人生は死ぬまでの暇つぶしである【楽に生きるための考え方】

どうもiwakoです。

なんか名言っぽいタイトルにしてみました。

でも結局のところ雑記です。

1週間に1回くらい最初から最後までガチ雑記書かないとね。読者が飽きちゃうしね。

 

よく僕は前置きで適当に書くことありますけど記事まるまる雑記ってのは最近書いてなかったんで・・・。

 

だから内容ないですよ。

内容がないよう。

ほら、クソつまんねーダジャレ書くくらい内容がないです。

すっからかんです。だって僕の頭の中が何もないんですもん。でもそれでいいと思います。頭カラッポの方が 夢詰め込めるって影山ヒロノブさんも言ってました。

 

いやほんとこの記事思ったことを書き殴ってるだけですからね。

 

では今日の雑記テーマはつまり『人生』についてです。

あ、別に人生と言ってもそこまで重くとらえなくていいですよ。頭空っぽのやつが言ってる戯れ言なんで。

 

頭空っぽにしてご覧ください。

 

生きている意味を考えた、ただただひたすら考えた

皆さんは生きていて楽しいですか?

もちろん楽しいという人もいれば楽しくないという人もいますね。

では人生楽しくない人に聞きたいんですけどなんで生きてるんですか?

楽しくないのに。

世の中にはいろんな人がいます。つらーい人生送っている人もいますよね。いろんなストレスを抱えている人がいます。そんな人達はなぜ辛いのに生きてるんですか?ああ、いえごめんなさい辛い人は「なんで生きてるんだろう?」と考える余裕がないから悩んで、辛い現実にぶち当たりながらも生きてるんですね。

 

僕は家庭は裕福だからこそ余裕を持って考えられたわけです。

自分の生きている意味を。

 

家では比較的やりたいことをやらせてもらえました。欲しいものを買ってもらえました。でも社会人になって「あれやれ」「これやれ」とか言われるんですよね。強要されるんですよ!社会人になって急に!仕事で分からないこと聞いたら「自分で考えろ」とか言われるんですよ。分からないから聞いているのに。聞いてるのに~。社会人って理不尽なこと多いですよね。別に僕は批判をしたいわけではないんです。そんな理不尽な世界で生きている人は尊敬しますよ。

僕はそれが嫌だったんです。世間一般敵にはこのような考えをしていたらゆとりと言われるのでしょうが、昔の人の考え方を押しつけないでほしいですよね。

あとかかってきた電話はとらないといけない、決められた仕事は決められた通りにやらなきゃいけない、そんな当たり前のことも嫌でした。

どうですか?僕のヤバさがよく分かりますよね。ヤバいんですよ。普通はね、そこでどうやったら仕事を覚えられるのか、どうやったら出世できるのかとか考えるはずなんですけど僕は全く考えませんでした。。なぜって仕事覚える気がないから。だから仕事できないし失敗するんですよ。仕事に対して乗り気じゃないのは分かっていました。きっとどんな仕事についてもこんな感じなんだろうなと自分でも分かっていました。

 

そんな時に思ってしまいました。

 

なんで自分は生きているんだろう?人に言われたことをこなすだけの人生ってそれは生きているといえるのか?

 

NO!!

ノーノー!!

 

僕は前で大きなバッテンを作って叫びますよ。声高らかに。

 

とは言うものの、とは言うものの!ですよ。自分はなぜ生きているのか、なんてそうそう答えがでるもんではありません。神様じゃないんだから。もし僕が生まれたのは神様の気まぐれだとしたら一発ぶん殴ってやりたいですけど。

僕が生まれたことに何か意味があるのであればそれを見いだしたいですよね。

 

親は、別に恨んでいませんよ。親から生まれたことに対してはそれはみんな対等な立場なんで。誰しも生まれたくて生まれたわけではないですもんね。みんな気づいたらここにいたんです。

この世に生を受けて、生きている意味を何かしら見いだせた人はきっと真面目に社会人として働けているのだと思います。

僕にはそれができないってだけの話です。

生きる意味。

でもどうやってこの厳しい人生を生き抜かなきゃいけないのかを考えたらある一つの結論に達しました。

 

人生は死ぬまでの暇つぶしである

誰が最初に言った言葉なのか分かりませんが、いや誰も言っていないのかもしれませんが、僕はここ最近これを心情にしています。

僕のキャッチフレーズにしてもいいです。

 

僕は逃げたんですよ。

なんかね、生きる意味を考えれば考えるほどに疲れます。その世界で生きたくないとは思うんですけど死にたくはないんですよね。そんなジレンマ。

生きたくねえ!死にたくねえ!そんな僕にはやる気がねえ!努力しねえ!才能ねえ!頭の中がぐーるぐる!

ですよ。

「死ぬのが怖い」という感情を神様の気まぐれによって与えられたのだとしたらすねを蹴ってやりたいですけど。仕事で疲れて恋愛事で疲れて日常生活でも疲れてやってられませんよ全く。無駄に精神を消耗している気がします。

だから考えるのをやめました。

死にたいと思っても生きるしかないので考えるのをやめた。

 

そしたらね、光が急にぱあって降りてきました。いや実際に降りてきたわけではありませんが。イメージです。

 

そんな難しく考える必要あるのかと。

だってお前はそんな考える能力ねえじゃねえかと!

ない頭でいくら考えたところで答えでないに決まってます。

それに気づきました。

 

だったら生きる意味なんか考えなくていい。やりたいことがないなら無理して探す必要ないし、やりたくないことも無理してやる必要ないです。

 

どうせ死ぬまで死ねないんだから死ぬまで自由に生きればいいんだと思いました。

 

そこで最終的に「人生とは死ぬまでの暇つぶし」という結論にいたりました。

 

すっごい楽になれるよ!だって自由だもん!

そう考えたらすごく気が楽になれました。すっきりしました。今まで考えてたことが馬鹿らしくなるくらい。

だって、

・なにをやってもいい
・やらなくてもいい
・動きたいときに動けばいい
・プレッシャーがない
・何より自由!ひゃっほい!

こういう気持ちになりました。

暇つぶしであり自由だから僕のやることに口出しはさせませんよ。誰にも止める権利はないはずです。自由ですから。暇つぶしに何やってもいいですからね。まあ何をやってもいいとは思いますけど犯罪はしませんよ。犯罪は犯罪なんで。というか素がやる気ないので犯罪なんてめんどくさいことやるわけありません。

でも、やりたいことはできますけど自分のやることが全て自己責任になるのははデメリットになるかもしれませんね。誰にも止める権利がないということは、誰も止めてくれないということですから。

 

仕事するのも友達と遊ぶのもブログ書くのも、結婚するのだって暇つぶしなんです。・・・結婚を暇つぶしって言ったら相手に怒られますかね。

 

そこまで自由な考えに到達したということです。

 

人生とは壮大な、そうれはもう壮大な壮大な!暇つぶしなんですから。

 

まとめ

人生は素晴しいですか?

そう思う人は思ってもいいだろうし、なにか夢を持って頑張っている人はそれに打ち込めばいいと思います。応援してます。

それも考え方は人それぞれで自由です。

 

自由っていえば自由研究ですよね。僕は学校の宿題の中で夏休みの自由研究一番好きでしたから。自由に何してもいいんですよ。なに研究したっけ?覚えてねーわ。

うんだから生きる意味の話をしましたけれど、僕はこの暇な人生。死ぬまで「生きる意味を見つける」という研究でもしましょうかね。誰に強要されるわけではない、好きな時に、好きなタイミングで、ゆっくりゆっくり見つけていけたらいいですね。僕の一生は夏休みのように自由ですから!

 

あー自由って素晴しい!

 

生きている意味が分からない人はこちらの記事も参考にしてください。

関連記事

どうもiwakoです。今日は真面目な話です。最近、分からないです。僕がなんでここにいるのか。なぜ生きているのか。なんのために生きているのか。会社でも家でも友人と遊んでいる時にも・・・僕みたいな何もでき[…]

 

関連記事

人類はサルから人へ、進化してきました。長い長い年月をかけて、生態を変え、技術を生み、虫や魚などに比べ人間は急速に進化しています。では未来はどうなるのでしょうか?まだ人間は進化の途中だということです。僕らの生き[…]