アニメ感想

ワンピースの面白い映画ランキングベスト14!

ワンピース映画ランキング

どうもiwakoです。

週刊少年ジャンプで大人気漫画のONE PIECE(ワンピース)、原作の人気もさることながら、毎回映画も爆発的な人気を得ています。さて、そんなワンピースの映画ですが、何が一番面白いのか、個人的にランキングつけしてみました。

さあ、最高傑作はなんだ!

 

ワンピースの映画見るならアニメ見放題サービスがおすすめ

U-NEXT 初回31日間無料

Amazonプライムビデオ 初回30日間無料

こちらの見放題サービスはほとんどのワンピース映画作品が視聴できます。U-NEXTはアニメの他にも映画やドラマ、雑誌も読み放題です。Amazonプライムは動画見放題の他にも様々な特典がついています。

よかったらお試しください。

 

動画見放題サービスについてはこちらの記事で詳しく書いています。

 

ワンピースの映画ランキング

第14位.ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

アラバスタ編の総集編。それ以上でもそれ以下でもないです。アラバスタ編人気だし僕も好きなんですけど作画があまりよくないのが残念でした。テレビをつなぎ合わせたものではなくて新規で作っているらしいですけどそれにしては作画が安定しない・・・キャラが遠目の時は崩れてるし止め絵も多い。

あと90分はアラバスタ編やるには短すぎますよ!結構削られてるし無理矢理詰め込んだって感じ。戦闘終わるの早っ!って思いました。もう少し各キャラの戦闘をしっかり描いてほしかったですけどそしたら90分だとほぼ戦闘になるし・・・やっぱ無謀だったのでは。

それでもラストシーンは何度見ても感動しましたけどね。クロコダイルも悪党ですけど魅力があってかっこよかったです。クロコダイル好きだわあ。

ワンピース好きだけどアラバスタ編見たことないって人は一連のストーリーは分かるので見てみてもいいのではないでしょうか。そしてもっと詳しく知りたい人は原作やアニメを見たらいいと思います。

iwako
友情の印のとこは感動した

 

第13位.ONE PIECE 呪われた聖剣

ゾロが主役の映画。

ゾロが仲間を裏切って敵側につくという今までのワンピースから考えたら目新しくてワクワクしました。

けどそれが逆に裏目に出た感じがします。何も仲間に言わないで勝手に船を下りて、最後には普通に仲間に戻ってて・・・原作でウソップが一味を抜けて戻ってきたときは「謝罪の言葉がなければダメ」だと言ってくせに「おい、謝れよ」と思いましたね。え~何しれっと戻ってきてんの!?って。当然ウソップが戻ってきたときの方が感動ありましたしサンジが抜けたときの方が感情移入できました・

演技とかではなくマジでサンジ切ってたのもなあ・・・ちょっとゾロの性格が変わってた気がして残念です。

あと幹部とのもうちょっと長くして欲しかったですね。一瞬で終わったし。

でもラスボスがゾロの幼馴染みで、そこに幼少期のストーリーがあったし、最後にルフィじゃなくゾロに見せ場あったのもよかったです。

iwako
ゾロ好きはこの映画見てどう思うのかが気になる

 

第12位.ONE PIECE 3D 麦わらチェイス

ワンピース初のフル3DCGの映画。劇場では3Dメガネをかけて視聴しました。映画の時間はワンピースの映画の中では最も短い30分でした。

これはなんていうか3Dを見せたいだけの映画だったのかなという印象です。ルフィが動き回っていろんなアングルがグルグル回って3DCGとして迫力があってよかったと思いますよ。しっかり戦闘も描かれていましたし。ゴムゴムの伸び縮みと3Dの臨場感は相性がよかったように思えます。

ストーリーは麦わら帽子を加えていった鳥を追いかけて、その先に海軍がいて戦うって感じのシンプルなものでしたけどまあ30分にしてはうまくまとめられてたのではにでしょうか。

でもCGの出来自体は・・・ゲームのCG見せられてる気分でした。もう少しクオリティあげてほしかったです。

問題は、原作で5種しか確認されてないと明言されていた空飛ぶ能力をこの映画でだちちゃったことですね。その辺の設定ガバガバ・・・。

iwako
でもやっぱ3Dより2Dの方がいいな

 

第11位.ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国

チョッパーが仲間になってすぐの話。なのでチョッパーが主人公として描かれています。

チョッパー可愛すぎ!ほぼそれです。60分しかないですもん。流れは悪者が動物たちに悪さしてチョッパー達がが悪党から動物を守ろうとするって分かりやすい話でした。悪党が弱そうなやつから化物に変身したのはよかったですよ。あのままじゃボス感がないですから。所々にギャグ入れてくるし。

一番感動したとこはゾロとサンジの戦闘シーンですね。最初ゾロサンジが苦戦するのも新鮮でしたし、ゾロは蹴り技の達人と戦い、サンジは剣士と戦うという対比が素晴しかったです。そしてお互い勝った後に「お前よりすごい蹴りをするやつもいるんだぜ」とかお互いがいないとこで褒め合うシーンが、普段いがみ合ってても仲間だなあとしみじみ感じました。うんそこが一番よかったシーンです。

まだ精神的に弱いチョッパーが劇中で強くなっていきます、そこもなんだか愛おしい。チョッパー好きな人は一度見てみてもいいと思います。

iwako
チョッパー可愛い~!以上!

 

第10位.ONE PIECE

ワンピースの映画第一弾。第一弾ということで副題はついていません。メインキャラもルフィ、ナミ、ゾロ、ウソップのみとなっています。初期メンバーでサンジいないってのはなんか珍しいですね。

正直同時上映された『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』が観たくて劇場まで足を運んだんですけどワンピースも面白かったですよ。

これぞワンピース!って感じで冒険の感じがよく描かれています。敵ボスがオリジナル悪魔の実「ゴエゴエの実」の能力者ってだけでワクワクしました。

ストーリーはルフィたちが宝探しをしてたら宝を狙うエルドラゴが現れて戦うっていう非常にシンプルなものでそこまで盛り上がりはなかったんですけど第一弾目だから仕方ないのかな。

iwako
この冒険感がいい!

 

第9位.ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵

この映画の残念なとこはチョッパーが大谷育江さんじゃないということですね。病気かなんかで休んでて代役だったんですよ。なので違和感ありまくりでした。

この映画酷評されてるみたいですけど僕はそこまででした。(それでも9位ですが)ワンピースらしく宝探し、そして謎解き要素もあるし敵味方ともギャグが多めで全体的にコミカルな作りになってたので僕は楽しく見れましたよ。

敵はロボットに乗った科学者ですけど弱い!弱すぎる!ボスが弱いってのは映画としては斬新ですけどボスがこんなんでいいのかと思いました。最後の一瞬アニメではまだ見せてないギアセカンドを発動させた時はテンション上がりましたよ。ギアセカンドのきっかけ?を知れたみたいで。

iwako
タイトルにつけるほどメカはでてこなかったな

 

第8位. ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

この作品は賛否両論あると思います。監督が『時をかける少女』 や『サマーウォーズ』を手掛けた細田守で、この人の作風や雰囲気がふんだんに盛り込まれています。

当時は全く細田守を意識して観てなかったですけど今観ると完全に細田守作品ですね。独特の影がないキャラクター、セリフ回しなど。

僕はこの監督が好きなので結構面白かったです。まあワンピースらしくはないですね。終盤はホラーみたいになってたので子供が観て泣かないか心配です。

麦わらの一味が敵の陰謀でギスギスしだすんですよ。お互いを信じず罵り合ったり離れて行ったりってのが悲しくて、暗くて、そこが一つの賛否両論要因じゃないでしょうか。

そして終盤の絶望感はすごかったですね。子供ながらにハラハラドキドキ・・・いやかなりビビりながら観てたと思います。

iwako
子供の時観たら軽くトラウマ・・・

 

第7位.ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜

チョッパーが仲間になるシリーズの映画です。正直チョッパー編の再編集かと思いきやすでにロビンとフランキーが仲間になっていたり、敵キャラであるワポルの兄がでてきたり、原作と少し変えてるとこもあって完全にパラレルワールド作品だと考えていいです。

僕はチョッパー編ほんとに好きで、漫画で初めて泣いたかもしれないってくらい感動しました。この映画、話の軸は変わらないので何度見ても泣けます。

バトルもスピード感あって、ワポルの兄ムッシュールもキノコの能力なのに以外に強くて面白かったです。前のビビの総集編映画はそんな盛り上がるシーンなかったですけどこの映画は見どころがたくさんあってよかったです。

iwako
ヒルルクのシーン、泣くに決まってるやん?

 

第6位.ONE PIECE ねじまき島の冒険

初期の映画でありながらかなり好きな作品。メンバーは東の海の5人です。

今観ても面白いですし、初期のノリがなんだか懐かしいです。60分の中で冒険とバトルシーンがうまく詰め込まれているしキャラクターが全員立っていたのがよかったです。

ボスはベアキング、「カチカチの実」の能力者で全身を鋼鉄のように固くすることができます。かなりの強敵ですけどなぜか腕をカチカチにして発熱することができたり、もう一人仲間のハニークイーンは「トロトロの実」の能力者で体を液体化できる能力ですが、他のロギア能力者と違って服までは液体化できなかったりと能力にツッコミどころがあってりとそこも含めて面白かったですね。初期だから許されるみたいな。あとサンジ靴を取り返しただけで強くなりすぎだろ!って思いました。あの靴には一体何が仕込まれてるんだ・・・。

麦わらの一味が初期だからかあんま強くないってのも緊張感があって、それでも短い時間ながらも一味それぞれに活躍の場があってよかったです。

iwako
懐かしい気持ちになる

 

第5位.ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険

賞金目的の海賊たちによるレース、「デッドエンド」に参加するという個人的には胸熱展開でしたけどラスボス一味以外ほとんどの海賊がモブでしかないってのは少し残念です。

その代わりオリジナルキャラクターはいい味だしてました。シュライヤがなかなかかっこいいです。敵幹部倒すしゾロとサンジより活躍してたんじゃないでしょうか。

ボスであるガスパーデは「アメアメの実」の能力者、体中を水あめのようにする強敵です。敵ながらに信念があってずっしりと構えていて魅力がありました。水あめだから小麦粉で固まるとか、性格も含めてなんかクロコダイルに似てるなと思いました。この映画自体がアラバスタでた直後あたりのストーリーなのでもしかしたら意識したのかもしれません。

結構原作に酷似したシーンやセリフがでてくるので原作愛が感じた映画でした。

iwako
面白かったけど水あめの能力ってなんやねん!

 

第4位.ONE PIECE FILM GOLD

原作者監修の映画。

「金」がテーマなので全体的に華やかできらびやか、カジノの衣装もみんなオシャレて映像的に映えましたね。映像がものすごく綺麗なのでそれだけで見る価値あります。

オープニングシーンだけならワンピースの映画の中で一番好きかもしれません。ステージでカリーナとテゾーロが歌って踊って、からの麦わらの一味の戦闘&キャラ紹介、映像がキラキラしててすごい豪華でこだわりを感じられました。

裏社会のボス、テゾーロは観客を楽しませるエンターテイナーですが、実はとんでもない支配力の持ち主で、辛い過去なども掘り下げて敵ですが共感できたし、だいぶキャラが立っていたのではないでしょうか。ルフィーとテゾーロの戦いはテゾーロが「ゴルゴルの実」の力で金を纏い巨大化してたのでかなり迫力ありました。個人的には幹部である「ラキラキの実」の能力者ですが、運を味方につけるって完全にラッキーマンじゃないですか!テゾーロよりこっちの方がどうやって倒すんだと思いましたけど「あ、なるほどな」って。そんな勝ち方があるのかと納得しました。

ゾロが囚われてヒロインしてるのがちょっと面白かったです。

iwako
ルフィ達の衣装がたくさんデザインされてるのもよかった

 

第2位.ONE PIECE FILM STRONG WORLD

この映画から原作者の尾田栄一郎総監督、そしてストーリーも原作者が考えています。

まずストーリーはさすがだなと思いました。目前までの映画が霞んでしまうくらい面白かったです。映像も気合入ってました。

本作のボスである金獅子のシキがゴールドロジャーと争った大海賊って原作に登場してもいいくらいの設定で映画なんかにだしていいのかと思いました。

でもシキは名前だけなら原作にも何度か登場しているので半オリジナルキャラクターという感じですね。シキ役の竹中直人さんがはまり役だったなあ。

1番好きなシーンはナミを連れていかれた後、シキのアジトにスーツ姿で乗り込むとこですね。あそこはかっこよかったです!

ワンピースらしい笑いもあり、シキの能力「フワフワの実」の強さ・・・まさか海水まで操れるとは最強じゃないですか。

未だになぜルフィに負けたのか信じられないです。舵輪刺さって足切断してるし20年ブランクあるしだいぶ弱体化してるんだろうなと無理矢理解釈しています(笑)

映画館観に行ったら0巻が特典でもらえ、中身は設定資料集の他に、原作者書き下ろしの漫画がありロジャーがいた時代のエピソードが語られています。ロジャー海賊団時代のシャンクス、バギーもでてきて見所満載でした。観に行ってよかった〜。

iwako
さすが尾田先生!

 

第2位.ONE PIECE FILM Z

ボスが海軍の元大将ということで海軍を主軸に置いた話。現大将達の師匠ってどれだけ強いんだよと思いながら観ていました。

一応ルフィたちそれぞれに活躍はありますけど主役はZと言っていいと思います。Z先生かっこよすぎ!てか能力者でもないのに強すぎ!強いじじいってなんでこうもかっこいいんですかね。

青キジもかっこよかったし海軍目線で観れました。Zは「敵」ではありますけど「悪」ではない。最初から最後まで一本筋が通っているというか、信念を貫き通して、過去を知れば知るほど切ないし感情移入できます。これだけ敵キャラをかっこいいと思ったことがあるだろうか・・・ラストシーンも泣けました。正義とはなにかを考えさせられます。

これは、一人の男の物語ですね。

あと「モドモドの実」で幼児化したナミさんは可愛いです。若くなったロビンも可愛いです。チョッパーは持ち帰りたいです。

 

Name
Z先生ー!!

 

第1位.ONE PIECE STAMPEDE

ワンピース映画最新作、原作者監修の映画です。

この映画は宣伝パッケージ見た時から絶対見に行くって決めてました。

だって敵であるバレットが元ロジャー海賊団、そしてルフィ、ロー、ハンコック、ルッチ、サボ、バギー、スモーカーが共同戦線とか書いてるんですよ!こりゃ見に行くしかないっしょ。海軍や革命軍も巻き込んで、一時的とはいえ手を組むって熱すぎるでしょ!

そして予想通り超面白かったです。

ストーリーは海賊王が残した宝を巡る海賊たちによるサバイバルバトルなので原作にでてきた最悪の世代の面々、いろんな海賊達や過去の映画のキャラクターまで登場します。すっごいお祭り映画でした。

そしてバレットが強すぎます!「ガシャガシャの実」の合体人間と聞いてあんま強くなさそうだと思ったんですけどとんでもない!やばいです。でかさだけではなく絶望感もありましたもんね。四皇レベルですよ。

今回はウソップ以外はほとんど麦わらの一味の活躍書かれなかったですが、その代わりロー達すごい活躍しててよかったです。今までの敵やライバルが手を組んで強大な敵に挑むってテンションあがりますよね!個人的にはハンコックがギャグシーンでも戦闘も1番活躍してたかなと思います。

劇場特典の本にはバレットの生い立ちが詳しく書かれていました。

ワンピースの集大成と言ってもいい作品でした。むしろ次の映画どうするの?これ以上の敵でてくるの?って。

それくらい最高な映画でした。

iwako
文句なしの最高傑作!

 

まとめ

以上、ワンピースの映画ランキングでした!

やはり尾田先生が監修しているONE PIECE FILMシリーズは面白いですよ。これはひいきでなく上位に来てしまいます。

まだ見たことがないワンピース映画があれば一度観てはいかがでしょうか?

U-NEXTとAmazonプライム・ビデオであれば麦わらチェイス、スタンピード以外のワンピース映画が全て配信されています。

1ヶ月の無料体験もあるので試してみてはいかがでしょうか。

U-NEXT 初回31日間無料

Amazonプライムビデオ 初回30日間無料

在宅ワーク、バイトのおすすめ20選とサイトの紹介!副業にもぴったり

在宅ワーク、バイトのおすすめを集めました!
在宅ワーク、副業探しはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。