人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

24万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

最近寒い人のための、心と身体を温める食べ物

スポンサーリンク

スポンサーリンク

身体を温める食べ物

辛いですよね。わかりますよ、わかりますとも。僕も暑いより寒い方が苦手です。あ、いややっぱ暑いのも苦手かな。
特に乾燥肌の人は肌がカサカサしますしあかぎれとかひどいですよね。僕も毎日ワセリン塗らないととんでもないことに・・・。
あと冷えると腹痛や頭痛に悩まされることもしばしば、寒くていいことはありませんよね。

そんな寒い日には服を何枚も重ね着したり温かいコーヒーを飲んだりと、皆さんはある程度防寒はしていると思います。
それでも寒いものは寒いですよね。いくら防寒装備してても露出している肌には冷たい風が当たるし、机で作業しているときは、暖房が上半身だけあたって足下が冷たいってことよくありますよね。

だから心の芯から暖かくなりたい!心が!心が冷てえんだよ!って人は見ていってくださいませ。

心と身体が温まる食べ物

ダウンなどを着て外側から暖めるだけでは完全防寒とは言えません。どうせなら体の内側から暖めましょう!そのために食事は必要です。
寒くなれば温かい飲み物を飲みますよね。それ自体が温かい飲み物なので飲むと温かくなったと感じてしまいますが問題はその後!飲み物によっては体を冷やしてしまうこともあるのですよ。
ですから温かい食べ物、飲み物ではなく、ほんとに身体を暖めてくれる食べ物というのを紹介いたします。

 

体を温めるスパイス達

スパイスを料理に入れると体がポカポカするとよく聞きますよね。これはピリッとという感覚が血行促進作用を引き起こして血液の流れを良くするのです。だから熱くなくても食べればポカポカした感覚が持続するんですねー。
生姜、ネギ、唐辛子がこの代表例ですね。

 

色が濃い食べ物は体が暖まる!?

色が濃い食べ物、飲み物の方が体が暖まると言われています。逆に色が薄い食べ物は体が冷えてしまうんですね。
例えば白ごまは体を冷やすけど黒ごまは体を温める、白ワインは体を冷やすけど赤ワインは身体を温めるなど皆さん知ってました?僕は調べて初めて知ったんですよね。すげーって。
あと、野菜は体が冷えるというイメージがありますけどこれも分別できて、みずみずしい野菜は全体的に体が冷える傾向にあります。
きゅうり、レタス、トマトなど。
地中で育つ野菜は固く、色が濃いものが多いので体を温める作用があります。
にんじん、だいこん、ごぼうなど。

 

体を温める運動

冷え性の原因の一つに血行不足があります。手や足まで十分に血流がいきわたってないとその部分が冷たく感じてしまいます。なので運動をすることで血流を良くしましょう!
激しく体を動かせばそれだけで汗をかき体が温かくなりますよね。しかし仕事がデスクワークとかだとなかなか動かす機会がありません。家に居るときでも意識しない限りはストレッチとかやる気も起きなかったりしますよね。
でしたらせめて体をひねってみるとか伸びをする、特に足が一番冷えやすいので足を定期的に動かしたり、足首を回してあげてください。それだけで血行を促進し、熱を生み出し、結果体が温かくなります。
スクワットはその場でお手軽にできてオススメです。

 

まとめ

冷えるような体にならないようにつねに意識しておくことが一番の対策かもしれませんね。
血管が収縮すると血行が悪くなるので、冷え性へとつながります。
つまり運動不足やストレスによって血液の流れが悪くなるのでできるだけ改善していくようにしましょう!

子供は風の子と言いますがストレスも感じにくいし体を動かすのが好きなので、寒い日でもあんなに元気よく走り回れるのでしょうねえ。

僕たちは子供の心を取り戻す必要があるのかも・・・しれません(遠い目)