人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

       

見附島(軍艦島)に上陸したかった!見所と周辺の観光名所も

スポンサーリンク

f:id:iwatako:20180816135147j:plain

どうもiwakoです。

先日石川県に旅行行きまして、珠洲市にある見附島を一目見ようと行ってきました。

見附島は島の形が軍艦に似ていることから軍艦島とも言われる能登の観光スポットです。自然が作り出した高さ28mもある岩山らしいのでこれは一度見ておきたかったんです。

 

見附島に行ってきた

f:id:iwatako:20180816135430j:plain

見附島の見える浜辺は縁結びビーチと言われていて幸せの金が設置されています。恋愛の成熟を願って鳴らしにくるくるカップルも多いんだとか。

 

f:id:iwatako:20180816135441j:plain

一人で鳴らしました。


f:id:iwatako:20180816135211j:plain

そしてこれが見附島ですよ。かなり大きく迫力がありますね。てっぺんには植物が生い茂っています。

なんかあそこだけ世界が違いますよね。見たこともない珍獣とか古代生物とか住んでそうです。

しかし写真見てもらうと分かりますけど曇空なのが残念です。

 

f:id:iwatako:20180816135225j:plain

そして見附島までは岩の道があり歩いて渡れるんですよね。間近でその姿を見たいのでこのゴロゴロした岩達を足場に渡っていくことにしました。

 

しかし僕の首からは一昨日買ったばかりの一眼レフをぶら下げていました。一緒に行った友達に「おい一眼濡らすぞ大丈夫か?」と心配の声をかけられましたけど、その忠告を無視するかのように僕は見附島しか見ていませんでした。

 

f:id:iwatako:20180816135232j:plain

なぜなら足場がものすごく悪いんですよね。岩が尖ってたり空間に水がたまってたりして足を滑らせてもしたら大変です。

 

f:id:iwatako:20180816135330j:plain

他の観光客も近くまで行きたくて岩を歩いています。

子供なんかぴょん、ぴょんと飛び跳ねて身軽な動きで進んでいましたからね。若さなのか、子供故の危険度の認知の低さなのか、素直にすごいと思いました。

けっこう向こうまで距離あるんですよ。なかなかこれはおっさんには辛いところです。

半分来たところでやっぱやめとけばよかったと少し後悔しましたけどここまで来たからには最後まで行ってやると岩場を歩きます。

 

f:id:iwatako:20180816135342j:plain

もうちょっと・・・もうちょっと・・・あと少しで終点です。

 

f:id:iwatako:20180816135246j:plain

あ、蟹見つけた。

 

と、蟹を目で追いながらも尖っている岩に足をかけたんですね。

 

滑りました。

 

もうそれは見事に。滑ってなぜか前に倒れましたからね。

 

どぼんっ。

 

 

一眼レフもどぼんっ・・・。

 

足が膝まで浸かるよりも、靴の中がびしょ濡れになることよりも、前かがみになったことで首からぶら下げていた一眼レフまでびしょ濡れになったことにショックを受けました。

 

友達の言ってたことを思い出します。

 

(おい一眼濡らすぞ大丈夫か?)

(大丈夫か?)

(大丈夫か?)

 

その言葉がエコーになって脳内に突き刺さります。

 

僕は慌てて一眼レフが起動するのか確認します。

『 レンズを認識出来ません 正しく装着してください』 

f:id:iwatako:20180816153720j:plain

 

接続できていないとわかり、レンズを外してもう一回接続します。

『 レンズを認識出来ません 正しく装着してください』 

f:id:iwatako:20180816153933j:plain

 何度やっても、何度繰り返しても同じ表示がでてしまいます。

 

「もうやだ~、帰るぅ~」

31歳のおっさんが悲痛な叫びをあげた瞬間です。

 

浜辺までもだいぶ遠かったです。とにかく、一刻も早く、水のあるところから抜け出したい思いで来た岩道を戻ります。

 

しかしやっとの思いで戻ってもう1回電源つけてみると、

 

つきませんでした。

 

何度やっても、

 

つきませんでした。

 

車の中でテッシュで一眼レフのありとあらゆるところを拭き取ります。


f:id:iwatako:20180816152115j:image

 ダメでした。

 

まとめ

見附島は素晴しかったです。海岸に浮かぶ小島に圧倒されてしまいました。

 

しかし、この日僕は引き替えに大切なものを失ってしまいました。

 

結局一眼レフは家に帰っても起動することはなく、静かに息を引き取りました。きっと原因は海水だと思います。

 

買ったばかりなのに・・・まだ2日しか経ってないのに・・・こんなことってありますか?なぜ彼がこんな目に遭わなければいけないのでしょうか。

いや、全ては僕です。僕が悪いんです!!

 

これから一緒にいろんなところにお出かけして、素晴しい景色を見せたかったのに・・・。

もう見せることはできないんだね。

 

享年:2日 2018年 8月13日

EOS Kiss X7ここに眠る

f:id:iwatako:20180816160828j:plain

 

あ~あ、見附島に上陸したかったなあー。(上陸はできません。)

 

そんなわけで買ったばかりの一眼レフが悲惨なことになったよという話でした。

 

他の周辺観光地

じゃあ・・・ここまでだと文字数が少ないので他に行った観光地を紹介します。

白米千枚田

石川県輪島市白米町にある棚田です。棚田百選にも選ばれている観光スポットです。

 

f:id:iwatako:20180816135656j:plain

 大きく広がった棚田が絶景です。

 

f:id:iwatako:20180816135701j:plain

白米千枚田のすぐ側にある、道の駅 千枚田ポケットパークではご当地のアイスクリームが売ってたので食べてみました。

下部には千枚田で採れた米から作られたポン菓子が轢いてありとても甘くておいしかったです。

 

千里浜ドライブウェイ

こちらは日本で唯一砂浜を走行できる場所として有名です。

羽咋市千里浜町から羽咋郡宝達志水町にわたる海岸が、走行できるドライブウェイになってます。海を真横にドライブできる爽快感は最高です!

 

f:id:iwatako:20180816135712j:plain

の、はずだったんですけどあいにくの大雨でした。

 

f:id:iwatako:20180816135723j:plain

 まじ外なんも見えねえ・・・。砂浜も泥になってますよ。ぐちょぐちょです。こんなとこ車で走りたくないはずなのに観光地だからこんな大雨でもたくさん車が通っていてびっくりです。

 

実はこの近くに伝説の森公園 モーゼパークという観光スポットもあります。そこは海を裂いた伝説で知られるモーゼが眠っている古墳があります。ほんとかどうかはさておき、エジプトの預言者がなぜこんなところに眠っているのかはさておき、あるらしいですよ。

最初はここも行く予定でしたけど大雨で歩きたくないのと調べたらものすごく低評価だったため行くのを断念しました。

 

だからこの雨はきっとモーゼの呪いなんだと思います。行かなかったことによるモーゼの呪い。うるせえお前エジプト帰れ。

 

長野県に旅行行ってきた時の記事はこちら。

www.iwako-light.com