人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

25万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

職場、学校での嫌がらせが辛い!いじめの原因といじめられない方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

豚の置物

いじめ!ダメ!絶対!
ということで今回はいじめの対処法です。許せませんね。

僕も学生の時にいじめに遭った記憶があるので思い出したくはないです。
僕の場合はクラスに典型的ないじめっ子グループがいて一人にターゲットを絞ったらその的になった僕に対して、いきなり足を引っかけられたりわざと聞こえるように悪口言われたり、教室に戻ったら自分の席がなかったりと・・・リアルに「お前の席ねえから!!(ドラマ「ライフ」よりセリフ抜粋)」状態でした。まあよくあるいじめですね。その時は先生に直接言って、結構怖い感じの先生だったのでしかってもらい僕のいじめはなくなったんですが、またそのいじめっ子集団は別のクラスメイトをターゲットにしていじめ始めました。僕は知らんぷりをしてその子を助けなかったですし、いじめられた本人も僕よりも気が弱い子だったので先生に言うこともなくいじめられ続けました。もう僕はあいつらに関わりたくないという感じでその後は普通になんもなく学校を卒業しました。
他のクラスメイトもいじめられた子に対して同情もなかったですし、いじめ側にも回らなく、ほんとに関係ない、赤の他人が行っているいざこざだという感じで傍観していましたね。まるで路上ライブがやってるとこに群がってくる野次馬です。 興味ないのに、関心ないのに見るんじゃねーよみたいな。子供って冷たいですね。

うわっなんだか暗い話になってきましたね。すいません僕の過去なんて興味ないですよねー切り替えて明るくいきましょー!

はい、さてさて!

おそらくいじめというのはは学生間で起こることが多いですが、それは子供に限ったことではありません。大人になってもいじめは起こります。大人になってまでいじめをするなという話ですが。
会社でいじめなんか合った日にはストレスで仕事もろくに手がつけられません。下手したらノイローゼになりますよ!
上司がするならパワハラというのも考えられますね。権力の力を駆使して嫌がらせをするなんてとんでもなですね!どうせならここら辺もまとめてお話ししましょうか。

対処法というか解決法と言った方がしっくりきますね。どうやったらいじめに遭わないかいじめになる原因はなんなのか。まずはそこからお話しします。

いじめられる原因

いじめられてた立場から言わせて貰うといじめられるほうも悪いとかよう言いませんが、たぶんいじめる側はこうだから、ここが気にくわないからいじめてくるのではないかというのを羅列します。

 

ネガティブな人

はいすいません僕です! つねにダメな方ダメな方に考えてしまう・・・これはもうダメですね! ネガティブ発言ばっかしていたら聞いているほうはいい気がしませんよね。ネガティブなことを思うだけでも表情が暗くなってしまいますし一人だけ孤立しがちになってしまいます。 そういうところにつけ込まれていじめが発生してしまうんでしょうねえ。

 

周りよりも能力が欠けている人

はいまた僕です! 出来ない人ですね。特に子供というのは勉強、運動神経、協調性、トーク力、周りよりも劣っていると相手を下に見て「こいつといるとつまらない」「こいつといるとバカになる」とかで仲間はずれにされます。例えばよくある話でサッカーやドッチボールなどチーム戦などでは「お前がいると負けるからチームにいれてやんない」とかね。子供は残酷ですね。
何をやっても失敗ばかりする人とかミスが多い人もやはり能力が欠けていると蔑まれて偏見の目で見られることもあります。
才能ないからその場にいちゃいけないのかと、なんでいじめられなければいけないのかと思いますけどね。

 

考え方が周りとずれている人

簡単に言えば空気の読めない人ですね。的外れな発言ばかりしていたり、みんなが笑っているときに笑えなかったりする人は空気を悪くしてしまうことがあるのでやはり仲間はずれにされてしまいますね。
あとは自分はそんなつもりないのに誤解されるようなこと言ったりするのも原因かもしれません。周りのことを気にしていないというか、自己中心的なタイプです。
そういう人はいじめられていることに対してもさして問題でなかったり、むしろ気づいていないことさえあるのですごくお気楽なタイプです。 言っていいのかわかりませんが羨ましいかぎりです。

 

おどおどしている人

いつも何かから逃げてるようなつねにビクビクしている人はいじめの対象になりやすいですね。心があまり強くないので言い返せませんし先生や上司に報告することもできません。 かっこうのカモになってしまいます。

 

容姿

見た目でいじめるなんて最低もいいとこです。 太っているだとかだとか痩せているだとか顔がどうとかはげだとかめがねだとか・・・もうほっとけよ!!ってそう思いません?皮膚病などの病気や障害者の人なんかも見た目がひどいとかでいじめの対象になることがあります。
コンプレックスは誰だって抱え込んでいるんです。みんな自分のことはわかっているんです。もしかしたら改善しようと努力しているのかもしれません。太っている人はダイエットに励んでいるかもしれません。そんな中で見た目から悪口みたいなあだ名で呼ばれたり嫌がらせを受けたりしたら苦労を踏みにじられた気分になってモチベーションも上がりません。気の強い人なら痩せてあいつらを見返してやる!って意気込むのかもしれませんが。 それにしてもひどい話ですよねー。

 

どうでしたか?当てはまっていましたでしょうか?これらは別に改善はする必要はないと思います。
・・・失礼、言い換えるといじめられたからって自分の悪いところを治す必要ないです!自分がもしダメな部分があると思っていて治さなければいけないと思っているのなら少しずつ治していけばいいんです。
いじめられないために自分のダメなところを治すなんておかしいです。なぜなら自分は何も悪いことしてないからです。少なくとも自分では悪いと認識していないのですから。
まあこれは僕のプライドというか・・・いじめっ子に対する少しの抵抗というか・・・独り言のようなものなのであまり気にしないでください。

 

いじめの種類と対策

ここからはいじめの種類です。被害者の人には嫌なこと思い出させて少し辛いと思いますので目をつぶっていて大丈夫です。

 

暴力

たたく、殴る、蹴る、足を引っかける、刃物で脅すなどもここに含まれます。喧嘩と違うのは一方的に暴力を振るわれることですね。
一番許されないいじめだと思います。手をだすのはダメですね。
肉体的ダメージ・・・ひどいと障害が残ります。責任とれるんですかね。

 

対策:大声で助けを呼ぶ

とにかく逃げて誰かに助けて貰う。これです。暴力をいじめに使う人は大抵気が強く少しのことでいらっとするような短気な人が多いので、もしやり返そうもんならさらに暴力がエスカレートする可能性大です。火に油を注ぐようなものです。

 

悪口、陰口

言葉の暴力です。
相手の見た目についてデブ、ブスなどコンプレックスに突き刺さるような言葉で攻めてくる場合が多いです。陰口は本人がいないところで言われてそれがたまたま耳に入る場合と、技と聞こえるように言う場合があります。
他には脅迫や話し方を真似する、悪い噂を流すなど。
暴力は肉体的ダメージが大きいですがこちらは精神的ダメージが大きいです。暴力と悪口のコンボはもはや犯罪レベルです。

対策:悪口を受け入れる

悪口を言われたとしても気にしないと言う風にしてください。へらへら笑ってそれがどうしたの?という感じで。悪意のある名前で呼ばれたとしても何食わぬ顔で「はーい、どうしたの?」と普通に接しましょう。
いじめる側はだんだん飽きてきて悪口を言わなくなります。
もしそれで怒って暴力に発展するようなら誰かに相談しましょう。

 

パシリ

わかりやすいものでいじめ対象の人のお金で物を買ってこさせる、または盗みを強要する、無理矢理罰ゲーム的なことをやらされるなど。
いじめが目的と言うよりもそれによって得られるメリット(お金や物)が目的とした場合があります。
パシリさせられた側はとても屈辱的な気持ちになります。内心怒りますよ。

 

対策:断り続ける

パシリはいじめる相手がいなければできません。なので「今日は予定があるから」と何かしら理由つけて断りましょう。「何で出来ないんだ」と言われてもいやだいやだの一点張りです。
その内諦めるか、いじめの対象を別の人に移します。

 

物を介するいじめ

教科書などの私物を隠す、悪口を落書きする、服を破くなど物に関係するいじめですね。
あ、僕が幼稚園の時隣の席のしゅうじ君にはさみで幼稚園の制服を切られたのを思い出しました。その後いろいろあって、しゅうじ君は親と一緒に誤りに家に来たのをうっすら覚えてます。しゅうじ君は殴られた後みたいなのがありました。 まあそうなりますよ!
物が破損していた場合は確実に弁償です。

 

対策:やり返す

倍返しだ!ということでやられたことと同じことを相手にもしましょう。相手にも同じ気持ちをあじわせるのです。
どっかの漫画で憎しみは憎しみを生むだけとか言っていましたのでほんとはあまりやってはいけないのですが、相手もいじめられた側の気持ちがわかれば自分のしたことがどんなに愚かな行為だったか恥じるはずです。
教科書を隠すくらいなら犯人が特定されにくいのもGOODですね。

 

無視する

話しかけても聞こえてないふりされたり初めから存在していないかのように無視されます。集団で一人の人間に対して行われることが多いです。
これは直接危害を受けているわけではないのでいじめとは気づきにくいですし、周りが全員敵となれば被害報告も対処もしにくいです。
弱い物を集団で追いやるというのは動物の習性なんですかねえ。
精神的にかなり深い傷を負います。

 

対策:逆に話しかける

無視されるということは自分の存在を否定されるということなので、逆に自分の存在をアピールしましょう。自分はここにいるんだと!
大声で笑顔で毎日挨拶を繰り返したり、相手がもう無視できないような状況になるまで話しかけてください。
どこかで必ず折れるはずです。
そこから新たないじめが発生するなら別の対処法も考えないといけませんけど・・・。人間関係って難しいですね。

 

セクハラ

性的ないじめです。 いやらしい目で見たり性的な発言、服を脱がす、ストーカー行為、学生のうちならまだ冗談で済まされることもあるでしょうが社会人になったら確実に犯罪ですよ。
しかし学生といえどやられたほうはたまったもんじゃありません。ずっと心に残るトラウマになる可能性だってあります。
どこまでがセクハラなのかは疑問に残りますが。例えば30過ぎの独身女性に対して「結婚しないの?」と言われるだけでセクハラと認識される場合があると聞いたことがあります。
まあ本人がセクハラだと思えばセクハラなんでしょうけど。
僕は男なのでセクハラされたことないのでわかりませんが・・・まあ男だからセクハラされないとは限りませんけどね。

 

対策:強気に怒る

「やめてよ~」とか冗談っぽく言うと相手は調子に乗ってまた繰り返すだけなので、本気で怒鳴りましょう。それにくわえて「気持ち悪い!」などの暴言も付け加えましょう。
意外にびびってセクハラしてこなくなりますよ。
もしそれでもセクハラがエスカレートするなら上の人物に報告するか、警察に被害届けだしましょう。

 

ネットでのいじめ

今はやりのLINE、その他SNS、ネットでの書き込みでいろんな人が個人に対して悪口を書き込んだりします。
また、一方的にいじめのメールが送られてくることも該当します。誰が送っているのかわからないので人間不信に陥り不登校などのケースになることがあります。
社会的にも問題になっており、主犯が見つけにくいのが現状です。学校、会社だけでなく放っておくと世界中に拡散されて広がっていきます。
ネットって怖いですね。

 

対策:掲示板などの書き込んだ人をブロックする

内容を除去して書き込ませないようにするんですね。しかし自分でやっただけでは除去しきれないので、掲示板などの管理人やブロバイダに報告して除去して貰いましょう。
LINEであればブロックするとか・・・今のところこれくらいしか対処方法はありません。
それでも別の掲示板やIDで嫌がらせを受けるようなら警察に被害届をだしましょう。

 

パワハラ

上司が権力を駆使して暴力、または嫌がらせをする社会人特有のいじめです。
・一人でできるわけもない大量の仕事を押しつけられる。
・些細なミスなのにみんなの前で大声で叱られる。
他、急に殴られたり、無視、セクハラなども上司が相手では反抗ができません。それが狙いなんです。
それでは仕事に対するやる気もなくなろうというものです。上司の風上にも置けないですよね。

 

対策:上に報告

一番手っ取り早い方法です。どこで何をされたかをきちんと報告してください。
社長からすればうちの会社にそんなことをする人間がいるなんてとんでもないです。厳重注意か、下手すれば解雇にもさせられるかもしれません。
もしも社長自身がパワハラの原因だった場合は、もういっそのことそんな会社は辞めた方がいいと思います。
パワハラを止めなければ訴えます」「会社を辞めます」と言うのもパワハラを止めさせる常套手段だと思いますが。

 

まとめ

少し長くなってしまいましたがお付き合いいただきありがとうございます。
いじめ問題の話でした。
いじめる側は太っているや顔が悪いなどコンプレックスをついてくる場合とイケメンや美人などの嫉妬によっていじめるパターンがあります。どちらにも共通することは相手より優位に立ちたいと言うことです。なので相手を優位に立たせない、優越感に浸らせないことを目標としてください。
自分のことを悪く言われても自分は関係ないフリをするんです。何も気にしない、冷静に過ごして冷静に対処すればもう自分に対していじめは起こらなくなるはずです。
いじめは理由が何であれいじめるほうが悪いに決まっています。許されないことです。

この記事が少しでもいじめをなくすきっかけになれば幸いです。
 
いじられる人の対処法。 www.iwako-light.com