に負荷がかかってしまいます。

だから週に何回か甘いものを食べていい日を決めたりと制限をつければいいのではないでしょうか。

 

アトピーで差別される人の対処方は関わらないこと

明確に差別されなくなるような方法はありません。アトピーだけではなく障害者や国籍に対してもいつだって差別は起こります。悲しいですが。

だからそんな人たちには関わらないことですね。学校や職場などでアトピーだからと集団イジメが始まった場合は行かなければいいです。学校は別の学校に変えるか通信スクールという方法があります。職場でのアトピー差別ですが、もう辞めてしまいましょ。いい大人が差別をしてくるなんて、そんな人たちと毎日顔を合せる必要なんてありません。

何がキモい、動くとまき散らす?動いたらダメ?じゃあどうしたらいいんだよ。存在を否定されてまでそんな人たちと話せますか?仲良くできますか?一度アトピーに対して偏見の目で見てると分かった時点でその場にいるのも辛いです。

 

最悪なのはいじめによるストレスで鬱病になってしまうことなので。

 

そういうことがあるから自分がアトピーだと告白できません。相談できません。見た目で分かると思いますけど。

 

アトピーの人に言いたいですが、差別するような・・・・そうですね、クズ共です。そいつらのために時間を使って悩むなんて悔しくないですか?

差別されて悩む時間があるならどうやってアトピーを改善できるかを考えた方がよほど時間を有効活用できると思いませんか?

 

やはり自分でアトピーを治すような努力をしなければいけませんよね。

 

アトピーを改善するには

皮膚は清潔に保つ

 汗をかいたらシャワーを浴びる

汗をかくとかゆくなったり汗の老廃物で炎症が悪化することがあるのですぐにシャワーを浴びることをおすすめします。

朝起きたときも汗をかいていることがあるので時間があるときはシャワーを浴びた方がいいです。また、シャワーの後に薬を塗ると保湿効果も高まります。

 

紫外線対策

アトピーの肌は敏感なので紫外線対策をしてください。夏なんか日差しの強い日なんか日焼け止めは必須ですね。

その他UVカットアイテムとして定番なのは、日傘、帽子、サングラスですね。対策をするだけで皮膚が傷つかないのでとても効果的です。

 

爪は短く

爪が長いとかいたときに皮膚が傷ついてしまうので常に爪は短くしておいてください。また爪垢の溜まった爪でかくとそこからばい菌とか入る可能性もあるので気をつけてください。

 

保湿を心がける

当たり前ですが保湿は大切です。

特に風呂上がりは乾燥しやすいためあがってから5分以内に保湿することをおすすめします。

自分にあった保湿クリームや薬を使用してください。

 

もう一度紹介しておきましょうか。今現在僕が通っているダンディハウスというメンズエステはアトピーのことにも相談乗ってくれますしアトピーにあった保湿をしてもらえます。

 よかったらいかがでしょうか。これで汚かった肌が綺麗になってモテ顔に!

 

環境を変える

僕の天敵であるダニ、ハウスダストや花粉もそうですね。周囲の環境によってアトピーが悪化することは大いに考えられますので気をつけてください。

衣類を毎日洗濯することはもちろんのことゴミは捨てて部屋を綺麗に、掃除も定期的に行った方がいいですね。布団も毎日洗濯というのはめんどくさいかもしれませんが、せめてコロコロで綺麗にしたりと、ダニがいない綺麗な布団で休んでください。

僕はハウスダストで一時期咳がすごくてアトピーが悪化した時期があったんですけど空気清浄機を買ったらずいぶんと楽になりましたよ。

乾燥を少しでも和らげるために加湿器がついているものがいいですね。

 

食生活を考える

先ほど上の方で食生活に気を遣わなければいけないことがアトピーの辛さであると書いたのですが、それに対して僕はあろうことかアレルギーを気にしてたら何も食べることがなくなってしまうので何でも食べるようにしてますと答えたのですが、食生活を改善することでアトピーがよくなるのは間違いありません。

それは僕の入院生活で実証済みです。

僕みたいに好きな食べ物なのにアレルギー反応がでる場合もあるじゃないですか。お肉とかおいしいじゃないですか。なのになんでアレルギーなんだよと!思いません?

そういう場合は食べる頻度を決めるといいと思います。

特に乳製品、豆類、糖類、肉類はアレルギー反応を多く引き起こす可能性があるのでできるだけ食べない方がいいかもしれません。

できるだけ食べない方がいいけど、食べたいものは頻度を決めて食べる、その調整が難しいですね。

食べたいもの食べれないとそれだけでストレスの原因になってしまいますし。

 

薬で炎症を抑える

アトピーの薬と言えばステロイドですが副作用も多いと有名ですよね。だからステロイドは使わずにアトピーを治す方法も試している人はいると思います。実際に成功している人もいますが、炎症を抑えかゆみをなくすにはやっぱステロイドが一番いいんですよね。医師の説明をしっかり聞き、正しい方法で塗れば副作用なんてありません。

間違った方法なのは、ステロイドにはそれぞれ強さがあり、塗っていい部位も決まっているので、例えば体用の強いステロイドを皮膚の弱い顔に塗ったら赤くなったりかぶれたりすることがあります。炎症や傷がない箇所に毎日ベタベタ塗ったりするのもよくありません。

 

そのアトピーに有効な商品

 麦あわの製品

肌に優しい入浴のお供は麦あわの製品です。肌の摩擦を防いでくれて、肌に潤いを与えてくれます。素肌を守って、かつ綺麗にしてくれるのは嬉しいですね。

洗顔フォームから石けんまで、アトピー肌の人は是非試してみてください。

 

エートゥルー製品

こちらは紅茶葉を使用した化粧水です。
デリケート肌、敏感肌、カサカサした肌などそれぞれにあった化粧水を紹介しています。肌の潤いを与える化粧水、保湿クリームから日焼け止め、メイク落としまでいろんなとこで活用できる化粧品がそろっています。

 

メンタルン

こちらはアトピー関連の製品ではありませんが、アトピーになるとどうしてもストレスがたまる時があります。

それを少しでも和らげてくれるのがこのメンタルンですね。ストレス以外にも不眠症の人や疲れている人、不安でたまらない人に心の安らぎを与えてくれます。心の安らぎとか書くとなんか宗教っぽいですね。つまり心を落ち着かせる作用があって夜もぐっすりと眠ることができます。

天然成分で作られているので安心して使用できます。

 

まとめ

人間誰しも自分と違うものをみると偏見の目で見てしまいます。それは仕方がありません。

でもそれを言葉にして行動で嫌悪感を示すのは違うと思います。

僕は絶対そんなことはしたくありません。心が狭く人を見下したような態度をとる人間に絶対なりたくない。アトピーやその他差別で悩んでいる人がいれば話を聞いてあげたいと思っていますよ。

健全な体の人は特に心の余裕を持ってアトピーの人に寄り添ってほしいものです。

 

アトピー体質の人はしっかりとしたスキンケアをすればいつか完治すると信じています。芸能人の広末涼子織田裕二アトピーだったらしいですが今はもう綺麗じゃないですか。アトピー要素はどこにもありません。アトピーでもここまで綺麗になれるんだと言うことを証明してくれています。芸人の麒麟、田村やネプチューンのホリケンはTVでまれにアトピーであることをネタにされていますけれどどんな心境なのでしょうか。僕だったらその場にいるのが苦痛で絶えられません。

 

アトピーの人は一緒に完治していきましょう!

 

こちらの記事ではアレルギーの症状と原因を書いています。

www.iwako-light.com

 

感想肌の人へ。

www.iwako-light.com

 

美容にもアトピー肌にも効果のあるはちみつ化粧水の作り方です。

www.iwako-light.com