前向きなネガティブブログ

30万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

太もも写真の世界展に行った感想!脚フェチにはたまらないその魅力

スポンサーリンク

太もも

どうもiwakoです。

皆さんは何フェチですか?脚?脚フェチですよね!スカートから覗かせる脚やOLがストッキングで仕事をしてたりすると男はグッとなりますよね。デスクに座ってスカートの中身が見えそうで見えないきわどい太ももがやばいですね。

何を持ってフェチとするのかですけどね。女の子が履いてたストッキングで首を絞められたいとか、女の子の履いてた靴で水飲みたいとかは脚フェチに含まれないと思います。それは気持ちの悪い性癖にほかなりません。

 

そんな脚フェチの皆さんに朗報です。今回僕は名古屋で開催されている太もも写真の世界展にいってきたのでその一部始終をお見せしましょう!

僕はへそフェチです。

 

太もも写真の世界展とは

太もも専門の写真家、ゆりあさんによる作品展です。作品数は500枚以上!太ももの写真1枚1枚をただの写真としてではなくアート作品として展示しています。

地方巡回展を行っていてついに名古屋で開催されることになりました。

アート作品と謳っているので公式ではフェチの人を超えて老若男女永問わず性別や嗜好を超えて楽しめる内容になっているとのことです。

ほんとかよ。って思いました。変態しか来ないのではなかろうか・・・僕はブログのネタのために行きました。あえてネタのためなんだからね!

だってサイト見る限り性的な匂いがプンプンしますもん。申し訳ないですが。

調べてみると東京、池袋で開催されるはずだった太もも写真の世界展が中止になってるらしいじゃないですか。開催地が商業施設なので「被写体が未成年過ぎる」「性的すぎる」と批判が起こっていたからだそうです。

 

太もも写真の世界展のこの先は大丈夫なのだろうか。

 

太もも写真の世界展in名古屋

場所は栄、中区にあるアートスペースA-1という貸し出しギャラリースペースで開催されています。ここでは様々な展覧会が開かれています。

 

f:id:iwatako:20180916002208j:image

表には太ももの看板が・・・この時点で入りにくいですね。


f:id:iwatako:20180916002224j:image

なるほどこんな感じか。展覧会っていうからもっと大きなところ想像していました。

入場料700円を払って中を見て回ることにしましょう。

 

f:id:iwatako:20180916203508j:image

撮影OKなのでバシバシ撮りまくるぞー。


f:id:iwatako:20180916002134j:image

うおっ。最初から際どい写真が。

なんか紐で縛られてるのもあるし・・・これはなかなか・・・。紐引っ張りてえ。

 

壁にモデルさんの名前一覧が張られてましたけど誰一人として知らねえ・・・知ってたとしても太ももだけじゃ分からねえよ。


f:id:iwatako:20180916002341j:image

わかってはいましたけど全部太ももです360度太ももに囲まれてます。一枚一枚はエロスが感じますけどこれだけ並んでると逆にエロくないです。

ああそうか、

これが芸術か。

 f:id:iwatako:20180916002345j:image

うーん太ももがこんなにたくさん、いいですねえ。

 

f:id:iwatako:20180916095739j:plain

こっちもいいなあ。僕好みだゲヘヘ。


f:id:iwatako:20180916002245j:image

バックのアングルとか・・・すごく太もももちもちしてそう。


f:id:iwatako:20180916002137j:image

光の当たり方とか、構図とかしっかり考えてますね。ちょうど光が太もものラインのところにきていて美しく見えます。

際どいラインや光の当たり方一つで太ももの柔らかさの表現も変わってくると思うんですよね。

カメラマンのこだわりを感じさせます。


f:id:iwatako:20180916002248j:image

おお、水着ですよ水着!スク水わっしょい!

水滴をうまく使って太ももの美しさをアップさせてます。


f:id:iwatako:20180916002146j:image

スカート下ろしているやつ頑張ってますね。被写体の人もカメラマンもよくこんなにドキッとさせられる写真撮れますね。やっぱプロだわ。


f:id:iwatako:20180916002354j:image

ボールになりたい・・・じゃなかった、ボールを間に挟んで光をボールに当てることで光と影のコントラストを生み出してまた違って見え方になっています。知らんけど。

この子太ももでかくねえ!?


f:id:iwatako:20180916002250j:image

水着集、グラビア撮影かな?海と水着って・・・いいよね。水面に移る太ももがきれいです。


f:id:iwatako:20180916002240j:image

意地でもスカートの中のユートピアを見せないという意思を感じる!


f:id:iwatako:20180916002211j:image

おいおい女の子2人の絡みとか見る人によっては興奮ものじゃないですか。やべえなこれ。


f:id:iwatako:20180916002140j:image

どでかい写真が飾ってました。いいですね。背景も白いのでより太ももを目立たせています。

「太ももとYシャツと私」って歌でも作りましょうか。


f:id:iwatako:20180916002332j:image

ロッカーは乗るとこじゃないよ。

 
f:id:iwatako:20180916002233j:image

ビン挟んでるやつだけはなぜか笑ってしまった。


f:id:iwatako:20180916194355j:image

グッズもたくさん販売しています。まずはポストカード。全部アングルがすばらしいですね。

 

f:id:iwatako:20180916203700j:image

実は入場チケットと一緒にポストカードもらいました。

 

f:id:iwatako:20180916002143j:image

クリアファイルも売ってます。仕事ではまず使えないですね。

 

f:id:iwatako:20180916002338j:image

ガイドブックです。中身見とけばよかったな。写真一枚一枚のコンセプトでも書いてればちょっとほしいですけど薄いからそんなに内容濃くないのかな?

 

まとめ

はい太もも写真の世界展を見てきました。いや~すごい圧巻ですね。季節だったり、服装、場所、取る角度、しっかり考えられています。これはエロスを超えて芸術作品と言ってもいいんじゃないでしょうか。

けっこうガチな感じで一眼レフで撮ってる人もいましたけどね。

あと太もも写真の中には「AVの撮影かな?」と思ったのもありますけどなかなか僕は楽しめましたよ。これだけ太ももに囲まれる機会なんてそうそうないですからね。

 

太もも写真の世界展の名古屋では2018年8月31日 (金) 〜 2018年9月24日 (月)までの開催となっています。是非脚フェチの人もそうでない人も足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

僕はへそフェチです。

www.iwako-light.com