前向きなネガティブブログ

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

本当は怖い黒いサンタクロース!悪い子にお仕置きする都市伝説とは

スポンサーリンク

メリークリスマス、iwakoです。

クリスマスの雰囲気っていいですよね。外に出るとイルミネーションやクリスマス仕様の装飾でキラキラしていて、ショッピングやケーキ屋の人混み、いつもの日常が非日常に包まれているようなわくわく感は大好きです。

カップルや家族の幸せにしている感じもいいですね。見ていると僕も心が洗われるようです。

クリスマスに一人で街に繰り出してイヤホンでクリスマスソングを聞きながらイルミネーションを眺めたりするの好きです。

 

思い出とかそういうなん別にないけど。

 

雰囲気は好きですけど一人で外出てイルミネーション眺めてたらなんか知らないけど涙でてきます。

クリスマスに一人で幸せ感じるくらいなら南の方の島とか行きたい・・・。

 

サンタクロースについて

サンタクロースは子供達にプレゼントを配る優しいおじいちゃんです。

そのモデルは4世紀の聖ニコラウスという司教のはご存知でしょうか?

聖ニコラウスは恵まれない子供達に施しを与えてあげて死後も聖人として伝承が残り、のちのサンタクロースになりました。

クリスマスの主役となるのがサンタクロースですね。子供達は毎年ワクワクが止まらないんじゃないでしょうかね。

親も毎年サンタクロースのフリをして子供にプレゼントを渡します。僕は人の親ではないので分かりませんが、どうやってプレゼントを渡すんですかね。

1.子供が寝てる間にこっそりとプレゼントを枕元に置いておく

2.サンタクロースの格好をしてプレゼントを渡す

3「このプレゼントはサンタさんから預かってきたんだよ」と言う

どうなんでしょうか。

しかもその場合だとサンタさんからのプレゼントであって親からのプレゼントではありません。子供から「ママとパパはプレゼントくれないの?」って聞かれたらどう対処するつもりなんですかね。

そこでサンタクロースの正体は自分だとバラしてしえば子供の夢を壊してしまいますし、そんなんでバレるのはとてもダサいです。

子供にプレゼント渡すのも一苦労ですねえ。

 

現在は赤い服というのがサンタクロースの一般的な服装ですが、昔は青や緑などのいろんな色のサンタクロースがいました。

しかしサンタクロースを使用したコカコーラの宣伝によって一気に広がることになります。なんでも当時コカコーラは体に良くないもの、危険な飲みものだと子供達に植えつけられていたため、どうにかして子供達の心をわしづかみにしたいとコカコーラのイメージ色である赤い服を着たサンタクロースを使用したらしいですよ。陰謀ですね。サンタクロースの力を借りて子供の心を動かすというコカコーラの陰謀。実際それは成功したのでしょうが。

だからこそ赤いサンタクロースは広まったといえます。

 

しかし、ドイツの言い伝えでは黒いサンタクロース(ブラックサンタ)もいるらしいですよ。

オーストラリアのサンタクロースなんてクリスマスが夏だからサーフィンで現れるくらいですからね。黒いサンタクロースがいても不思議はありませんよ。

 

黒いサンタクロースの都市伝説とは

ドイツではいい子のところにはサンタクロースがプレゼントを渡し、悪い子のところにはお仕置きをしにやってくると言われています。

その姿は、長い髭に毛皮を身にまとったおじいさんの姿であったり、ツノを生やした悪魔であったり、妖精の姿だったりと地域によって言い伝えが変わっています。

 

どんなお仕置きをするのか

お仕置きと言ってもプレゼントは渡すようです。

それが木の枝や石炭など子供が好きではないものを枕元に置いていきます。これらは親が子供を叩いてしつけるためのものでもあるそうです。

ただの嫌がらせですね。

もっと悪い子には灰の入った袋でぶっ叩いて動物の臓物をまき散らして去っていきます。

ただのいじめですね。

もっともっと悪い子は袋に詰めて連れ去ります。

誘拐かな?

 

 黒いサンタクロースの正体は?

サンタクロースのモデルが聖ニコラウスであるように、黒いサンタクロースにもモデルは存在します。

それは、聖ニコラウスの従者なんですね。ドイツの言葉でクネヒト・ループレヒトと言われ、聖ニコラウスとともに現れて、悪い子供達を懲らしめていたとされています。

元々は信教を支えたもので、クネヒト・ループレヒトがお祈りができるかどうか子供達に訪ねます。「できる」と答えた子供には木の実やリンゴなどを与え、「できない」と答えたものには灰の入った袋で叩くというものです。

それがいつしか時代が経つにつれて、悪い子には石炭や木の枝が渡されるという言い伝えに変わってしまったんですね。

 

まとめ

ドイツではこんなサンタクロースがいたんですね。日本では現れないようなのでよかったです。

でも悪い子にはお仕置きをするという点でいえば日本ではなまはげに該当しますね。 

「悪い子はいねーが-!」

ぼのぼのでいうとしまっちゃうおじさんに該当しますね。

「しまっちゃうよー」

 

きっとドイツでは「いい子にしないと黒いサンタクロースがやってくるよ」と子供に話ししつけにも用いられてるんですね。

サンタクロースを待ってワクワク期待しながらベッドで寝ていたらいきなりたたき起こされて黒いサンタクロースだった時の絶望感はハンパないですからね。

さらにプレゼントを入れているはずの袋に子供達が袋詰めされてたら失禁ものですよ。そら怖いです。いい子にしますよ。

日本の皆もいい子にして寝てくださいね、さもないと黒いサンタクロースが海を渡って日本へやってくるかもしれませんよ。

サーフィンで。

黒いサンタクロースのイラスト

 

 

 

f:id:iwatako:20171223213540j:plain

一人で食べるクリスマスケーキは最高だー。

 

本当は怖いシリーズはこちら。

www.iwako-light.com

 

クリスマス関連記事。

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com