人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

       

YouTuberになるリスクとなりたい子供を説得する方法

スポンサーリンク

YouTube

どうもiwakoです。

ネットが普及しているこの時代、スマホでどこでもYouTubeが見られます。

今では小学生すらスマホ持たされてますもんね。いきがってんじゃねえよ。

 

最近ではYouTuber(ユーチューバー)が子供達のなりたい職業の上位になっています。

職業!?

 

あれが職業!?

僕は認めませんよ。確かにスポンサーと契約すれば仕事の関係になるので、職業と胸を張っていいと思います。

それまではYouTuberと言う名のニートだと思ってますよ。ほぼほぼそう、僕はYouTubeをニート量産型コンテンツだと思ってます。

今はYouTuberになりたい人の専門学校とかあるそうじゃないですか。

吐き気がしますね。ニート育成学校ですよあんなもん。

ブロガーも同じですね。それだけじゃ職業とは言えない、企業からお仕事を頼まれて始めて職業になります。それまではブロガーと言う名の引きこもりです。

 

アカウントさえ取得すれば手軽に始められるYouTuber、人気者になってそれで生計を立てたいと思っている人がたくさんいるのが現状です。

遊んで動画撮影して投稿するだけでお金が入ってくる、そう考えれば確かに楽しそうですね。

 

しかしYouTuberになるには様々なリスクを回避しなければいけません。まずはそれを知ってください。

 

YouTuberになるリスクとは

個人情報が特定される可能性

顔出しをしてるYouTuberは家や身バレする可能性があります。顔をだしているだけで家族や会社の人にバレてしまうかもしれません。周囲の風景で本名など個人情報が映り込む危険性があります。

家が特定された日にはとんでもないですよ。ピンポンダッシュ不可避です。

人気YouTuberともなるとストーカー事件も実際に起こっています。

とりあえず家の外の風景は絶対映し出さないことですね。たまたま映り込んでしまった一瞬の風景から住所を割り出されるなんてこともあります。ネットは怖いですよ~。

顔出した方が人気がでることもあるので顔をだしているユーチューバーも多いのでその辺は十分に注意してください。

 

収入が不安定

一番の不安要素は広告収入ということです。

人気YouTuberともなればスポンサーがつき、YouTube外からの収入も得られることはできますけどそれ以外はGoogleAdSenseによる広告収入です。もしもAdSenseの規約に違反したりしたら広告を貼れなくなってしまいますし、広告単価というのは常に変動しています。毎月コンスタントに同じ額の収入が得られるわけではないのが痛いですね。

あとは、ブログにも言えることですけどこの先ずっと稼げるとは限らないということですね。

再生回数によっても収入は当然変わってくるので人気が落ちればそれだけ見てくれる人もいなくなるので収入が減ります。

それに、今はありえないことだとは思いますけど、YouTubeがなくなったら当然動画は投稿できませんよね。つまり収入が0になります。そうなるとニート一直線です。もし次の仕事探すときに履歴書の職種欄にYouTuberって書くの恥ずかしいですよー。

 

炎上の危険性

炎上商法というのがあります。

非難を浴びるような発言をする、または行うことによって注目をあびて再生回数を増やす方法です。そういう人達は戦略的に行ってますが、世間を知らない馬鹿が人に迷惑をかける行動をとって逮捕された例もあります。いつかの「つまようじ少年事件」もその一つですね。これは意図しない炎上ですね。本人はそんなつもりはなかったけど一人が煽り周りがそれに乗っかってどんどん炎は広がっていき、結果炎上した場合・・・炎上→特定→逮捕の流れになってしまいます。

また、煽る側もわざと批判的なコメントや投稿者を馬鹿にしてきたりだとかは、チューチューバーを続けていくのであれば起こりうることです。

耐えれますか?

ただ単純に「つまらない」というコメントや、容姿を非難されたら自信も喪失しますよね。かなりのメンタルが必要になります。精神的に弱い人には辛いと思いますよ。

 

ネットを一生彷徨う

動画をダウンロードされて、それを別の誰かが再アップロードしてしまえば、元の投稿者がその動画を消したとしても別の同じ動画は残っているわけで一生ネットを彷徨うことになります。

どんな黒歴史でもです。子供の頃に何気なくふざけて投稿した動画を大人になってから、消したはずのその動画をYouTubeで見つかったらものすごく恥ずかしい思いをすることになります。その動画は投稿した第三者が除去しない限り消すことはできないのでその変は覚悟をして投稿してほしいです。

 

会社をクビになる

 顔出しをしているYouTuberは当然会社にバレるリスクがあります。それは人気になればなるだけ高くなっていきますね。

特に公務員の人は原則副業は禁止されているのでYouTuberとの兼業は難しいところですね。もしもバレれば大変なことになります。

また、会社に所属していることが特定されて、会社にクレームの電話がかかってくる可能性もありますよね。

そうなれば当然責任を負わされて退社しなければいけない状況になります。

 

余談ですが、僕の会社の下請けの家具屋さんの社長は「ブログで稼げるならユーチューバーになったらどうだ~」とYouTuberになることを勧めてきました。

YouTuberみたいなやつらとブロガーが一緒にされることに腹立ちました。

 

時間の無駄に終わる

よく言われているのは1再生で0.1円という説です。これでいくと10万円稼ぐのに総再生数100万は必要となります。ありえないですよね。

最近ではそのレートも下がったとのことでさらに状況は厳しくなっています。

また、YouTuber自体が増えすぎているため総再生数が1万以上ないと広告を貼れないなど、新規のYouTuberへ制限が厳しくなっています。

これらのことから稼ぐためには相当の本気度が必要になります。生半可な気持ちで始めると全く稼げなく何にも得るものがなく、ただただ時間を無駄に過ごしただけになってしまいます。そうなってもいいんですか?

 

子供を説得する方法

 子供からはなりたい職業になっているYouTuberですが、親からすれば子供にならせたくない職業ナンバーワンがYouTuberです。

そりゃそうですよね。将来あるかどうかもわからない不安定な職業ですし子供に顔出してもらいたくないというのもあると思います。

ではどのようにして説得すればいいのか書いていきましょう。

 

成功する確率が低い

上でも書いたように時間の無駄に終わるかもしれないんです。YouTubeだけで生計を立てているのはほんの一握りです。プロのYouTuber目指すくらいだったらまだ芸能人目指した方が確立はあると思っています。

ただめちゃくちゃやればいいわけではありません。目立てば言い訳ではありません。

稼ぐのがどれだけ大変なことかというのを子供に理解させましょう。

 

動画撮るだけが仕事ではない

子供はYouTuberは楽して稼げる仕事と思いがちです。とんでもないです!そりゃあスマホで適当に撮った動画あげるだけなら誰にでもできますよ。でもそんなクソみたいな動画誰が評価してくれるんですか。

いい撮影機材を揃えないといけないし、誰にも真似できないようなアイデアを考えて、凝った動画編集もしなければいつまで経っても底辺YouTuberです。

編集が大変なんです。それが毎日できるのか。

YouTuberは簡単な仕事じゃないということを子供に伝えてください。

 

プライバシーがなくなる

これは人気になってからの話になりますけど、外を歩いてたら握手やサインを求められたりつきまとわれたり、プライバシーもあったもんじゃないですよ。

上で書いたようにストーカー被害、または恨みを持っている視聴者に刺されるかもしれない。

将来、そんな生活を送りたいのかと子供に言い聞かせてください。

 

まとめ

もし確実に子供にYouTuberになってほしくないのなら見せないことですね。YouTubeをそうすれば影響は全くないです。とは言ってもスマホを子供が持っているならどこでもYouTubeは見れてしまうので止めようがないかもしれませんが。

顔出ししている時点でプライバシーを発信していることになるので、親は子供が危険に巻き込まれないためにももしも動画を投稿するにしても最善の注意を払ってあげる必要があります。

でも「子供を説得する方法」と書きましたけど、子供は成長するにつれリスクは分かってくるんじゃないですかね。確実に収入が得られるとは限らないと言うことも、YouTuberの仕事が大変だと言うことも。

もしもリスクなど理解している大人になってから、本気で取り込もうとしているのなら一度は応援してあげてもいいのではないでしょうか。

 

YouTuberが嫌いな理由。

www.iwako-light.com

 

YouTuberとブロガーの働き方の違い。

www.iwako-light.com