人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

自分が進む道は自分でつくらなきゃいけません。それが人生の物語です。人生に迷わないように生活での悩み、恋愛の悩み、会社での悩み、辛いことなどなど!そんな悩みを解決へ導き、趣味などに打ち込んで心を照らしましょう!人生の物語を自分自身で作っていくのです。そんなブログです。

オタクのファッションは気持ち悪いとか先入観を持つのはよくない話

無気力日誌 無気力日誌-雑記

先入観を捨てる

iwakoです。

ほんとは昨日記事できてたんだけど

 

寝落ちしちゃった(・ω<)」

 

そして今日は夜会社の飲み会なので、会社のパソコンからこっそり

 

投稿しちゃった(・ω<)」

 

というわけで少しまじめな話

 

僕は漫画が好きです。アニメも好きです。でも録画するほどではなくてグッズには全く興味ありません。オタクですかと聞かれたら迷うとこですけど・・・にわかになるのかな?

こないだ知り合いと話していたときの話、

 

「こないだ大須にオタクみたいなやつがいてさ~」

 

!?

 

オ タ ク み た い な や つ

 

はい?

 

何それ!まるでオタクが自分とはまるで違う生き物みたいな!迫害を受けているみたいな。

 

お前は何様だよと言いたい。

たしかにオタクと言う言葉自体、蔑称?みたいなとこはあるけどそんな言い方ないんじゃないかと思ったわけですね。

 

わかんないじゃないか!実はスポーツ選手で趣味はサーフィン、美人の奥さんがいるかもしれないだろ!

 

わかんないじゃないか!

 

見た目で判断するのはよくない、いろんな先入観をぶった切るよ(ぶった切れてない)

イメージってありますよねイメージって。

オタクはファッションが気持ち悪い

何でですか?たしかにオタクはチェックのシャツで服がダボダボ、ファションに気をつかってないイメージはありますがなぜそんなイメージが一般的に広まったのか不思議でしょうがないです。

 

全員が全員そんなじゃありません。

 

ッ!チェックのシャツかわいいじゃないか!!

 

バンドマンはチャラい

これは女遊びしてるイメージですか・・・。

わからないですよ。

ライブの後の打ち上げでお酒ガバガバ飲みたいだけかもしれません。

ただ単にステージ上で目立ちたいだけかもしれません。

紳士的なバンドマンもいてもいいじゃないですか!

 

建築業はチンピラ

たしかに現場だと大声で監督が怒鳴り散らしているイメージもありますけど、または肉体労働のイメージからかな?

んなあこたあない!

みんな厳しい上下関係の元、汗水垂らして働いているんです。その辺の不良より大人でしっかりしてる人も多いですよ。

 

建築業で働いている僕が言うので間違いないです。僕みたいな根暗なひょろがりもいるんですから!

 

工場勤務は低学歴

おいおいおい-!

偏見も度が過ぎますよー。もの作り好きで工場に自ら志願した可能性は考えないのですか?

・・・あるかな?

高学歴の人でも楽そうだからという理由で入ることもあるかもしれません。

まあ・・・楽そうというのも偏見なんですけどね。

 

デブはプライドが高い

太ってる人は体型や声が大きいことにコンプレックスを抱いている人もいるのでそんなことはないですよ。

 

僕はデブ嫌いじゃないです。だってデブが食べてる食べ物は美味しそうに見えるから!

あと、あれ、お腹触りたい。

 

はげは不潔

いや清潔にしてると思いますよ。主に頭皮に、むしろ頭皮は。

 

竹中直人さんかっこいいでしょうが!

 

ホームレスは小汚い

路上生活者という時点で汚いおっさんを想像しがちですが、そんなの過去の産物です。

段ボールで雨風しのいでいるとか・・・考えただけで凍死するわ!

 

最近のホームレスは身だしなみもしっかりしていてテントや小屋でアンテナ張って冷暖房完備の家もありますよ。

楽しそう。

 

美人は性格が悪い

やばい美人からの強襲が怖い。

 

きっと精悍な顔つきほどまじめな印象を与えてしまって怒ってると勘違いされるのではないでしょうか。また、美人の人は自分に自信があってお高くとまってるイメージからか。

 

性格を見た目で判断するのはよくないね!

 

不細工はもてない

うわっ!でた!

見た目で判断する典型的なパターンね!

 

そんな人の良し悪しは顔だけで決まるもんじゃないですよ。

優しさ、誠実さ、お金とかいろんな要素を考慮してもらわないと。

 

眼鏡は本体

衝撃で眼鏡にひびが入る、困ると眼鏡がずれる、眼鏡が外れると死ぬ。

 

そんなわけあるか!

 

お父さんは足が臭い

気のせいです。

 

街ですれ違う人々は自分のことを笑っている

 気のせいです!

 

ブロガーは引きこもり

え?本当?

 

誰だ言ったやつでてこい全国のブロガーさんに謝れ、いや、ちょっと・・・僕じゃないです。えっ待ってほんと勘弁してくださいよ。ちょっ服・・・。

服伸びちゃうから止めてください!

 

まとめのようなもの

偏見や先入観はいけないと思うんですよね。

 

仕事でも

「お前だからできない」

「この前はできたからまたできるだろう」

 

他にも

「金髪は言葉遣いが悪い」

「このタイトルの本はきっと中身もつまらない」

 

などなどまだたくさんありますが

きっとそういう人は物事を一面でしか判断しない人なんだと思います。

実際その人に会ったんですか?話したんですか?一緒に暮らしたんですか?

内面を知らないのに外側だけで、あれはだめこれはだめと公言するのはいかがなものかと。

 

思い込みですよね。

原因は周りの影響が強いと思います。

周りが偶然同じようなこと起こるからそうだと思い込んだり、もしくは漫画やドラマに影響されることもあるかもしれません。

 

いや!ありますけどね!僕だって見た目で判断することも。

「あの女の子はスウェットで生活してそう!だがそれがいい」←生活感なんてストーカー以外分からない。

「この人は怖そう!不良だ逃げろー」←ほんとは雨の日にミカン箱に入った子犬を助けるくらいの優しさを持ち合わせているのかも。

 

あれこれ決めつけて距離を置いてしまうことは誰にだってあると思います。

 

しかし自分の信じきったことが100%正しいことだとは限りません。

 

人間ってのは不思議なもので自分の都合のいい先入観をもつ「癖」みたいなものがあります。

自分が正しい、他は正しくない決めつけてしまって判断を誤ることや後悔することもあります。

 

だから僕が言いたいのは、後ろ向きな発言かもしれませんが、

 

もう少し自分を疑って生きるべきではないのでしょうか!

 

というお話でした。

 

これ以上話を膨らませられなので以上!

スポンサーリンク