前向きなネガティブブログ

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

恋愛に一歩踏み出せない人のための勇気のでる方法を考える

スポンサーリンク

四つ葉のクローバー

どうもiwakoです。

僕は彼女が欲しいです。欲しいんです。すごく欲しい!でもできない!何でだ!って最近考えてしまいますけれど、結局それは当たり前のことで恋愛に一歩踏み出せないからです。

つまり婚活していません。

 

僕は婚活パーティしか行ったことないですが、ここ最近行っていないので億劫になっています。

 

僕なんかを好きになってくれる人なんているわけない。

 

僕のどこに好きな要素があるんだ。

 

婚活パーティなんて行ってもどうせ無駄だ。

 

お金の無駄だ。

 

それは未来への投資じゃなくてただただ浪費しているだけだ。

 

時間を無駄にするだけだ。

 

だから僕は怖い。

 

怖い怖い怖い。婚活パーティに行くのが怖いです。

 

まず初対面の人とコミュニケーションが上手く取れないというのは大問題ですよね。婚活パーティでは話題のためのプロフィールカードというのを書きますけれど、そこからでもなかなか話題を膨らませられないんですよね。

そもそもプロフィールカードには年収を書く欄がありますよ。年収が低いので書くとき躊躇してしまいます。「うわっ!こいつの年収低すぎ!」って思われるのが嫌です。それも彼女できないんだろうなあって思う理由の一つです。

あと趣味ですね、ブログ書くことが趣味なんて書いたら「うわっ!引きこもりかよ!」って思われますね。漫画読むことが趣味とか書いたら「うわっ!オタクかよ!」って思われますね。

そもそも存在が「うわっ!キモッ!」って思われるかもしれないからなかなか婚活できません。目の前に座った瞬間に。目があった瞬間に。

女性は僕のことをどう思っているのかわかりません。

 

だから行けない、でも行きたい、行かなければいけない。だから行けない。

 

勇気がありません。

 

なんですか勇気って?

 

一歩踏み出せないのは壁を作ってる

婚活パーティが行くのが怖いと言いましたけどそれはきっと自分が傷つくのが怖いからでもあります。婚活しないことによって自分を守っているんですよね。

 

自信がないから

上でも話したように自信がないです。自分に自信がないというのももちろんありますけれど、いろんなことにうまく立ち回れるか不安でしょうがないんです。「高い金払ったのにカップルになれなかったらどうしよう」「カップルになったとしても付き合えなかったらどうしよう」といろんな事を考えてしまいます。婚活パーティでカップリングして何度か遊びに行った後で振られたとしましょうか。今までの時間は全くの無駄になるじゃないですか。それが嫌なんです。

自信がないというのはそれだけで弊害です。壁ではなく化物が大きな口を開けて僕を食べんばかりに待ち構えているとかそんな感じ。だから食べられないように、飲み込まれないように立ち止まり、一歩下がり、後退しています。傷つきたくないですから。

 

 過去のトラウマがあるから

こちらのほうはもうけっこう薄れてきていますが、ベタベタ触ってくる可愛いけど少しおかしな女性がいました。僕に好意をよせてたようですが(全くもって自慢じゃありません)言い方悪いですがそれが気持ち悪くて仕方なかったです。

僕に自信がないことも手伝ってまずありえないと思いましたよね。「なんでこの子は僕なんかに好意をよせてるんだろう」だって僕ですよ!?どこに好きになる要素があるんですか!?しかもベタベタ触って腕組んできたりして・・・普通はこういう場合嬉しいもんですが普段女性にこういった形で絡まれることのない僕は全くの逆・・・恐怖さえ覚えました。何か企んでるんじゃないかと・・・でも食事代とかは割り勘だったのでお金目的ではない・・・と思います。不思議な子でした。

結局その子は僕が突き放してしまったため連絡は途絶えましたけど、そのことが少しトラウマにはなっていますね。

だいぶ前に個室の婚活パーティに行ったときに思い出して吐いてしまいましたからね・・・。

 

その時のパーティを記事にしていました。

www.iwako-light.com

 

結局どうすればいいのか

ここまでは分かっていますよ。なぜ一歩踏み出せないのかはわかりきっています。じゃあどうしようかという話です。自信をつける、トラウマを忘れる、そんな簡単なかとじゃないですよ。

でも僕はこの気持ちのまま前に進んではいけない気がするんですよ。怖いという気持ちが相手にも伝染するからです。それは相手に失礼に当たりますしお互い楽しくありません。盾で防御しながら盾に隠れて攻撃してるようなもんですよ。絶対防御将軍です僕は。

そじゃあ余計に恋は実らないと思います。

不安な気持ちを隠しているということはつまり後ろめたいことがあるということです。

 

自分を認めてあげる

まずは自分を認めてあげることですよね。

まずは自分のいいところを探してそれをめいいっぱい好きになることです。

そして次にコンプレックスだとか自分の気持ちを、自分を認めてあげて好きになることが恋愛への近道ですね。そうすることで、自分のコンプレックスすらいい面にとらえることができれば、相手に対してもいいところだけ見えてくると思っていますから。

大丈夫!大丈夫!お前は優しい!お前はイケメンだ!うんそれはないけどそんなところも魅力的だ!

 

コンプレックスなんて誰にでもある!自分だけじゃないと思えば少しは安心できます。

 

傷つくことは怖くない

あとはそう、考えに考えた結果、あることに気づきました。

傷つくことは怖いことなのか?「次もまた同じ結果になるかもしれない」と考えるからダメなのではないかと。

僕のトラウマの話に戻りますが、あれは僕が勝手に嫌悪感を抱いて距離をとってしまったからです。もしかしたら本当に好きになってくれていたのかもいれません。こんな僕なんかを。あの時彼女を受け入れていれば今頃幸せな家庭を築いていたのかもしれません。後の祭りではありますが。そうならないために前に進まなければいけないですね。

また傷つくこともあるかもしれませんがそれは成長ととらえれば少しは気が楽になりますね。

 

まとめ

とりあえず前に進まなければお話になりませんよね。

傷つくことは怖くないと思っても、やはりどこかで足はすくみますけれどね・・・まずはでも小さな第一歩を踏み出すのは大切なのかなと、そう思いますよ。諦めなければいつか報われるかもしれません。

そんなわけで僕は今週末、婚活パーティに参加してこようと思います。

勇気は夢を叶える魔法だと信じて。

 

婚活に疲れた人はこちら。

www.iwako-light.com