動画配信サービス

Amazonプライム・ビデオのメリット、デメリット!VOD料金比較も

どうもiwakoです。

今日は動画配信サービス、Amazonプライム・ビデオを紹介します。

プライム・ビデオはAmazonが運営しているAmazonプライムのサービスの中の一つとなります。プライム・ビデオの動画を見たくてAmazonプライムに登録した人もいるのではないでしょうか。

僕もそうです、登録してから「Amazonプライムってこんなサービスが多いんだ!」とびっくりしたのを覚えています。

サービスの話はあとで書きますが、今回はまずプライム・ビデオについてメリット、デメリットを書いていきます。

Amazonプライム・ビデオのメリット

料金が安い

まずはこれですね。Amazonプライムには年間プランと月間プランがあります。

  • 年間プラン:4900円
  • 月間プラン:500円

月額500円というのはアニメなどの専門配信サービスを除けば最安値になります。年間で支払うなら4900円ですが、月額計算したら月410円なんですよね。

1年以上利用することを考えているのでしたら年間プランにした方がお得です。

まだお試しと言う形で数か月使って判断したい人は最初は月間プランにしといて後で切り替えることもできます。ただ月額500円を1年間利用したら年間6000円もかかるので年間に切り替えるなら早めにした方がいいですね。

無料体験期間30日間

月間プランを選択しようが、年間プランを選択しようが新規会員登録すれば無料体験期間が30日ついてきます。

Amazonプライムはめちゃめちゃ特典が多いですが、無料期間でもサービス内容は変わりません。30日間使い放題です。

無料期間内に解約すれば料金はかかりませんよ。

30日の期限が過ぎたら自動的に有料会員に切り替わるのでそこだけ気を付けましょう。

忘れっぽい人は「プライム会員情報」のページから無料期間終了の3日前に通知メールを送ってもらえる設定ができるので設定しておいてください。

オリジナル動画が面白い

プライム・ビデオの配信数は他のVODに比べて少ないですが、僕が注目しているのはオリジナル作品の強さですね。

特に海外ドラマとバラエティ作品が強いです。オリジナル作品の質の高さではトップクラスではないでしょうか。僕も松本人志の「ドキュメンタルシリーズ」が視聴したくて登録したくらいです。あれはマジで面白い!

他はバラエティだと「野性爆弾のザ・ワールド チャネリング」とか、野生爆弾のはちゃめちゃなロケやミニドラマなど。野生爆弾の規格外なボケが好きな人にはハマると思います。

Amazonプライムの特典がやばい

月額500円でプライム・ビデオだけでも元は十分取れると思いますが、その他のサービスがマジでやばいです。

動画見放題の他には書籍読み放題、音楽聴き放題など娯楽系のサービスから、Amazonユーザーに嬉しい特典の数々が用意されています。

  • 送料無料
  • お急ぎ便、当日お急ぎ便、お届け日時指定便も無料
  • プライム会員限定セールに参加できる
  • 最短で届くAmazon Prime Now(アマゾンプライムナウ)
  • 音楽聞き放題Prime Music (プライムミュージック)
  • Kindleで毎月1冊書籍が読めるKindleオーナーライブラリー
  • 書籍が読み放題Prime Reading(プライムリーディング)
  • 買った日用品が1箱にまとめて届くAmazonパントリー
  • 新鮮な食品が最短4時間で届くAmazonフレッシュ
  • 写真を無制限に保存できるプライムフォト
  • 試着後に支払いができるプライム・ワードローブ
  • ペットの商品を選んでくれるPrime Pets (プライムペット)

ね!

だって通常2000円に満たないお買い物をすれば送料は410円もかかるんですよ。早く届けてほしいお急ぎ便を利用する場合はさらに500円くらいからります。いっこ買い物するのに1000円も追加で払ってられませんよ。

それが無料になるんですよ。お急ぎ便とAmazonプライムの月額料金が一緒ですからね。Amazonでよく買い物する人は絶対プライム会員になった方がお得です。

詳しい内容は以下の記事をご覧ください。

学生の特典がもっとやばい(Prime Student)

Amazonプライムのサービスの一つとしてPrime Student(プライムスチューデント)というのがあります。これは学生専用のサービスでして、なんと月額料金が半額の250円、さらに無料体験期間が6か月もあります。

学生なんでこんな優遇されてるの?って感じですが。半年間無料はやばすぎでしょ。

さらに参考書など書籍を購入したら10%ポイント還元、PCソフトや文房具などの割引があったりと、学生には嬉しい特典が満載です。

Prime Studentを利用する場合は登録時に学籍番号か学校発行のEメールアドレスで登録してください。

Prime Studentの詳しい内容は以下の記事にまとめています。

同時視聴ができる

一つのアカウントを利用して3台まで異なる端末で視聴することができます。

家族別々で見たい時に同時視聴あった方が別々にアカウント作ってそれぞれ月額料金支払わなくていいのでとても便利です。

対応デバイスは以下の通りになります。

  • スマホ
  • タブレット
  • パソコン
  • スマートテレビ
  • ゲーム機(PS3、PS4、XBOX One)
  • Blu-rayプレイヤー

いろいろあるので利用端末で困ることはありません。

テレビで視聴する場合はfire TV Stickがおすすめです。

ダウンロードできる

動画をダウンロードすることで、オフライン視聴が可能になります。

例えば定められたデータ容量を超えてしまった場合、通信制限がかかってしまって急に重くなったりしますよね。

ダウンロードした動画であればそれを気にすることなくスムーズに動画を視聴することができます。

地下鉄などあまり電波の届かない場所にいてもダウンロードさえしておけば視聴できるので外出する時に嬉しい機能です。

ダウンロードすること自体は通信環境が必要だということは覚えておきましょう。

\無料で見放題!解約は簡単!/
Amazonプライム・ビデオの無料体験はこちら

Amazonプライム・ビデオのデメリット

見放題が少ない

配信数は35,000本以上あるプライム・ビデオですが、全て見放題と言うわけではなくレンタル作品もあります。例えば新作映画ですがレンタルで最大500円はします。500円はいくら新作でも高い気はしますね。

時間がたてば新作でも見放題の一覧に加わることはありますが、他の配信サービスと比べて新作配信が遅いんですよね。そこも少しマイナスポイントではあります。

月額料金が500円なのでこのくらいがちょうどいいのかもしれませんが。新作映画やドラマが視聴したい場合は他の配信サービスに登録した方がいいでしょう。

それでもアニメ、ドラマ、映画はバランスよく人気作は揃っているので無料体験で見定めてもいいかもしれませんね。

英語字幕がない

海外ドラマは多いですが映画字幕機能がありません。そもそもプライム・ビデオの場合、作品が字幕と吹き替え両方対応している場合、字幕版、吹き替え版と、別々の動画に分かれて配信されています。一つの動画の設定をいじって字幕を切り替えることはできなんですね。

人によっては海外ドラマ見ながら英語の勉強をしたい人もいるはずです。

プライム・ビデオは現在日本語字幕しか対応していないので英語の勉強をしたい人には不向きですね。

動画再生前に広告が流れる

これをデメリットととらえるかどうかは人それぞれですが、動画再生前に5秒ほどの広告が流れます。

他の配信サービスだとすぐに動画を再生できるので、そこで少し劣っているとは感じますね。

でもYouTubeでも同じだしスキップ機能もついているのでそこまで問題にすることではないのかなと。

その他VODと料金など比較してみた

この項では他の動画配信サービスとの比較を書いていきます。まず表にしてみたのでご覧ください。

サービス名特徴配信数料金体系無料期間
Amazonプライム・ビデオAmazonプライムの特典がたくさんある約35,000本以上月間プラン:500円

年間プラン:4900円

30日間
U-NEXT国内最大級配信数14万本以上1,990円31日間
Netflix洋画が多い4万本以上ベーシック:月額650円

スタンダード:月額950円

プレミアム:月額1,450円

1ヶ月
Hulu海外ドラマ・映画、日テレ系列に強い6万本以上933円2週間
FODプレミアムフジテレビ系列に強い2万本以上888円31日間
dTV音楽コンテンツが多い12万本以上500円31日間

どうでしょうか?どの配信サービスにも特色があるのでこれしかない!ってはないんですけど配信数で言ったらU-NEXTかdTVですね。U-NEXTに関してはアダルト動画まで見れます。

そして安さの面で言ったらやはりAmazonプライム・ビデオかdTVの2拓になります。

サービス内容はAmazonプライムが抜きんでてますかね。これに関してはVODのサービスの範疇を超えているので比べられるものでもないですが、やはり安くて数多くの特典、メリットがあるというのは魅力的です。

\無料で見放題!解約は簡単!/
Amazonプライム・ビデオの無料体験はこちら

Amazonプライム・ビデオの登録方法

まずは「30日間の無料体験」をくりっくしてください。

ここでAmazonにサインインしなければいけないわけですが、Amazonプライム会員になるには必須条件としてAmazonアカウントを作っておく必要があります。

  • お名前
  • メールアドレス
  • パスワード

この3つを入力すればすぐに作成できるので作ってない人は作っておきましょう。

そしたらすぐに支払方法の選択画面がでてくるので手順通りに入力してください。

無料体験だけで解約を考えている人でも支払方法は入力しなければいけません。

 

それだけで登録完了です。

iwako
iwako
簡単すぎる!

\無料で見放題!解約は簡単!/
Amazonプライム・ビデオの無料体験はこちら

Amazonプライム・ビデオの解約方法

右上の「アカウント&リスト」から「Amazonプライムの会員情報」を選択してください。

 

するとこのようなページがでてくるので「会員資格を終了する」を選択すれば登録を解除できます。

「Amazonプライム・ビデオのメリット、デメリット!VOD料金比較も」まとめ

Amazonプライム・ビデオのメリット、デメリットをまとめてみました。

何度も書きますが、月額500円でAmazonプライムの様々な特典が利用できるのはかなりコスパがいいのではないでしょうか。

特典はプライム・ビデオの魅力ではなくAmazonプライムの魅力ですけどね。プライム・ビデオ自体はそんなに新作が無料で観たい人以外であれば全然おすすめはできますよ。プライム・ビデオでしか視聴できない動画を楽しんでください。

まずは無料で利用してみてはいかがでしょうか。

\無料で見放題!解約は簡単!/
Amazonプライム・ビデオの無料体験はこちら

 

イラストや記事のお仕事募集中です

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。