前向きなネガティブブログ

35万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

   
     

個人ブログはオワコンなのか!イケダハヤトさんの考えを見て

f:id:iwatako:20181229074932j:plain

どうもiwakoです。

やあやあ皆さんお元気ですか。

今年1年はブロガーにとって激動の1年でした。何よりGoogleさんの変動ですよね。未だに安定しないってどういうことなんですかね頼みますよ。

だから順位が安定しない、稼げぎも安定しない・・・となるとどう考えるか。

 

他に稼げる方法はないだろうか。

 

するとブロガーはnoteで有益な情報を販売して売ったり、オンラインサロンなるものを作り、その月額費を収入源にしている人もいます。

僕も一時期考えましたよ。「ネガティブサロン」って名前で、普段言えない悩みやストレスをぶちまける場を作るのはどうかって。

ただそうなると僕も定期的に情報を発信したり参加しないといけません。オフ会?も開催しないといけないのかな?よく分かりませんが。

とどのつまり、ひじょーーーにめんどくさいんですよね。

だから僕はライターの仕事をちょくちょく引き受けてそれを収入の足しにしています。

 

今月の収入は合計で17万くらいはありますけどブログ自体の収入はそこまで伸びてないんですよね。残念なことに。

 

 

 

もう、ブロガーはオワコンなのか?

そしてとどめはブログ界のトップアスリート、イケダハヤト氏がブログはオワコンだと言ったことですね。
www.ikedahayato.com

この記事には文字媒体は衰退し、動画のような情報量の多いコンテンツにシフトしていくと書かれています。それにともない広告予算も動画など、他のメディアにシフトしていく・・・・だからブログはこの先死んでしまうと。

現にイケハヤさんもYouTuberとして動画をアップしています。

 

ブロガー界がざわつきましたよね。

 

こういう影響力がある人がこんなことを発信したせいでブロガーなのにYouTuberデビューしたり、ブログを書きたかった人もブロガーデビューを諦めたり・・・ブロガーの若い芽を詰んでしまっている若い芽をつんでしまっている状態です。

 

ここ1年の変動でもわかる通り検索するとブログより公式サイトの方が上位にくるようになってしまったんですよ。

普通に考えれば一般人が組織に叶うわけもなく公式サイトが上位にくるのは必然なんですけど。

 

確かにブログが落ち目なのは理解していますが、だからといってオワコンというのは早計すぎるのではないでしょうか

 

情報提供ならYouTube、写真見せたいならInstagram、メディアが多様化してるのは分かりますけど、だからってブログがYouTubやInstagramに劣っているとは思えません。

 

というか人によるんじゃないですか?そういうのは。

動画媒体が苦手な人は文字を読む方が楽だと思いますし、人となりがよく分からないInstagramよりはブログの方が見ていて楽しいと僕は思います。僕はブロガーなので多少ひいき目で見ているところはありますが、この先ブログがなくなることはそうそうないと思います。

 

ブログがなくならないと思う理由

「読む」というのは習慣化されているから

TV、YouTubeなど、歴史の中で発展してきたものですが、昔から読むことは人にとって慣れ親しんできたものです。今の今まで電子化が進もうが、文字を読むこと自体はなくなっていません。

本を読む、新聞を見る、ね。

だから今更これらがこの先なくなっていくと思いますか?文字を読まなる未来なんて想像できます?そうなったらそれこそ人類は終わると思うんですよ。

動画は動画でメリットはありますけどそれはこの際置いときまして、見るだけだったら人間の成長も止ってしまうと思います。語彙力、想像力の低下などが考えられますね。

例えば学校の教科書がすべて動画になったらどうしましょうか。復習したいとこなど、一部の情報が見たい場合は巻き戻したりして確認しなければいけないのでめんどくさいと思います。その点文章だと必要な情報だけさっと頭に入れることができて探すのも簡単です。

文章の場合場所を選ばずに見ることができるというのも大きな魅力ですね。このことからブログもこの先なくなることはないと思います。

 

Googleが困るから

インターネットで検索したら大半がブログです。そんなブログが廃れてしまったら検索サービスとしてのGoogleの均衡が崩れてしまうと思います。まさか動画ばかり表示させるわけにはいかないですからね。現に僕も知りたい情報を検索したいときに、一番上に動画が表示されても2番目のブログを見てしまいます。それも人によりますけど。

逆にGoogleの検索結果のほとんどが動画が表示されて、ごく一部にWEBページが表示されるなんて事態になったら僕はそんなに検索かけることはないと思います。不便ですからね。

 

ブロガーもGoogleを頼っていますが、Googleからしてもブログというのは価値のある大きなものなのではないでしょうか。

 

まとめ

個人よりも集団の方が強いと言うのは時の流れを表していますね。

個人商店が潰れて大きなスーパーができてきたように、個人ブログもいつしかネットも企業が乱立する時代になるのでしょうか。

企業の方が記事数も多く、専門的知識も得られるのでそれが世の摂理なのかもしれません。でもまだ諦めてはいけませんよ!企業と言うことはそれだけ運営コストがかかります。数の暴力でもありますが、金の力でもあります。そんなのに負けたくないですよね。負けてたまるかと思いますよ。

ブログが廃れないとはいえこのまま平行線でもいけないと思います。もっともっとセルフブランディングして自分の価値をあげていく必要があります。つまりはファンを増やす。

Twitterで情報を発信する、自分で仕事をもらいに行く、セルフブランディングの一つとしてYouTubeもありなのかなとは思います。(僕はたぶんやりませんが)YouTube見た人がブログに流れこんでくるかもしれませんしね。

この人が好きだから、この人の書く記事が面白いからと言ってもらえるようにならないと企業とは対等に戦えません。

 

そんなわけで僕も来年はもっと自分を発信し、好かれるようなブログにしていきたいと思いますよね。よろしくお願いします。

 

よいお年を!

 

 

www.iwako-light.com