人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

自分が進む道は自分でつくらなきゃいけません。それが人生の物語です。人生に迷わないように生活での悩み、恋愛の悩み、会社での悩み、辛いことなどなど!そんな悩みを解決へ導き、趣味などに打ち込んで心を照らしましょう!人生の物語を自分自身で作っていくのです。そんなブログです。

お話-新月ルナのなくした三日月ペンダントとキラキラ星に願いを込めて-

満ちかけたなくしもの

お月さまに 新月ルナという 女の子が 住んでいました

ルナは 人間の願い事を叶えることが お仕事です

新月のよるに 流れ星にのって願い事がやってくるのです

ある日 ルナが大事にしていたの三日月ペンダントが なくなっているのに気がつきました

ペンダントがなければ 願いごとが叶えられません

こうゆうときには お友達の もの知りほしたろうに聞くのが一番です

「それならサンタクロースのおじさんの家にあったよ」

ほしたろうは 教えてくれました

ルナは サンタクロースをたずねました

「あ あの形は間違いない!」

よく見るとそこには 大きな木に 大きな三日月が ぶらさがっていました

ルナの三日月は こんなに大きくありません

ルナの三日月ではありませんでした

「お困りかな?」

サンタクロースに 訳を話しました

「それなら おりひめちゃんが もってたぞい」

サンタクロースは 教えてくれました

ルナは おりひめをたずねました

「あ あの大きさはま違いない!」

よくみるとそれはクッキーでした お月様や お星様の形をしたクッキーが たくさんありました

ルナの三日月はこんなにおいしそうな匂いはしません

「おひとついかが?」

おりひめに訳をはなしました

「それならこうのとりさんが運んでいたわよ」

おりひめは教えてくれました

ルナは こうのとりを見つけました

「あ あれこそ ま違いない!」

それはま違いなく三日月のペンダントだったのですが なんと半分に割れていました

あれれれ?

「これはわたしが見つけたものだよ きれいだったからもって帰るのさ」

こうのとりに訳をはなしました

「君のだったんだね でももう半分はしらないよ」

ルナは われてしまった三日月のペンダントを見て悲しくなって 泣いてしましました

「えーん えーん うわーん」

どうしましょう どうしましょう もう願いが叶えられないかもしれません 半分しか三日月がないのですから

「ごめんなさ~い!実はおとして割ってしまって隠してたの~」

と そこにあらわれたのは ほしたろうです その手にはもう半分の三日月が にぎられていました

「えーん えーん」

ルナは泣きやみません

ほしたろうくんは 大空に向かってさけびました

「流れ星さ~ん!」

ほしたろうが呼ぶと あたりいちめん流れ星が たくさん流れました

ほしたろうは 流れ星さんをたくさんあつめていたのです

ほしたろうがねがいごと3回をいいます

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

サンタクロースがねがいごと3回をいいます

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

おりひめがねがいごと3回をいいます

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

こうのとりさんがねがいごと3回をいいます

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

「三日月のペンダントが元に戻りますように」

きらきらぴかり

すると 割れたはずの三日月のペンダントが あっというまに元に戻りました

みんなの願い事が 叶いました

「割ってしまってごめんなさい」

ほしたろうは うまくいってよかったと一安心 三日月のペンダントを ルナに渡しました

ルナはペンダントを握りしめると ほっとして 笑顔になりました

「直してくれてありがとう」

ルナはお礼をいいました

お月様が いつもより きれいに輝いた気がします

人間達は今夜 いつも以上にきれいなお月見が できることでしょう

月に乗ってる女の子と星のイラスト

 

 

 

 

余談-登場人物について-

ストーリーについては思いついたことをすらすら書いただけなので割愛します。
登場人物はまず主人公!名字書いた意味あんまなかった!新月ルナですが、ルナはラテン語で月という意味です。
あとは願いに関係する人物を出しました。プレゼントを運ぶサンタクロース、七夕のおりひめ、赤ちゃんをどこからともなく運んでくるこうのとり、そして流れ星のほしですね。ほんとはひこぼしやかぐや姫も登場させたかったんですがあんま登場人物多いとこのストーリーぐだぐだになりそうですし・・・というか大人数でお話を進行させていく力は僕にはありませ-ん!もっと書く能力つけたいでーす。
以上!

スポンサーリンク