ロックマンXの面白い名作ランキングベスト10

f:id:iwatako:20181226210816j:plain

どうもiwakoです。

 

僕は昔から横スクロールアクションのゲームが大好きでした。中でもロックマンシリーズが好きです。

ロックマンはロボット工学が発達した未来、主人公ロックマンを操作してバスターアクションを駆使して進めていくゲームです。簡単じゃなく、難しすぎず絶妙な難易度が人気で今まで初代である「ロックマン」そして「ロックマンX」「ロックマンゼロ」と数々の続編や派生作品が生まれてきました。

最新作としてロックマン11が発売されましたね。

ロックマンシリーズの復活は嬉しくて、もちろん僕ももちろん買いましたよ。そして噂通り2日でクリアしました。

そう、サクッとクリアできるのがロックマンシリーズの魅力であり、その反面「すぐクリアできるのに金出して買う必要あるのかな」って人もいます。感じ方は人それぞれですが、今作はやり込み要素もありますし、新作が出るたびに僕は買い続けますよ。

 

でもできるならXシリーズを復活してほしかったです。1番好きなシリーズです。

 

そんなわけでロックマンXシリーズの魅力と個人的ランキングを書いていきます。

Xシリーズの魅力

シリアスな世界観

前ロックマンシリーズはキャラクターや世界観等コミカルに描かれていましたけどXシリーズはハードでシリアスな世界観で描かれています。どっちがいいと言うのは人によるところだとは思いますけど僕はこちらの方がいいですね。

最初がスーファミだったこともありグラフィック面で大きく向上されており背景が細かく重量感のある演出がされています。X自体の機能として初代ではなかったダッシュ、ダッシュジャンプもありスピード感のあるアクションもシリアスな世界観とマッチしています。

 

ボスのネーミングセンスに脱帽

どうでもいい人にはどうでもいいと思いますけどXシリーズのボスのネーミングです。

初代では「○○マン」だったのですが、今作では語呂がいい「アイシー・ペンギーゴ」など、英語と日本語を組み合わせた のネーミングになっています。それが妙にダサくてかっこいいんです。馬鹿にしているわけではありません。考えついた人はさすがだと思います。

僕が好きなネーミングは

・マグネ・ヒャクレッガー

・ブーメル・クワンガー

・バーン・コケコッカー

です。つい口に出して言ってみたくなるネーミングですね。このダサかっこよさはBLEACHに通ずるとこがあります。う~んオサレ!

 

強化パーツはロマン

Xシリーズには頭、腕、体、脚の四つのパーツがあり、それぞれに特殊な効果が備わっています。

パーツを入手するごとにXのカラーリングも変化してかっこよくなっていきます。今までのボスを倒してその能力を使えるだけでなくXの強化パーツを集めるという楽しみも増えました。どんな能力なのか使用する瞬間のワクワク感ね、そしてその能力がしょぼかったときの残念感ね、忘れられません。

 

ロックマンXランキングベスト10

第10位.ロックマンX7

Xシリーズはすべて名作だとは思うんですけど7だけは少し残念な部分が多いです。

今まで2Dアクションだったのが3Dアクションになりました。新しい試みは評価したいですけど初の3Dマップのためか作りが雑ですね。あとテンポが悪くスピード感がないのでXシリーズらしさがなかったです。

「やっぱロックマンシリーズは2Dだなあ」と思わせてくれた作品。

第3の主人公アクセルの登場は、個性もあり、コピー能力という専用の能力もあって、ストーリー的にもまだシリーズが続きそうな予感をさせてくれたのはよかったです。戦闘前が全てフルボイスになったのもよかったです。

 

第9位.ロックマンX6

設定上仕方がないですが、ゼロは隠しでしか使用できないというのが残念でしたね。

こちらも前作同様エンディング分岐が存在します。中にはロックマンゼロに繋がるであろうエンディングも。

制作期間が短かったためか、グラフィックが荒く、ストーリーも雑、前作との繋がりに矛盾が生じていることや急な展開などが所々ありました。

あと難易度がクソ高いですね。最初クリアできませんでした。この難易度がいいという意見もあるとは思いますけど。

 

第8位.ロックマンX5

ストーリー分岐が多いのが最大のポイントですね。当初の予定では5で最終作にする予定だったらしく最終作っぽいエンディングも存在します。

コロニー落下から地球を救う話なので時間という概念があり、失敗に終わるとバットエンディングるーとになるので早くボスを倒さなければいけないという緊迫感が増しました。

強化パーツのアーマーは、隠しのアルティメットアーマー含め4種類と多くそれぞれ強力でした。でも入手したアーマーは全てのパーツを揃えないと各パーツの能力が使えないという点は残念でした。

 

第7位.ロックマンX4

この作品では完全にゼロをプレイキャラクターとして使用できるようになりました。Xとゼロのストーリーが違うので2周は確実に楽しむことができます。と

初のキャラクターボイスとアニメが随所で見られよりストーリーに感情移入ができました。ボスとの戦闘前にも会話がされるのでキャラクターの個性、ストーリーに力を入れています。いうかゼロ編の方がアニメも多く、アイリスというヒロインまで登場してゼロが優遇されている気がします。

でも難易度はXシリーズの中でも簡単な方でXとゼロ両方のストーリーをクリアしても若干ボリュームが少なく感じるかもしれませんね。

 

第6位.ロックマンX

Xシリーズの第1作。初代と世界観がガラッと変わりました。

僕は確か初代をプレイする前にこのXをプレイしたので違和感はなかったですが初代ファンはどう思ったのでしょうか。でもゲームシステムは横スクロールアクションでボス倒して能力入手と変わらないのですんなり受け入れられたんですかね。

シンプルながらもハードでシリアスな世界観には心躍らされました。

ラスボスのシグマですがまさか続編で幾度となく戦うことになるとは思ってもみませんでした。

隠し要素としてストリートファイターシリーズの波動拳が使用できるようになります。普通にプレイしてたらなかなか見つけられませんが、ボスも一撃で倒せるので重宝しました。

 

第5位.ロックマンXコマンドミッション

これは今までの作品とはまた違い ロックマン初のRPG作品です。X、ゼロ、アクセルの加え、4人のオリジナルキャラクターが仲間に加わります。

よくあるコマンド形式のバトルですが技のエフェクトとか派手で爽快感のある戦闘になっています。ボスやオリジナルの味方キャラクターも個性的でよかったですね。ストーリーのボリュームは少ないですがよく練られていて面白かったです。

でもこれまでもXシリーズの世界観を継承し、ファンでも違和感なく楽しめました。

 

第4位.ロックマンX3

まさかゼロが操作できるとは思いませんでしたよね。でもボスと戦うときにはXと交代します。そして一度でも死ぬとそのデータでは使用できなくなるというのはデメリットが大きすぎる気がします。

条件を達成するとXがビームサーベルを使用できるようになりますけどXが剣を使うのはなんだか違和感がありました。

この作品最大の魅力は乗り物であるライドアーマーが多いことですかね。陸上用、水中特化用等、計4種のライドアーマーが使用できます。これまでステージ内に配置されていたライドアーマーとは違い、今作では任意に転送機から呼び出すことができます。

どのライドアーマーも個性があり、乗るのが楽しかったです。

 

第3位.ロックマンX8

前作の失敗を踏まえてか、グラフィックは3DCGですが、3Dアクションは少なく、ほぼ2Dアクションに戻しました。うんやっぱこれがロックマンですよ。

前作のアクセルも加わり3人の主人公を交代しながら進めることができます。パートナーと繰り出す強力技もあったりして爽快感がありました。

ステージごとに個性があり、重力反転や強制スクロール、レースゲームのようなステージと多岐にわたり面白かったです。

ナビゲーターの3人も操作可能になるなどやりこみ要素も豊富で飽きずに何周もゲームをプレイできます。

これでXシリーズ終わりはもったいないから続編でて欲しいんですけどねえ。

 

第2位.イレギュラーハンターX

ロックマンX1のリメイク作品です。

3Dグラフィックの横スクロールアクションとなりました。ロックマンXをベースにしていますけど設定やストーリーは全くの別のもになっています。でもアクション性はそのままに演出やグラフィックはすごく向上しています。

最大の特徴は宿敵であるVAVAが使えるVAVAモードですね。Xとは違い兵器を駆使して戦うのでXとは違う楽しみ方ができました。

また、Xの前日談であるオリジナルアニメ『The day of ∑』が収録されている他、バリューパックでは初代ロックマンのリメイクである『ロックマンロックマン』の体験版も収録されているという大盤振る舞いです。

 

第1位.ロックマンX2

なんか一番思い入れがある作品です。カウンターハンターのせいですね多分。基本ストーリーとは別にカウンターハンターなる敵を倒しゼロのパーツを集めるという目的もあります。倒さなくてもストーリーは進みますが、その場合はゼロが敵として復活してしまいます。なのでやつらを倒すまで何度も挑戦した記憶があります。カウンターハンターの一人、サーゲスは初代ロックマンの宿敵、ワイリーという噂もありましたね。懐かしいなあ。

ボスの強さ、難易度もバランスがよかったです。

そして本作では隠し技としてストリートファイターシリーズの昇龍拳が使用できます。

あとBGMが素晴しく、Xシリーズの中でも屈指の名曲が揃っていると思います。

 

まとめ

以上ロックマンXシリーズのランキングでした。

どれも面白い名作達です。

ロックマン11の発売によってXシリーズの続編も希望が見えてきました。期待して待ちたいと思います。

 

PS4かNintendoSwitchでXシリーズを全て収録したアニバーサリーパックが発売されていますので、まだ未プレイの人も、プレイしたことある人も是非やってみてください。

 

ドラクエランキングはこちら。

www.iwako-light.com

 

テイルズランキングはこちら、

www.iwako-light.com

お仕事募集しています!

イラストや記事寄稿、商品紹介などのお仕事募集しています。ご相談もご自由にどうぞ!勇気あるご応募お待ちしています。
f:id:iwatako:20181223230030j:plain
お問い合わせはこちら

最新情報をチェックしよう!