人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

24万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

自分の人生を変える方法!イラストを添えて

スポンサーリンク

一度は自分の人生を変えたいと思ったことはありませんか?

「あのときああしておけばよかったー」と悔やむときは誰にもあるはずです。

ですが過去は変えられません。もう過ぎてしまったことです、いくら悔やんでも仕方ありません。

過去の人生は変えられません。

もしくは変えようと努力したけどうまくいかずに挫折して、失敗して、諦めて現在まで生きてきている人もいると思います。

本当に満足ですか?サティスファクションですか?

え?満足ならいいですよ。そのまま人生のを謳歌してればいいんじゃあないですか。じゃーねー、バイバーイ。

 

ちょっと待っていかないで。

 

やだ・・・。

え?ほんとにいいの?

過去は変えられないですがこれからの人生なら変えることはできるんですよ。本当に、信じて。

ほらあそこ見てください。

「もっといい人生を歩みたい!」「このままじゃ満足できねえ!」そんなことを思っている人がいますでしょう。

 

素晴らしい!

 

向上心ありますよね、惚れちゃいますよ。

でも考えてるだけではいけません。行動しなきゃ、そうしなきゃ!

 

そんな、人生を変えるための方法を書いていきたいと思いまーす。

 

今更無理とか諦めないで!

 

ばばんっ!

自分の人生を変える方法5選

人間関係を変える

f:id:iwatako:20170717212508j:plain

人生の悩みの一つとして人間関係があります。

非常に面倒くさいですが、生きていく上では付き合っていくしかありません。なぜなら人は助け合って生きていく生き物だから!(キリッ)

何が面倒くさいというと、いろいろ悩むからですよね。ちょっとしたことを言われて落ち込んだり、悩んだり、上司をたてたり、へこへこしたり、周りは人の悪口ばかり、否定されるとイラッとし、そんな自分のことに嫌悪感を覚えたり、嫌なことばかりです。

僕の場合だと、友達を、「おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ! 」と尊敬できる反面、ジェラシーを感じてしまうこともあるので一緒にいずらくなってしまうんですよね。

友達はどう思っているかは分かりませんが。

それは仕方ないです。そういう人間関係もあるということです。

人間関係なんてなかなか変わりません。むしろ変わってくれなんて言えませんよね。

 

もし友達に、

「ちょっとお前さぁ、何でもできすぎてぇ俺がジェラシー感じちゃうからさあぁ・・・今日からできないキャラでいってくれん?」

 

は?って言われますよ。完全に頭おかしい人です。

だから変えられません。変わってくれるとも思いません。

 

だったら自分が変わるしかないですが、それもなかなかね、難しいよね。

現状を受け入れるっていったって心が拒否してしまえばそれは"受け入れたと思い込んでいる偽物の関係"です。ほんとの人間関係ではありません。

だから一番いい方法として、今までの人間関係とは距離を置いて、新しい人間関係を作ることです。

職場の人間関係が辛いならいっそのこ辞めてもいいです。

あまり連絡を取らない人ならいっそのこと電話帳から削除してもいいかもしれません。

学生なら友達は他にいくらでもできるでしょうし、社会人でも社会人サークルやジムなどに通って交友関係を増やせばいいんです。

新しい人とふれあうことで、ものも見方や価値観も変わってきます。人の影響力は絶大です。特に子供なんか性格が悪い友達と付き合えばすぐに影響されて悪い道に走ってしまいますもんね。

付き合う人も選ばなければいけませんが、自分の中の世界が変わりますよ。

いつも同じ人間関係の中で浸ってしまえば新しい出会いなんてありません。人生を変える一つの方法として思い切って人間関係を変えてみてはどうでしょうか。

 

考え方を変える

f:id:iwatako:20170717213006j:plain

感情というのか考え方で決まります。当然か、当然ですね。そんな当然のことで自分が苦しむのは馬鹿らしくないですか?

例えば仕事でミスをすると、落ち込んで、「どうしようどうしようもうミスできないよぎゃああ」と焦ってしまっては大きいミスに繋がります。そういう人に限って同じミスを繰り返しちゃうんですよねえ(体験談)

僕がよく考えるようにするのは、逆説的に考えることです。

「だからこそできる」

 

引き寄せの法則って知ってますか?

思ったことを現実に引き起こしてしまう能力のことを言います。

 

なんともスピリチュアル な話ですよね。ドラえもんの道具でありそうです。

 

そんなことあるわけないじゃないですか。

 

ばかっ!

 

信じただけで願いが叶うとか頭がお花畑もいいとこです。

 

ここで大切なのは、願っただけでは叶わないということです。行動して始めて引き寄せるんですから。否定的なことでもそうですよ、自分ができないからもうやらないとそこで諦めてしまえばそこまでです。行動してないですもんね。

その考えを少し変えて、できないからこそ続ければできるようになると思い続けることでで意識が行動に向き、目標めがけて突き進むことができるということです。

 

 

自分の人生の何が嫌かを考えて、だからどうすればいいか、ネガティブのその先を見据えることで達成できることもあるんですよ。

 

自分を変える

f:id:iwatako:20170717212944j:plain

自分を変えるというのは性格や外見の話ですね。

 外見を変える

認めたくないですが外見というのはやっぱ重要です。イケメンはもてはやされますちくしょー!所詮顔かよ!ってな感じでさえない顔してたり、言っちゃ悪いですがブサイクだとそれ相応の扱いを受けます。

すごく太っていたり禿げてたりしたら後ろ指指されるかもしれません。実際こないだ地下鉄乗っているときに目の前に若はげのお兄さん、僕の隣に高校生っぽいグループ。高校生はわざと聞こえるように会話の節々にハゲの入った言葉(励ます、激しいなど)を入れて笑ってました。

前のお兄さん目が泳いでましたよ。

うるせーし注意しようと思いましたけど、それに対して何言われるかわからないので僕のガラスハートでは注意できませんでした。とりあえずこの場を借りて罵っておきます。このクソガキ共め!電車の・・・プシューって閉まるときに襟とか挟まれてそのまま発車されろ!

間違いなく友達にはなれないと思いました。

 

外見はね、まあ禿げてることに関してはなかなか治りにくいと思いますけど、その他イメチェンなら簡単にできますよね。髪の毛を染めたり、ファッションをしてオシャレに気を遣ってみたり、ちょっとしたことで印象はガラッと変わりますよ。冴えない顔したそこの君も!雰囲気でイケメンにみえるんですよね。

 

後はそうですね、会社の面接なんかニコニコ笑顔の人と暗い顔の人どちらが採用されるでしょうか。答えは分かりきっていますね。

 

周りから今まで自分の見た目やコンプレックスで蔑まれて来た人!または恥ずかしくて外歩けない人も!何もしなければ代わりません、まずは見た目から変えて周囲を驚かしてしまいましょう!

 

そして、見た目も変われば心に変化が起き性格も変わります。

 

性格を変える

そう、ここで性格話がでてくるんですね。

「自分がこんな性格だったらもっと違う人生を歩めたかもしれない」と思ったこともあるでしょう、そうでしょう、どうしましょう。

例えばストレスをため込みやすい性格だとしたら、もっと自分をだせる性格になりたいだとか、暗い性格を明るい性格にしたいだとか。

なかなか難しいですよ。

性格というのは周りの環境に左右されることも多いですから、いままでその性格でやってきたのに今更変えてもそれはキャラクターを作っているだけですもんね。それに急に性格が変わったらみんなビックリしてしましますよね。「こいつどうしたんだ悪いもんでも食べたのか」ってなりますよ!

その点は気にしても仕方ないと思います。人からの目線を気にしてたら人生変えれませんので。

性格を変えて完全に自分のものにする方法は生活習慣で慣れていく必要があると思います。

先ほど僕は見た目を変えたら心も変わると言いましたけど、その通りまずは外見から変えていくのが正しいやり方ですかね。一気に性格だけ変えようとしてもそう変わるもんじゃないです。明るくなりたいなら明るい格好をしていつも笑顔を心がける、起こりやすい性格を治したいなら眉間にしわを寄せないだとか。なりたい自分をイメージして行動におこしてください。その行動を習慣にすることで、やがて性格にも成果が現れますよ。頑張ってくださいね。

 

住む場所を変える

 

f:id:iwatako:20170717212922j:plain

住む場所によって自分の見えてる世界がだいぶ違いますよ。僕は転勤が多かったですが、一時期岡崎に住んでいました。まだ中学校入る前ですが。そこはけっこうな田舎で駅まで歩いて30分かかるし、その電車も1時間に1本くらいだし交通に不便すぎますよ。

生まれは京都なんですけどあまりにも違いすぎてビックリしましたもんね。「なんもねえじゃん!」って。

当然っちゃ当然なんですが始めて見た田舎に衝撃を受けたのをよく覚えてます。

生まれて初めて生でコウモリ飛んでるとこ見ましたよ。夕方あたりによく田んぼの上飛んでましたね。

遠ければ遠い方が新しい発見は多いと思います。生活圏が変わり、目にする景色、出会う人々、すべてが新しくて新鮮です。

近くても住居が変わるわけですから気持ち的にもリセットして心機一転頑張れるのではないでしょうか。

 

地方に引っ越しとなると、辛いところっていうのは友人と離ればなれになる可能性があるということですね。恋人とも遠距離恋愛になります。

今の時代簡単に連絡を取り合えることはできますけど実際に会って話すことができないというのは悲しいものがあります。

 

ただ価値観は人それぞれなので、その土地が合う合わないはあると思います。田舎が嫌いだとかではなくてね。田舎嫌いなら住まなきゃいい話です。

もしかしたら住んでみた土地が窮屈に感じるかもしれません。

もしかしたら「ここは・・・僕がいるべき場所じゃない・・・」と思うかもしれません。別に中二病ではありません。

僕はないですけど実際に感じることあるらしいですよ。

そんなことになったら、人生が変わるどころか人生を迷ってしまいますよ。ふらふらです。

土地との相性はあるんですよ。

 

もしも人生を変えたくて新しい土地を探すのでしたら、前もって旅行などして下調べをしておいた方がいいかもしれませんね。

 

習慣を変える

f:id:iwatako:20170717213112j:plain

習慣とは毎日日常的におこなっていることを言いますね。

それはもはや意図的にしているというよりも癖になっている状態です。飯後には歯磨きをする、風呂に入ったら寝間着に着替える、それってなんか自然にやってしまうことですよね。「これをする前にこう行動しよう」みたいな。頭の中で勝手に命令が下るんですよ。

毎日行っていること・・・僕の場合は寝る前にパンを食べることですね。ほぼ毎日ですよ。

それには理由があって、親がめちゃめちゃパンが好きで、めちゃめちゃ買ってくるからです。絶対一人で食べきれる量じゃないのに・・・だから僕がカビる前に処理してるんですよね。

僕もパン好きだからいいんですけどね、買いすぎだっつの!言ってるのに買ってくる!

「わかった~」とか言いながらも買ってくる!これは一体どういうことなのでしょうか?痴呆症かな?

で、毎日、会社から帰ってきて風呂入って飯食って、それからさらにパンも食べています。しかも菓子パンが多い!甘い!

寝る前に食べると肌に悪かったり太りやすいとも言いますし辞めたいんですけどね・・・でも夜飯食べて少し休憩したらパンをとりにいっている自分がいるんですよ。やばいですね。

これは意思の問題です。まだ僕には寝る前パンを食べない!って強く思ってないということなので、頑張りまーす。

食べないことによって太ることを防げるかもしれませんしね。人生を変えるとはそういうことです。

習慣一つでけっこう変わるもんですよ。

 

例えば食後に吸っているタバコをコーヒーに変えるとか・・・これだけでだいぶ健康になると思います。

習慣の積み重ねによっても変わりますよね。夜の1時間だけ勉強すると決めておけば、それが1年続けばどうでしょう、だいぶ知識が詰まってると思いません?ファミコンからニンテンドー64くらいのスペックまではレベル上がってると思いますよ。

 

ただそこにたどり着くまでが大変ですね。習慣化するまでが。このブログと同じかもしれません。始めたときは毎日更新していました。どんだけ人来なくても頑張って1ヶ月更新したらもう記事を書くことが習慣になっていたので、それと同じでまずは頑張って1ヶ月やり続けることに意味があります。

無意識にできるくらい習慣づけることができれば人生変わるかもしれませんよ。

 

まとめ

 人生を変える方法を書いてきました。

皆さんお気づきになられましたでしょうか。

『住む場所を考える』あたりからイラスト描くのがめんどくさくなってますね。背景描くのめんどくせっ!人描くのめんどくせっ!てなってますね。

 

それはどうでもいいとして、

どうせ変わらないからと諦めるのではありません。いつか分かってくれると待つのではありません。自分がかわろうとしなければ絶対変わりませんよ。

変わることは簡単じゃないですけど、変われるという強い意思を持って行動すればきっと成果はでるはずです。

勇気ですよ勇気!人生を変える勇気!

外見変えるにしても住む場所を変えるにしても、人の目を気にしたり、住む場所を変えるのなら土地探しとか考えることはたくさんあります。これで失敗したら元も子もないですからね。

 でもまっ、人生は一度しかないんだから好きにやってみるのもいいんじゃないですか。

 

人生のイラストを添えてシリーズ

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com