人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

25万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

本当は怖いピノキオの原作!クズしかいない童話のあらずじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピノキオとキノピオをたまに間違えるiwakoです。

キノピオはマリオにでてくるキノコの人です。

 

本当は怖い童話をいろいろ書いてきましたがもうネタはないだろ、もう書き尽くしただろと思っていたのですがこいつがいましたキノピノキオです。

 

正確にはピノキオではなくイタリア語でピノッキオと言うらしいですね。

まったく日本人はピッツァをピザと言ったりカッフェをカフェと言ったり、なんでもかんでも略しやがってイタリアに喧嘩売ってますね。

 

皆さんピノキオの話は知っていますか?

簡単に説明すると、おじいさんに作られたピノキオは悪戯好きでしたが、なんやかんやあって改心して、最終的には人間になってしまうという感動的なお話です。

ディズニー映画でやったやつがこれですね。

 

しかし、最初はイタリアのこども新聞で連載をされていたらしいですが、最初期の話では残酷な描写が多々あります。簡単にあらすじを書いていきましょう。

 

本当は怖いカルロ・コッローディ原作、ピノッキオの冒険

ある日、ジュペット爺さんは、友達の大工から喋る丸太を奪い取ります。

「これで金儲けできるぞ」

ジュペット爺さんは貧しかったので金儲けをするためにピノキオを作ったのでした。

 

目玉を作るとギョロギョロ動きました。 

その行動にジュペット爺さんは「このくされ目玉め!なんでじろじろ見るんだ!」と悪態をつきました。

 

手ができるとジュペット爺さんのカツラをとってしまいました。

ジュペット爺さんは怒りつつもなんとかピノキオを完成させましたが、ピノキオは一目散に逃げてしまったのです。

 

ジュペット爺さんはそれを追いかけ、やっとこさ捕まえたピノキオですけど必死に抵抗するので、周りから子供を虐待しているんだと思われ、警察に捕まって牢屋に入れられてしまいました。

 

一人家に帰ったピノキオの元にコオロギがやってきました。

コオロギは悪戯好きなピノキオに説教しました。

説教にうんざりしたピノキオは、木槌を投げてコオロギを殺してしまいました。

 

戻ってきたジュペット爺さんの優しさに触れ、ピノキオは改心しようと決意します。

 

ある日ピノキオが知り合いから金貨を貰いました。

一部始終を見ていた猫とキツネ、「その金貨を何倍にもすることができるうまい話がある」とピノキオをそそのかしました。

 

そして暗い森へ誘われたピノキオ、「金貨を出せ」とナイフを突きつけられ猫とキツネに脅されました。

 

そして、そして

 

ピノキオは木に吊され、殺されてしまいましたとさ。

 

f:id:iwatako:20170709191407j:plain

iwako作イラスト

 

批判殺到!!続編制作へ!

これで終わり!?って感じですよね。

クズしかいねえ!

丸太を大工から奪い取り金儲けを考えたじじいもクズ!

コオロギを殺したピノキオもクズ!

金貨を騙し取った猫とキツネもクズ!

 

ここまでが最初の話なんですが、

タイトルが『ピノッキオの冒険 』なのに全然冒険してねえ!とか、

ちょっと説教しただけなのにコオロギを殺してしまうとかどんだけ短気なんだよ!とか、

人形なのに死ぬのか・・・とか、

ツッコみたいところはいろいろありますけど、一番気になったことを言いましょうか。

 

あれ?鼻伸びないの??

 

ピノキオと言えば嘘をついたら鼻が伸びるで有名ですけど・・・というかそれだけしか知らない人もいるはずです。

そうなんです、初めの話では嘘をついたら鼻が伸びるという設定はなかったんですねえ。

鼻が伸びないピノキオなんて・・・それはピノキオなのか?という感じではありますけれど。

 

ですがイタリアのこども新聞で掲載された当初、余りの残酷さにものすごい批判があったそうです。そりゃそうですよね。

それから死んだはずのピノキオは実は妖精に助けられて、妖精の質問に嘘で答えるたびに鼻が伸びていきます・・・みたいな話で続編が制作されました。

最終的にいい子になったピノキオは妖精の力で人間になるというハッピーエンドです。

 

その続編と最初の話を合わせたのが僕たちの知っているピノキオの話の原型ですね。現在ではコオロギを殺していなかったり、ジュペット爺さんがキレやすい性格ではなかったりと細かな変更点はありますが。

 

まとめのようなもの

ピノキオは親の言うことを聞かない子のため、騙されないための教訓でもあるとされていますが、最初の話だけ見ると騙された結果殺されることになるとはバイオレンス過ぎますね。子供達もトラウマですよ。

 

昔の童話はどれも残虐性の高いものや性の表現など刺激的なものが多いですね。

子供向けとは一体・・・?と言いたくなるような作品ばかりです。

それが時代と共に変化してきました。ピノキオも作品自体は丸くなりました。

それでもピノキオ自体の性格の悪さは変わらないから感情移入はできないんですけどね!

みんなも嘘はつかないようにしよう!

www.iwako-light.com

 

 

その他本当に怖いシリーズ

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com