人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

24万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

初めて婚活パーティに行ってきたら変な女性(メンヘラ?)と出会った話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハートのイルミネーション

どうも僕です。

僕は結婚してません。

彼女がいません。

彼女がほしいです。

→婚活パーティに行きます。これ、自然の摂理です。

 

行ったんですよ、初めて。正直記事にするか迷いましたよ。

 

だって恥ずかしいじゃない

 

婚活パーティ行ったとか・・・なんか焦ってるみたいでさ・・・いや焦ってるんですが。

 

婚活パーティ行ったことを会社の社員1人に言ったらいつの間にか下請けの家具屋にまでばれてたりね。なんでだよ!どこからどう回って家具屋まで情報が飛ぶんだよ。

おい・・・やめろよ。恥ずかしいだろ!

 

昔は30までには結婚するとか言ってたのに・・・30まであと半年もねえええ!!

人生そんなうまく行かないってことですね。

 

そんなわけで一度婚活パーティ行ってみようと思い自分で調べて行ってきたのでまずはその経緯をお伝えします。

 

約3か月前の話です。

 

レッツ婚活!

婚活パーティって調べればたくさんあるんですね。

詳しい場所までは書きませんけどまあ名古屋のどこかです。

 

20代限定パーティってのに参加しました。

 

他にも

・高収入の男性限定

・高身長の男性限定

・公務員限定

・スーツが似合う男限定(どういうこと!?)

・スイーツ好き男女限定

・バツイチ限定

などいろんな種類の婚活がありました。

 

ま、まあまだ20代だからね、いいよね。あと半年で30だけどいいよね。

 

ついたら受付

 

男は7000円支払います。女性は500円らしいです。

 

うんなかなかのぼったくり具合だね!すごいね!運営儲かってるんだろうなーと思い会場内へ。

 

多分20テーブル40席くらいの会場です。番号の書いた名札を貰って席に着きました。

料理やドリンクはないみたいです。

・・・これで7000円かあ。

 

テーブルにはプロフィールシート?的なのが置かれていてそれに名前、年齢、職業、趣味などを書き込んでいきます。

 

うわっなんかこれテレビで見たことあるやつ~!とちょっと興奮しながら書いていました。

 

この婚活のルールは簡単、

・同じ席の男女がプロフィールシートを交換して5分間話します。

・5分たったら男は隣の席に移動して別の女性と話します

・一周したらアプローチシートというのを書かされます。気になった子の番号を書いて提出します。3人まで。アプローチシートは次のフリータイム前に配られます。これで誰が自分に気があるかわかりますね!

・次にフリータイム。3回気に入った子と5分ずつ話す時間が設けられます。

・プロフィールシートに番号を書く欄があるので気に入った子の番号を書いて提出します。第3希望まで書くことができます。

・集計してお互いの番号がマッチングすればカップル成立

 

テレビで見たことあるやつでした。システムに興奮とドキドキ。

 

席はほぼ満員埋まりました。

当然僕の目の前にも女性が座りました。

 

「あ・・・ど、どうも(o_ _)o))」

まあ最初はそんな感じです。

 

 

ちょっとゆっくり話しすぎたから飛ばしますね。

 

フリータイム前のアプローチシート・・・貰ったんですよ2人に。

 

え・・・ちょっ、嬉しいんですけど。

 

こんな僕を少しでも気になってくれているというのは嬉しいことです。

 

一人は最初同じ席だった人です。

目の前の席だということもあり話しやすくて話も面白い子でした。話は。

 

・・・いっちゃ悪いんですが・・・結構体格がよろしい方で・・・多少はね、気にしないんですけどね。

 

太りすぎだよ?

 

ちょっと・・・ごめんなさい。

 

もう一人は清楚でかわいい系の子です。2歳年下。

なんとその子・・・僕がアプローチシート渡した子なんです。趣味とか話とか気があいそうだったので。

 

両想い(゚∀゚)キタコレ!!(気が早い)

 

テンションMaxです。アゲアゲです。

 

 

そして婚活パーティも終盤、最後の投票結果。

 

見事アプローチシート貰った子とカップリングになりました!イエーイ!

 

 

イ・・・エーイ?

 

 

この選択が間違いだったと気づくのは約半月後です。

 

婚活パーティが終わりその後の話

 

連絡先交換して何度か遊びに行きましたよね。

 

ランチだったり飲みだったりイオンにショッピングだったり。イオンっていいですよね!いろいろ見て回れるし大きいとこだと映画館もあるし飽きません。イオン好きです。

 

びっくりしたのがですね。

 

なんかすごくベタベタしてくる。

 

やたら体触ってくるし、腕を密着してからませたりとか・・・。

 

うらやましいですか?別に自慢話ではありませんよ。

 

 

僕は今まで2回、お付き合いしたことがあります。1回目のお付き合いは半年もせず別れてしまいました。

それでも適度な距離感で付き合ってました。というかね・・・人前で手を繋ぐのも恥ずかしいんですよ僕は。

 

そんな僕が!べたべたされたらどう思うか!

 

ちょっと引きましたよね。

まだ付き合ってもないんですけど・・・。

 

僕は何考えてるかよくわからないと言われます。

僕はネガティブです。

僕は容姿がよくありません。あ、これは顔というよりはだらしなさとか姿勢のほうがマイナスポイントだと思います。

 

そう、もてたことないんですよ。女の子にちやほやされたことないんですよ!

僕は今まで女の子にベタベタされた経験ないんですよ!

 

それが逆に枷になってしまいました。すごい戸惑いました。

 

何か裏があるんじゃなかろうかと勘ぐったくらいです。何が狙いなんだと。これは僕の性格上疑ってしまうので仕方がないです。

 

それだけならまだいいんですけどね。その内慣れると思ったし、まあ可愛らしい・・・のかな?

 

顔は可愛いし!

 

でもさすがに何回か合っているうちに気づくわけです・・・。

 

あ、ちょっとおかしい子なのかな。

って。

 

やたら楽し気に話してくるわりに話す内容がけっこう暗いんですよね。

 

会社の上司に嫌なこと言われただとか、家族関係うまくいってないだとか、昔付き合ってた彼がしつこく連絡してくるだとか、家までつけられただとか。

 

そんな問題を会ったばかりの僕が解決できるわけもないし、会ったばかりの僕に人生相談もちかけられても困りますけど、そこは自称聞き上手の僕です。

うんうんと親身に聞いてあげてました。

 

いやすごいしゃべる子なんですよ。マシンガントーク?自分が話す暇がないというか・・・まあ僕は人の話を聞くのは嫌いじゃないのでそこにかぎっては相性いいかもしれませんね。

顔は可愛いし!

 

 

でも話は重い・・・暗いなあ、もちろん趣味の話もしますけど気が付くとネガティブな話題になっています。

 

決め手になったのはリストカットの跡を見せられた時ですね。

 

 

おかしい子からやばい子にシフトチェンジした瞬間です。

 

line内容を少し公開

どこが行きたいのか 

相手が白、自分が緑ですね。

line1

上高地!?え?泊りで行くつもり?まだ付き合ってもないのに?

それで考えててLINE返さなかったら次の日別の行先提示された・・・なんなんだよもう。泊りにならなくてよかったけども。

 

着信が

line2

めっちゃくるんですよね。

仕事中だっつの。なぜかけなおすまで待てないのか。あと電話で話すと1時間は切らしてくれません。大半愚痴です。

 

そしてついに・・・

line3

断ってしまいました。

もしかしたら、僕に何かしら助けてもらいたかったのかもしれませんけど・・・僕には荷が重すぎます。ごめんね。

 

この後返信なかったのでそのままです。

 

というか月一回旅行はないだろ!

仕事があるのにいつ行くの?土日でってこと?月一で!?嫌だよ!破産させる気かよ!

 

顔は可愛かったのになあ!

 

 終わりに

可愛いからって気を許したらだめですね。遊びに行くときは毎回割り勘、たまに僕が多めに払うくらいだったのでいわゆるサクラではなかったと思いますけど・・・まさかあんな闇が深そうな子だったとは知らなかったです。うん、ネガティブとネガティブが付き合ったらだめですよ。ネガティブオーラ半端ないですよ。あの子は楽しそうに暗い話しますけど。それもおかしい。

 

 

やはり婚活パーティに行くような子は変わった子が多いのでしょうか?いくら可愛くても。まあ普通に可愛い子はそんなとこ行かなくても出会いはありますよね。

僕なんて・・・僕だし!建築業だし!周り男ばっかだし!どこで出会えばいいんですか?

 

うーん婚活かあ。

次行くかはわかりません。ちょっと出会う子に不安があるというのもそうですが・・・一回一回普通に高いので・・・もしカップリングになれなかったらショック半端ないですよね。

完全にお金の無駄になります。

 

 

ここで分かったことは

婚活パーティ内での話時間5分ぽっちじゃ内面まではわからない!

というお話でした。