人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

25万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

月に兎がいる由来!十五夜(お月見)の意味と楽しみ方

スポンサーリンク

スポンサーリンク

僕はお月見なんて多分一度もしたことないんじゃないですかね。うん一度も。

わざわざ外出てお団子食べながら月見てって・・・さすがに寒いよ?

いくら夏が終わった時期とはいえ夜はね。

 

お月見はしないけどたまに外歩いてるときまん丸なお月様がでてるとつい見てしまうわけですけど・・・そのたびに思います。

 

うさぎに見えるかなあ。

f:id:iwatako:20160915222131j:plain

 う~ん。

 

f:id:iwatako:20160915222341j:plain

あれ?

 

 

下を向いたアンパンマンに見えた僕は異端ですか?

 

僕だけ?

 

今日はそんな謎に迫ります。

 

月兎の伝説

実は月に兎が住むとか言われてるのは『そう見える』からではないんですね。元はインドから伝わる仏教説話で、それが日本に飛来して今昔物語集などにも収録されています。

 

-ざっくりとした月兎のお話-

あるところに兎と狐と猿がいました。

3匹は今にも力尽きそうなおじいちゃんに出会いました。

3匹はどうにかして老人を助けようと考えました。

手分けして食料を探すのだと意気込み、3匹は散らばりました。

そして猿は木の実や果実、猿は魚を捕ってきたのにもかかわらず、兎だけは残念なことに何も持ってくることはできませんでした。

兎はようしそれならば自分を食べてもらおうと自ら火の中に飛び込みました。

そんな兎を見た老人はなんと帝釈天だったのです。正体を現した帝釈天は兎の心意気に感動し、兎の姿を後世にに伝えるために月の中に兎の姿を残しました。

 

以上です。ちなみに帝釈天とは仏教の神様ですね。

帝釈天のせいで兎は死んだんだからもう少し帝釈天には反省して頂きたいですね全く。

ちょっと悲しいお話でした。兎好きなのに。

 

十五夜について

さて十五夜の話。

十五夜とか言いますよね。これは月の満ち欠けが満月になるまでの期間が15日だからなんですね。

 

名前の話

十五夜は別名『お月見』や『中秋の名月』とも言われています。中秋の名月ってなんかかっこいいですね!お酒の名前みたい。

また、団子の他に里芋もお供えすることから『芋名月』とも言われてます。ますますお酒の名前みたい。

 

収穫を感謝する日

作物が月の満ち欠けと共に成長することから収穫祭として収穫を感謝する日でもあります。

 

お月見泥棒

この十五夜に限り子供達は団子を盗んでいいというイベントです。

 

子供達は月の死者と考えられていたと言われ、子供に団子を取られることは縁起がいいなどの言い伝えがあるためこのようなイベントがあります。

 

現在では

「お団子くださ~い」みたいなことを言いながら各家を回って団子をもらったりするのが風習みたいですね。

日本版ハロウィン?って感じですかね。

 

お供え物はなぜススキと団子なのか

お月見は収穫感謝祭なので収穫したお米から団子が作れるということで団子お供えしています。団子を月に見立てているという理由もありますね。

また十五夜にちなんで団子は15個とするのが基本です。

地域によっては収穫した芋などの野菜をお供えしたりしますね。

 

ススキは単純に稲穂の代わりです。本物の稲穂をお供えすることもあります。

 

お月見の楽しみ方

お月見を楽しめない人というのは楽しむという意識をしていないからかも知れませんね。

 

形から入ろう

団子は手作り!米粉からね。こねて伸ばして叩いて切って15個作りましょうか。あ、あんこ入れてね。

そして三方の上乗せましょ。三方ってあれ・・・木のよくイメージする月見団子が山で乗せてる台ね。

 

そしてそれを月の見えてる縁側に置きましょう。おっとぉこれだけで月とセットでお月見感でてる。

 

だがこれだけじゃ収まりません!季節は秋!秋の七草をススキと一緒に花瓶に入れて置きましょう。お団子の左側です。

 

さらにさらにぃ!里芋などの収穫もの、秋の果物を大皿にそえてお団子と花瓶の間にセッティングしましょう。これで完成です。

 

いざ月見の宴へ

雰囲気でたところで月を眺めながらの食事や晩酌はいつもの日常とはかけ離れたセンチメンタルな気分へ誘ってくれるはずです。

部屋の明かりをけせば光は月の光だけになります。

そうなればさらにムード満点。女の子と2人きりならもう・・・もう!

 

そんなムードの中、周りから虫の音が聞こえてきます。リンリンリンとスズムシやコオロギ達の歌声はすさんだ心を浄化してくれますよ。

ただムード的にはちょっといらないね。うるさい。

 

ね。ちょっと手をくわれるだけでお月見っぽく見えますよ。お月見っぽい。

・・・お月見っぽいって何ですか?

 

まあとにかくそう考えれば十五夜、もといお月見が近づいてくるのが楽しみになりませんか?

余談ですが平安時代の人は水面に映る月を見るのを楽しんでいたそうです。そっちのほうがロマンチックゥ!

 

まとめ

まとめというか・・・マジな話なんですけど月に兎がいる由来を記事にしようと思った今日が十五夜の日だった!ほんとに!びっくりした!

だから急遽お月見についても付け足しました。

月が美しく見えるスポットを探すのも楽しいかも知れませんね。