前向きなネガティブブログ

35万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

冗談?口癖?すぐ殺すとか死ねって言う人の心理とは

ブーイング

どうもiwakoです。

マジなんなんですか?すぐ殺すとか死ねとか言う人。大体の人は冗談で言ってるのだと思います。

冗談で言うなよふざけんな。

 

冗談で済まされない場合もあります。

僕は小学校の時クラス全員からいじめられていて一時期死にたいとすら思ったこともあります。

www.iwako-light.com

 

その時の話、

 

「あいつ死ねばいいのに」

 

と僕の陰口が聞こえてきました。

僕に直接言ってないです。陰口なんですよ。

意味分かりません意味分かりません意味分かりません。

なぜ死なないといけないでしょう。なぜそんなことが兵器で言えるのでしょう。今「平気」を「兵器」と誤字してしまいましたけどあながち間違ってないのでそのままにしておきます。

死にたいと思っている人間に死ねと言われればそれは兵器にしかならないです。自殺の追い討ちをかけられたようなもんですよ。

結局死にませんでしたが。

 

殺すとか、死ねとか、言われていい気分ではありません。

 

実はこの前電車の中でも高校生らしい男の子たちが大きな声で雑談をしていて、

「お前マジ死ねて~」

と言っていました。

間違いなく言っていました。

その後も当たり前のように雑談は続くわけですけど何度も何度も死ねという言葉を繰り返してました。

ここで「まったく最近の若者は・・・」と思ってしまった時点でおじさんへの階段を着々と上っていますよね。

そんなことはどうでもよくて、軽々しく「死ね」という言葉を発せられることにびっくくりしました。

しかも「死ね」という言葉に対して友達であろう男子は「生きる!」と冗談っぽく答えていました。

どっちも笑顔で、はっきりと。

その子たちなりのコミュニケーションの一つなんだろうとは思いますけど僕はその光景が少し恐ろしくもありました。

 

 

「殺す」より「死ね」の方がきつい言葉のような気がする

なんでしょう、うまく説明できないんですけど「殺す」よりも「死ね」の方が精神的ダメージがでかいと思います。

「殺す」というのは冗談かどうかは別として相手が行動を起こさない限りこちら側が死ぬことはありません。

ただ、身の危険を脅かしているわけですから警察につきだしてやりたいとは思います。「殺すぞ!」という言葉だけで脅迫罪として捕まるのかは分かりませんが。

 

というわけで調べました。

(脅迫)

第222条  

1 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

2  親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%85%E8%BF%AB%E7%BD%AA

 

うーんつまりこれは「殺す」という言葉だげでは罪に問われなくて、例えば「金を出さないと殺すぞ!」と脅したら犯罪になると、そういうことでよろしいか?

 

まあ、うん、これはこれです。

 

続いて「死ね」という言葉について。

冒頭にも様に死にたい人にその言葉を発したら本当に死ぬかもしれません。

信じられない人もいるかもしれませんが本当にそういう人がいるんです。

「殺す」より「死ね」の方がきつい言葉。何故なのか。

それは超攻撃的な命令だからです。

言葉にはそれなりの力があります。「言霊」というのを聞いたことがあるのでしょうか。言葉には霊が宿っていて、声に出した言葉が現実に何らかの影響を与えるというのものです。

それそのものの意味としては迷信やオカルトじみていますけどあながち間違いではありません。

「お前はダメなやつだ」「無能だ」と言われ続ければ、どんなに前向きな人間でも「僕はダメ人間かもしれない」と悲観的な性格になってどんどんダメになっていきます。それと同じで「死ね」と言われれば「死んだ方がいい人間かもしれない」となるかもしれません。言った方に悪気はなかったとしても、それは時に刃物として相手を傷つけてしまいます。

だから「殺す」よりも「死ね」と言われた方が後に残りやすいんです。

 

まっ!どっっちも悪い言葉ですしその心理は同じようなもんだと思いますけどね。

 

なぜそんな簡単に言えるのか、その心理について書いていきます。

 

すぐ殺す、死ねと言う心理

相手も冗談だと思っていると思っている

相手も冗談だと受け止めてくれると信じているから言っています。これはふざけて「死ねよ」とか言っちゃうパターンです。

友達同士でわかり合っているのなら別にいいんですけどそうでない場合は?もしも本気で受け止められてしまった場合は?そういうことを考えていないんですよね。

下手したら喧嘩になって絶交されてしまいます。だから僕は一度も友達に「殺す」だの「死ね」だの言ったことありません。

相手の気持ちも考えられないなら軽々しく口にしない方がいいです。

 

口癖になってるのでつい言ってしまう

直してください。としか言いようがありません。

これは「相手が冗談と思っている」ことすら考えていないです。何も考えていない。自分でも無意識に出てしまっている言葉ですから。

使うべきタイミングじゃないとこでも使ったりしますからね。

電車に乗り遅れた→死ね

欲しいものが売ってない→死ね

まったく誰に向けて言ってるんでしょうね。おそらく自分の精神を傷つけた何かに対して例えそれが物であろうが人であろうが思い通りにならないことがあれば関係なく言ってしまいます。

分かってますか?第三者から見たらだいぶ痛い人ですよ?

口癖は意識して直していかないとしょうがないですね。

 

ストレス、不満がある

嫌なことがありストレスを感じて頭の中のもやもやした感情をどうにかして発散させたい、そのはけ口としてでてきた言葉が「死ね」とか「殺す」とか強い言葉なんです。

特にコンプレックスを強く感じている人はその傾向があるかもしれませんね。顔が不細工だ、背が低い、頭が悪い、それらを馬鹿にされたら腹も立つでしょう、頭の善し悪しはともかく、体は生まれつき持って生まれたものだから直せません。それを馬鹿にされたら存在を否定されているような感覚にもなります。

人には言えないからこそ誰もいないようなところでボソッと言う時が多いです。

 

相手が生意気だから

ただ単にむかつくという理由で「死ね」「殺す」という表現を使います。

ストレートな気持ちですね。

ただこれもどこまでが本気なのか分からないというのもありますね。つい言ってしまったというのもあるでしょう。そもそも相手に死んで欲しいのなら別の表現でもいい気もしますけど、それでも「死ね」「殺す」を使うのは分かりやすいから。相手に確実に伝えるために言います。

つい言ってしまったとしても故意であることには変わりないのでよろしくはないですね。相手もむかつき喧嘩に発展します。言葉は選んでください。

 

自分を強く見せている

 あえて「死ね」とか「殺す」という言葉を使ってます。

強がっているヤンキーもどきみたいなやつです。そうすることで自分を大きく見せてるんですよだからよく脅しにも使いますね。学校の不良が先生に隠れてかつあげとかするときによく使う言葉ではないでしょうか。知りませんが。

あまり強い言葉を使わない方がいいですよ?弱く見えます。

 

まとめ

「死ね」「殺す」という言葉を本気で使っている人は少ないと思います。

ですが口癖だろうが冗談だろうが嫌な気持ちになる人がいることは分かってほしいです。

だってそんなん言われた時どう対処すればいいんですか?まず反応に困りますよ。

「え?なんで?」と聞き返せばいいですか?

相手「死ね」

僕「え?なんで?」

相手「いやそれは・・・」

僕「え?なんで?」

相手「・・・・」

こうなりますけど。わざわざ返している僕も馬鹿らしくなってきます。

 

とりあえず僕は不愉快!幼い!教養がない人なのかなと思いますよ。

僕以上にね。

 

親を殺したい心理はこちら。

www.iwako-light.com