人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

24万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

肌の乾燥がひどい人の原因と対策方法

スポンサーリンク

女の人

うんうんわかりますよー。僕も乾燥肌なんで、冬のあかぎれなんてキツイですよね・・・。
何がきついってひどいときは人前にでるのも嫌になるくらいです。もう見せられないんですよね。
特に女性は肌がカサカサに荒れると、かゆみもさることながら化粧ものりが悪くなったり、刺激が強い化粧を使うとさらに悪化する恐れがあるためおしゃれも気軽にできません。エステに行ったりいろんなスキンケアを試したりしても一時は潤うかもしれませんが時間が経つと元に戻り、乾燥肌は簡単には治りません。
僕自身今は一つの病院でたまに保湿剤をもらうだけですが、一時期ひどくかぶれ、かゆく病院を転々としたとともあります。辛さはよく分かるつもりです。
一緒に解決していきましょう!

乾燥肌の原因と対策(スキンケア)

肌は乾燥すると肌の表面にある角質がめくれて皮膚の水分が蒸発しバリアー機能が低下します。ここはひとつひとつ原因を確認していきましょう。当てはまる人は対策してみてください!

強い紫外線

少ない紫外線であってもくり返し浴びてると肌の角質がダメージを受けて保湿する機能が失われ水分が奪われます。
そうなりますとバリア機能が低下し些細な刺激にも反応する敏感肌になり、紫外線が入ってきやすくなるので乾燥はさらに進行し、かゆみや炎症まで引き起こします。
紫外線に弱い人は帽子、日傘、サングラスは忘れずに。唇は特に刺激に弱く乾燥しやすいのでUVカット機能があるリップクリームをつけてください。

 

湿度が低い

湿度が低いほど水分は少なくなり、乾燥肌の症状が現れやすくなります。特に春は気温が高くポカポカしてますが湿度は低いです。湿度が低いままなのに、肌の温度が高くなると肌の周りの空気は乾燥して水分が奪われやすくなります。部屋で暖房をつけても同じことが起こります。お部屋の湿度を上げるよう心がけてみてください。湿度は40~60%が目安です。

 

刺激の強いスキンケア方法

一生懸命保湿剤やクリームやファンデーションを肌に塗りこむようにするとつい力が入って角質を傷つけてしまいます。
スキンケアを行うときはなるべく優しく肌に触れないくらいの気持ちでスキンケアしましょう。
洗顔するときも注意です!
・石鹸で直接ゴシゴシと洗う
・シャワーを直接顔に当てる
・顔を洗う時の温度が高い
これらも肌を傷つける恐れがあります。また洗顔の回数が多過ぎると汚れだけでなく角質まで洗い流してしまう危険性がありますので洗うときはぬるま湯でさーっと一回で洗い流しちゃいましょう!
タオルで顔をを拭くときもごしごしこすりつけるのではなく、押し当てるようにしてぬぐいましょう!
洗顔だけでも一つ一つの手順で顔を傷つけないように気をつけてください。

 

生活習慣

美容でよく聞く言葉といえば活性酸素です。息を吸うと少なからず活性酸素は発生します。もともと活性酸素は体内に侵入したウイルスや細菌を撃退する、酸化させるために必要なものです。
しかし活性酸素が増えすぎると健康な細胞まで酸化させてしまいます。鉄が酸化してさびるのと同じように、体内でも活性酸素によって酸化して体がさびて、しみやそばかす、老化の原因になり結果、肌が荒れてしまいます。
紫外線をあびると肌がカサカサになるというのも活性酸素が発生して肌が酸化しているからなんです!ですが活性酸素が発生する主な原因は生活習慣にあります。

 

どんなときに活性酸素が発生するか

・ストレス
・睡眠不足
・タバコ
・お酒
・激しい運動

共通して言えるのっは血液が収縮して血の流れが悪くなります。ストレスが原因でタバコの吸いすぎややけ酒するのも良くないです。
皮膚の細胞が一定のサイクルで新しい細胞に生まれ変わっていくことをターンオーバーと言いますが、このターンオーバーが最も活性化される時間が22時~2時の間だと言われているので、その時間には睡眠をとるように心がけてください。
血液が収縮すると活性酸素も発生、活性酸素が発生するとビタミンが消費されますので定期的にビタミンを摂取してできるだけ活性酸素をためないようにしましょう。バナナオススメです。十分な睡眠をとりバランスのとれた食生活を心掛けることが大事です。

 

加齢

年齢を重ねるごとに皮脂の分泌量が減りバリア機能が低下します。
しかし、しっかりケアをすることである程度防げます。
毎日お風呂上がりには保湿して、化粧品を選ぶ際はバリア機能を高めるものにしましょう。これだけである程度皮膚は守られるはずです。70歳超えてもお肌ピチピチの女優さんなんかいますけど毎日ケアしてるからなんですねー。

こういった対策をこまめに行うことが大切です。頑張りましょう!

 

肌荒れしない美容法

女性にとって肌荒れは天敵ですよね!美容液の中には化学物質や油分などが肌に刺激を与えて肌を悪くしてしまいます。
カサカサ肌を隠そうと保湿材を下地にして上から美容クリームやファンデーションを使い厚塗りをする人もいますが、より肌に負担が掛かり肌荒れを起こしてしまいます。

美容液を選ぶときは当然ながら保湿成分を配合したものを選ぶことです。保湿成分の中でもセラミドは肌のほとんどの水分を維持しているバリア機能なので肌の乾燥を防ぐためにはセラミド配合の保湿美容液を選んでください。 逆に刺激の高い美容液は控えましょう。アルコール成分の入っているものが特に刺激が強いです。

ミネラルファンデーションは化学物質が含まれていませんので敏感肌の人でも難なく使うことができます。ミネラルファンデーションは化粧下地からファンデーション、日焼け度目効果もあるので厚塗りする必要もなく、メイクする時間も短縮できます。また、炎症、殺菌作用もあるのでニキビがある人にも効果的です。

クレンジングは肌への刺激が少ないクリームタイプがオススメですよ。メイクもしっかり落とします!

 

蒸しタオル美容法

蒸しタオルで顔を温め血行促進させて血行が促進され、くすみやクマなどの改善になります。毛穴は温めると開きます。蒸しタオルの蒸気で毛穴を開いて詰まった汚れを落としやすくします。毛穴が開いた状態で化粧水を肌につけることで毛穴が引き締まり、汚れなどを入れさせません。蒸しタオルの温度は熱すぎないようにしましょう。少し温かい程度でOKです。

 

洗わない美容法

洗顔料は高い洗浄力によって角質をも落としてしまう可能性があり、乾燥肌の人はバリア機能を破壊してしまう恐れがあります。
外に出るときならまだしも土日など家にいる時間帯は一回も洗顔料を使わない生活を送ってみてはいかがでしょうか。
夜に洗顔していれば次の日の朝はそんなに汚れと言える汚れは顔につかないので、水だけです。水だけでも必要な油分が保護できて、素肌が潤います。

これら美容法は人によって合う合わないもあるので自分にあった洗顔方法を見つけて試してください。

 

まとめ

いろいろ紹介してきましたがコツコツと習慣ずけてやることが大事だと思います。まとめると食事バランスをしっかりすることと生活習慣の見直しですね。これらに気をつければ少なくとも外にでて人に見せれるくらいにはなります。あと部屋は暖房などで温めすぎると乾燥しカサカサになりかゆみの原因にもなります。加湿器を置いて部屋を乾燥させないようにしましょう!
一番大切なのはしっかり保湿をすることです。化粧水や保湿剤のつけすぎも肌に悪影響を与えるので注意ですが、適度な量で毎日保湿してあげてください。

きっといつの日か、乾燥のない毎日が待っています。