前向きなネガティブブログ

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

社会不適合者!社会人に向いてない人間の特徴と性格を詳しく解説する

スポンサーリンク

社会が辛いイラスト

iwako作『社会の波』

社会では、必死に食いつき上へ上へとめざし、いらない者は切り捨てられて社会の荒波に飲まれてしまう、それをただただ見ているだけの自分、ああ明日頑張ろう。


 

どうもiwakoです。

最近人と話すことが怖いです。故に、会社を休みました。今日。それなりの理由をつけて・・・。

 

人と話すのが怖い・・・なぜ?なぜなんでしょう。コミュニケーション能力の低い人というのは、今まで人と避けてきたから人と話すのが苦手という人もいるでしょう。ですが僕は違います。自分の発する言葉で周りを白けさせたくない、的外れなことを言って怒られたくない、だから話さない、怖い。

会社に入って、社会人になって、それを嫌と言うほど痛感しました。詳しく書くとまた長くなるので割愛しますけど、僕はどちらかと言えば空気の読める人間だと思っています。ほんとだよ。ですが僕の勘違いから見当はずれなことを言ってその場を凍りつかせたり、笑われたり、怒られたり。結果的に空気の読めない人間だと思われたり。もう嫌なんです。疲れました。

「え?そんなことで?」と思われるかもしれません。

でも感覚なんてみんな違いますよね。例えば仕事の過労で倒れたとします。でも他の人は僕より遅い時間まで残っています。

「他の人の方が遅い時間まで残っているのになんで倒れるの?」とか言われても仕方ないですよね。

人一人にできる限界はあります。それは個人差があります。

他の人が「そんなこと」と思っても、僕のメンタルはそんなことで崩れるくらいもろいです。

 

会社の会議の時なんか、一人ずつ現状報告をしていくのですが、自分の版番に近づいてくるたびすごく胸がドキドキしています。ドキドキというよりドッキュンコという感じです。胸に何かが突き刺さったような感じ、叫びたいほどに。

 

なんでですかね、現状報告するだけなんですけどね。

注目されるのが嫌、話すのが怖い、この場にいるのが辛い・・・そんな時思うことがあるんですよ。

 

僕、社会人向いてないのかな?って。

 

職種じゃないんです。今の建築業が、けっして楽しいとは思いませんが嫌いではないです。

会社の人間もパワハラやいじめもないので人間関係は普通だと思いますよ。ただ僕が重圧に耐えかねて上手く話せないでいるだけで・・・。

 

だからもしも転職したとしても同じことの繰り返しなんじゃないかって思うわけですよ。むしろ人間関係が悪かったり嫌な上司がいたとしたら今の会社よりも早く辞めるはめになるかもしれませんしね。それは避けたいところです。

 

この話を下請けの家具屋の社長に話したら、「そうかーそれは辛いな、でも俺が解決してあげられるわけじゃないしなあ」って言われました。

そりゃそうだ。

 

そんなわけでこの世には社会人に向いている人間と向いてない人間がいると思うんですよ。僕はもちろん後者なのですが、そんな社会不適合者について詳しく書いていきたいと思います。

 

 

社会人に向いてない人間の特徴

夢を叶えたい願望が強い人

夢、社会人になっても昔からの夢がある人もいると思います。今の仕事がその夢に繋がっているのであれば社会の中でも耐えれるというものですが、そうでなければ仕事外の時間を使って、その夢のために何かしらの努力をしなければいけません。例えば僕は昔絵本作家になりたかったです。その夢は諦めましたけど。社会人になってもその夢を諦めきれない場合は休みの日にも絵本を描いて出版社に持ち込みに行くわけですけれど、でもあくまで本業があるわけですから支障をきたさない程度にやらないといけないと思うんですよ。徹夜で絵本を書いていて会社を休む羽目になったとなったらそれはもう社会人失格と言われても仕方がないです。

本業がおろそかになるくらいならいっそ会社を辞めて夢を追い続けた方がいいです。

そういう人は会社のためではなく、自分のため、経営者の夢より自分の夢という考えなので、やっぱ社会人には向いてないんですよね。

 

よく親の敷いたレールの上を歩いている人がいます。親の決めた学校通って、親の決めた職種について、本当にそれは楽しいのでしょうか?医者の人はすごいと思いますけど、それは、実は親が医者だからとか、親にレールを敷いてもらっているだけの人もいます。それなりの勉強はしないといけないとは思いますけど、もしかしたらやりたいことは他にあるのかもしれません。夢があるのかもしれません。そんな中やりたくもない仕事をさせられるのってとても苦痛だと思うんですよ。

 

夢を追い続けるのか、趣味として割り切るのか、そこが運命の分かれ道です。

 

決められたルールの中で仕事をしたくない

社会人にはルールがあります。就業時間や規則、報告・連絡・相談、社員同士のコミュニケーション、会社に属している以上それは必要なことです。守らなければいけないことです。

中にはそんなルールが嫌いな人もいます。

僕もそんな中の一人です。なんで毎朝6:00に起きなければいけないのか、毎朝揃ってのラジオ体操・・・本当に必要か?社長に言ったらそれこそ怒られそうですけど思ってしまいます。

一番嫌なルールは、会社に行かなければいけないということです。

陰口を人のいないところで言ったり、悪口を言われたり、そういう人は嫌いですが、誰だってそうだとは思いますけど、会社にいる以上は毎日顔を合せるわけですから陰口や悪口も聞こえてきます。自分のことじゃないにしても聞いているだけで気分が悪くなります。

会社にいるからこんな目にあいます。社会人じゃなかったら縁を切ればいいだけの話です。なぜ会社に毎日行かなければいけないのか・・・。

会社に縛られているんですよ。まるで鳥かごの中に閉じ込められている鳥です。飛びたいのに出してもらえない、それがどんなに辛いことか。

どうせなら自由に羽ばたきたいものです。

 

人と違う生き方をしたい

会社というのは毎日決まっています。就業時間もそうですが、仕事内容も、みんなやってることじゃないですか。

僕の仕事だと建築業ですが、打ち合わせして、毎日見積もりして、図面書いて、家具作って、家具を取り付けて、それはみんなやってます。社員一人一人に与えられている仕事はありますけれど、みんなそれぞれ与えられた仕事をこなしているに過ぎません。それがみんな同じだと言うんですよね。

明確には何か、とははっきり言えないですが、昔から僕は人と違うことをしたいなと思っていて例えば2つの分かれ道があったとしたら、友達は皆右へ行こうとしたら、じゃあ僕は左へ行こうかなと、そういう天邪鬼なところがあります。だから変わり者だと思われることもありますが、僕はそれでもいいと思うんですよ、だって変わり者だと思われると言うことこそ、人とは違うという確固たる証拠じゃないですか!

 

会社の話に戻りますけど、社会人ではそんな人と違う生き方なんて許されません。社会のルールに反しているわけですからね。

上でも言いましたけど、人のひいたレールの上なんて歩きたくないわけです。レールの上を歩いていた方が安心できますし、確実に歩いて行けるんですけど、道が真っ暗なでも、少し踏み外してどうなっているのか確かめたい。

そう思うことが社会人には向いてないと思いますよ。

 

一人で仕事がしたい

 皆との共同作業よりも一人でコツコツと仕事をやりたい人ですね。一緒に会社で仕事をしていたら、その中でも不満や愚痴も言いたくなったり、自分のペースで仕事ができなくなります。そうなると結果ストレスがたまり、さらに仕事のペースが遅くなるわけです。

僕の会社の大工さんにこういう人がいます。腕は確かなんですけど大工さん同士、チームで動いていたら少しでも自分のペースを崩されると怒って、文句ばかり、すぐ喧嘩になります。だから大工内でもその人とは一緒に仕事をしたくないという人も多く、その人は基本的に一人でもできる現場へまわされます。さらに、用事があったら仕事途中でも帰り、ドタキャンも珍しくありません。ほんとに自分のペースで動いているような人です。

その人社会不適合者だと思います。社会不適合者というのは別に仕事ができないというわけではありませんから、社会のルールが守れない、社会に適していないということです。

フリーの大工にでもなればいいのにと毎回思っていますよ。

 

人間関係ですよね。社会で生きていくなら必要なことです。上司の言うとおりに仕事をしなければいけない、うるさい上司、同僚とは気が合わない、普通は我慢しますね。どこの会社だって嫌いな人の一人や二人いるはずですから。それが嫌なら転職したって同じことの繰り返しです。だから人と極力関わらない仕事を探した方がいいんです。

 

社会人に向いてない人間の性格

人付き合いが苦手

 コミュニケーション能力がない。

僕のように人の目がまともに見れない人は社会人に向いてませんよね。人間関係を円滑にするためには人と上手く付き合っていけるようにならないといけません。仕事をしていく上での信頼関係にも関わってきます。

コミュニケーションがとれないと、うまく伝わらなかったり、人に嫌われるきっかけを作りかねないです。

何度も治そうと努力はしていますよ僕も今もしています。コミュニケーションをとろうと努力しています。それが余計に人と話すことが怖いきっかけを作ってしまったわけですが。

会社の飲み会とかも苦手なんですよ。仲いいメンバーで飲みに行くならいいんですけどね、あまり関わりのない下請け業者がくる場合もあります。それがいい年こいてすごく緊張します。何を話していいのか分からないんです。

飲み会のたびに人付き合いって大変だと思い知らされます。

 

忍耐力がない

どんなに辛いことでも社会人たるもの時には我慢も必要です。上司からあれやれこれやれ、やったらやったで間違いを指摘され怒られ、ストレスもたまっていくと思います。仕事を次から次へと押しつけられたらたまったもんじゃありません。

僕も忍耐力ないですよねー、忍耐力あったら会社が辛いという理由で休んだりしませんよ。

でもね、思うんですよ。我慢しなければいけない、それは分かりますけど、我慢しすぎて、無理をしすぎて精神面に影響がでるならもう社会不適合者でいいです。いくらでも休みます。最悪会社辞めたっていいです。

忍耐力がないならたまに休むことも大切ですよ。

 

ネガティブ

悲観的な考えをする人はその経験を生かして次に繋げることができないので社会には向いてないのかなと思います。

「僕のせいだ」と自分を責めて「どうせできっこない」と諦めてしまいます。その経緯についてはきっと人間関係のいざこざだったり、上司に怒られたことが原因だったり、元々ネガティブなのではなく、社会がネガティブになる原因を作ってしまってるんです。

一人で仕事をこなしてたら自分の好きなようにやれるので悲観的になることもあまりありません。

 

社会不適合者に向いている仕事とは

 ここまで社会人に向いてない人の特徴と性格をまとめましたけど、じゃあそんな社会不適合者に向いている仕事はなんでしょう。

僕は文章書くのが嫌いなんですよ。というか苦手です。でもこうしてブログを続けてられるのは一人でやっているのでストレスがないからです。これが2人で運営してたらめんどくさいですよ。今日はどっちが記事をあげる、なんの記事あげるとか、些細なことで喧嘩になりそうです。 やっぱ気楽に一人でできる仕事がいいですよね。

 

起業する

まず一番に思いつくのは起業ですね。社会のルールに縛られるのが嫌だったら自分でルールを作ればいいんですよ。自分で作った商品やサービスを展開していけばいいんです。

嫌な人と関わりたくないなら自分は信頼できる人材をそばに置いておけばいいのではないでしょうか。

 

ライター

雑誌や書籍、広告などのライター、文章力が必要になります。ブログをやっている人であれば憧れている人もいるのではないでしょうか。ライターになるためにブログを始める人もいますね。

まずはブログで書いて書いて書きまくって知名度を上げるのが手っ取り早いと思います。

 

クリエイター

小説家やデザイナーのような自分の感性を仕事にします。

自分の好きなようにクリエイトできます。

こういう人たちってセンスが必要ですね。抜きんでた何か、人の考えとは違う何かを持っている人が売れると思います。僕もそういう考えなんですけど、人と同じような作品作ったって目立たないじゃないですか。だから人と違う何かを作って光らせたいんですよね。

ほんとに好きでやっている人たちばかりだと思うので羨ましい限りです。

 

特殊能力を活用する

特殊能力って響きがかっこいいですよね。

幽霊が見えたり、人のオーラなんか見えちゃったり人の常識を越えた何かを持っている人は目指してもいい職業ですね。占い師や、霊能力者、気功治療などが該当します。

ただし、『入信すればオーラを感じることができる』みたいな変な宗教には決して入らないでください。

 

ネットビジネス

大体パソコン環境かスマホがあればできる仕事を紹介します。仲には仕事かどうかも怪しいものもありますけどまとめてみました。

 

YouTuber

自由に動画を撮って投稿して広告収入でお金を得るシステムです。今や子供達のなりたい職業でも上位になっていますね。信じられません。

人気が出ればスポンサーがついて他の企業からもお金が入ってくるかもしれませんけどそこまでいけるのは一握りの人です。

簡単なものであれば10分くらいの動画をポンって撮って投稿すればいいだけですから楽ですよね。でもほとんどの人が一銭も稼げないまま終わるのでおすすめはしません。

稼げてる人は高い機材使ってますし、編集も凝ってます。本気でYouTuberやろうと思ったら一日を編集で潰すくらいの覚悟じゃないといけませんよ。それでも稼げるか分かりません。

 

ブロガー

こちらも広告収入です。YouTuberよりは稼ぎやすいんじゃないですかねー。書けば書くだけアクセスも増えるのでそれだけ広告をクリックしてもらえる確率があがります。

僕がブロガーだからってのもありますけど、楽しいですよ。文章書くのは。楽しく書けて稼げるって素晴しいですね。

ただ軌道に乗るまでは時間がかかります。最初の3ヶ月くらいは全く収入がないと思っておいた方がいいです。最初はアルバイトやってた方が絶対に稼げるというのも頭に入れておいてください。それでも始めてお金が入ってきたらめちゃめちゃ嬉しかったですけどね。モチベーション爆上がりで「これから頑張るぞー」って気持ちになります。

有名になれば出版の話もくるかもしれません。

 

インスタグラマー

今流行のインスタです。実はインスタでも稼ぐことができるんですよ。

ただここで紹介した中では一番難解かもしれません。稼ぐにはスポンサーがついていることが条件になりますから。

企業と連携して商品をPRすることでお金をもらっています。しかしそれにはフォロワーが10万人以上必要と言われています。影響力のある人じゃないと企業もスポンサー契約したくないですからね。

また、他のアプリとかとの連携で自分の撮った写真をグッズとして販売するというやり方もあります。

 

せどり、転売

つまり安く商品を仕入れて高く売ることで収益を得ています。これに必要なスキルとしては目利きですね。どの商品が価値があるのか、そしてどの時期に高く売れるのかという勉強も必要だと思います。

どこで商品を仕入れするかですが、商品の価値をあまり分かってない人が売っているフリマアプリがおすすめです。メルカリがそうですね。

もちろんその商品の価値を調べる必要はありますけど、転売すれば利益になりやすいです。

 

FX投資

投資にも様々ありますけど、最も人気があるのがこのFX投資だと思います。

ドルやユーロなど他の国の通貨を買って、相場が高くなった時に日本円で買い戻すことで差額を利益とします。

ギャンブル感覚で始める人は稼げないと思います。日々変化する通貨レートを見極める必要があるので少し勉強が必要かもしれませんね。

4000円から投資できますので誰でもお手軽に始めることができます。

 

ネットオークション

自分の入らなくなったもの、他で買ったものをオークションにだして利益を得ます。転売と似ていますけど、こちらはオークションなので相手(買い取り側)がお金を決めることになります。そしてもっとも高い価格で落札されたら、その落札額で利益を得ることになります。ヤフオクなどがそうですね。

金券から自分が作成した商品まで何でもオークションにだすことができるのが魅力です。

 

クラウドソーシング

現在はネットも普及しているので、ネットだけのやりとりで、自宅にいても仕事ができる時代です。

有名なとこでクラウドワークスですかね。簡単な事務作業からデザインまで幅広く仕事を募集しています。まずはそこからコツコツと仕事を始めてクライアントに気に入られれば引き続き仕事がもらえたりしますよ。

 

まとめ

 いろいろ書きましたけど、ただ単に今の会社があっていないだけかもしれませんしね。もし転職すればうまくいくかもしれません。それは誰にも分かりません。それが怖いから一人で出きる仕事を探すのは一つの手だと思いますよ。

でも一人でやる仕事というのはいつ仕事がなくなるかもという覚悟をしなければいけません。すべて自分の責任になるわけですし誰も助けてくれません。でも、もし覚悟が決まっているのなら徹底的にです。確実に一人でも仕事ができるようにするのであればまずは会社を辞めることです。

会社に勤めながら夢を追い続けるのは無理な話ですよ。いつその夢叶うんですか?って話です。

会社勤めしながらプロ野球選手目指しますとか言われてもふざけてんのかって思いません?

ライターになりたいのであればまずは会社を辞めて365日毎日ブログの記事を更新する、そのくらいの気力はないとダメです。ってブロガーの偉い人が言ってました。

 

まあとにかく少しでも社会人向いてないなと思ったらよく考えてみて、納得できる方法で仕事をしてください。

 

僕は・・・どうしようかな。

社会不適合者、社会不適合者と言ってますけど、ちょっと感じが悪いですよね。だからこう考えますよ。社会不適合者なんじゃない!社会が自分に適合してないだけだと。

仕事がなかなか見つからない人が、「俺にあった仕事がないだけだ!」と言い訳するみたいに。

ダメ?

 

仕事辞めたい人はこれらの記事も参考にしてください。

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com