前向きなネガティブブログ

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

薄くて軽いFlexiSpotの卓上スタンディングデスクをレビュー

スポンサーリンク

f:id:iwatako:20181124095115j:plain

どうもiwakoです。

皆さんはオフィスや自宅で仕事をする場合、座りっぱなしですか?僕は当然家でこうしてブログを書く場合は座ったまま作業することになります。

腰痛くなりません?

いあやそれだけじゃありません。猫背が癖になっている人はヘルニアや痔などの病気にかかることもあります。

さらには座っている間は足の筋肉が働かないため、血管や酸素の血流が滞ってしまいうまく機能しなくなります。その状態が続くことで心筋梗塞、脳梗塞などの重い病気かかるリスクもあるんですよ。

ある研究結果では座って作業をし続けることで寿命が7年減るという研究結果もでています。

椅子に座って作業するというのは一見楽にみえて健康面に悪影響を及ぼすんですよ。

 

そんな中、ただいま人気を集めているのがスタンディングデスクです。

 

 

スタンデングディスクとは

その名の通り立って作業するための机です。

今までパソコン仕事や机の上で作業するとなると座って行なうのが当たり前でしたけど上記の理由から北欧やアメリカではスタンデングディスクというのが導入されていて、日本ではまだまだ定着していませんけど、Googleの会社にスタンデングディスクが導入されたとのことで日本でも少しずつ知名度もあがってきました。

 

日本人はよく「働き過ぎ」とか言われるじゃないですか。違うんですよ。そうじゃないんですよ。座りっぱなしだと血行不良など体への負担が大きいので、つまりそれは仕事効率も影響していることが分かってきました。

外国人はあまり働かない、日本人は働き過ぎとかではなく、ただ座り時間が長いことによって効率が悪くなり、結果として長時間労働になっているだけなんですよ。こう書くと日本人馬鹿みたいですね。

 

 そんなスタンディングデスクですが、

FlexiSpot様よりサンプル商品を頂いたのでレビューさせて頂きます。

 

f:id:iwatako:20181124094543j:image

スタンディングデスク、ML1Bです。

段ボールの包みで届きました。結構大きいですがそこまで重量はありませんね。

 

開けてみる

f:id:iwatako:20181124094602j:image

 中身は本体と取扱説明書、そして会社案内が書いてある紙が入っていました。

 

f:id:iwatako:20181124124938j:image

会社案内の裏面はお礼状です。心遣いが伺えて安心できますね。

f:id:iwatako:20181124094556j:image

しっかりと発泡スチロールで梱包されていました。

 

部品などはなく、最初から完成された商品が入っているので嬉しいですね。余計な手間を取ることもありません。「組み立てるのが楽しいんだろうが!」とか言う人は知りません。

 

設置してみる

 

f:id:iwatako:20181124094622j:image

スタイリッシュなデザインですね。


f:id:iwatako:20181124094612j:image

縮めている時は薄く、コンパクトに収まります。


f:id:iwatako:20181124094547j:image

右のレバーを引くことによってデスクを両手で掴んで持ち上げます。

 

f:id:iwatako:20181124135007j:image

 こんな風に!

400mmまで4段階の高さに調節することが可能です。

荷重が8kgまでらしいので間違っても上に乗って踊ったりしたらダメですよ。多分壊れます。

 

ちなみにこの商品が届いたときに僕は思ってしまいました。

やっべ置き場所ねえ・・・。

奥行きと幅が 470mm×660mmなのでそこのこのスペースを要します。僕がいつも使っているパソコンは円形テーブルの上に置いているのでスタンディングデスク置いたら微妙にはみ出てしまったんですよね。

これは商品を提供してもらったのに由々しき事態です。

 

そんなわけで長年使っていなかった勉強机を綺麗にしてその上に置きました。そしてスタンディングデスクの上にはイラスト描く専用のノートパソコンを。僕はイラスト描く時は姿勢が前のめりになってしまう癖があるので普通に記事を書く時以上に疲れてしまうんですよ。

だからイラスト描くのには最適だと判断しました。

 

勉強机とスタンディングデスクの色合いがはっきりと別れているので見た目的には少しアレですけど、以外にしっくりと収まってよかったです。

 

もしろん上昇機能宇使わなければ普通の机としても使えるので、座り作業と立ち作業を使い分けるのもいいですね。

 

持ち運びに便利!

f:id:iwatako:20181124154553j:image

薄くて軽いので持ち運びも便利です。持ち運びをする時は裏側の安全ラッチをロックします。

そうしなとデスクが上がってくることがあります。

 

f:id:iwatako:20181124094608j:image

ほら見てカバンみたい!このスタンディングデスク、ML1Bは女性でも子供でも軽く持ち上げてラクラク運ぶことができますよ。

 

スタンディングディスクのメリット

判断力と集中力が向上する

座ってずっと仕事すると首や腰など、体中が痛くなって判断力集中力が落ちます。スタンディングデスクはそんな疲れを解消してくれるので作業に集中できます。

あと立ったままだと馴れてないうちは足がやっぱ痛くなるんですよね。だから足が痛いから「早く終わらさなきゃ!」という気持ちが働いて逆に集中できるというのもあるかもしれません。

 

眠くならない

これは大きなメリットですよ。

立ったままだから寝にくいというのももちろんあるんですけど、デスクワークの人はトイレ以外は座りっぱなしって人もいるかと思います。そしたら言ったように判断力と集中力が低下するので眠たくなってしまいます。

スタンディングディスクだと集中できるので眠くなりません。これは大きなメリットですよ。

 

運動不足にならない

 立ったままだけでも消費カロリーは大きいのですが、これは立ったり、座ったりを使い分けることで筋肉を動かすので運動不足になりにくいです。仕事しながら運動しているようなもんですからね。

そういう意味でも座位、立位兼用のスタンディングデスクは運動不足の解消に適していると思います。

 

まとめ

スタンディングディスクを紹介させて頂きました。健康面を考えるのであれば購入した方が良さそうに思います。

僕が実際に使用してみた感想として足だけは疲れる!正直に言いますけど。頂いて日が浅いのでしばらく使ってたら足が痛いことに気がつきました。その場合は座った作業に切り替えて、臨機応変に使い分けてください。

でもそれも慣れだと思いますよ。座った姿勢のままだと、腰、お尻、首など痛くなるときあるじゃないですか。スタンディングディスクだとそれが全くありません。それだけで立った姿勢の方が楽じゃないですか。立つ方が楽って変な言い方ですけどね。

足さへ克服すればこれほどいい机はありませんよ。

これからもデスクワークをずっと続ける人は購入を検討しみてもいいのではないでしょうか。