人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

自分が進む道は自分でつくらなきゃいけません。それが人生の物語です。人生に迷わないように生活での悩み、恋愛の悩み、会社での悩み、辛いことなどなど!そんな悩みを解決へ導き、趣味などに打ち込んで心を照らしましょう!人生の物語を自分自身で作っていくのです。そんなブログです。

オタクでも出会いがある!彼氏、彼女を作る方法

電気街

iwakoサンタがまたまた出会うきっかけを提供しますよ。もうすぐクリスマスだ!頑張れオタクの皆さんまだ間に合う!

あ、明日クリスマスだったもう無理だね☆

 

まあいいです。この記事で今後の出会いの参考にしてもらえれば。

 

う~ん、オタクだとかは恋愛には関係ない気がするんですよねえ、オタクと言ってもいろいろありますが、鉄道オタク、歴史オタク、アイドルオタク、アニメオタクなどこれらにはなんら違いはありません。何かに対する一生懸命さ、愛する気持ちは同じですから。


とは言ったもののたしかに90年代のアニメオタクに対する批判はすごかったと思います。新聞に『気持ち悪い』『変態』『ロリコン』などでかでかと書かれたりして、僕も漫画やアニメは好きなのですごく心が痛いです。

あの頃の差別はひどかったと思いますがいつしかオタクブームが起こり、オタクは今や世界の共通認識にとなり、オタク文化が浸透する世界になってきました。

近頃では【ファッションオタク】という言葉もでき、オタクを一つのサブカルチャーとしてカッコイイと思い、そこまで詳しくないけどオタクだと自慢げに話す人もでてきます。それに関しては、ほんとに精通しているオタクの人たちからすればその程度でオタクと名乗って片腹痛いという感じなのでしょうが・・・。


僕は差別という言葉がが好きではないです。オタクだからと偏見の目で見たり、身体障害者の人を馬鹿にしてる人、ホームレスを迫害している人、老人差別、容姿差別、端から見れば全く何をやっているのだという感じです。差別される側が問題を起こしているのなら仕方のないことだとは思いますが、そうでなければとても悲しい世の中になったなと思います。


まあ僕の個人的感情論は置いときまして、誰だって恋愛する権利はありますし恋愛できますよ。

オタクで恋愛出来ない人が気をつけること

一般人はオタクだから嫌いなのではありません。オタク=気持ちが悪いというイメージはそれ相応の理由があります。

 

清潔感は大事!

オタクの人は好きなものに熱中するあまりお風呂に入ることを忘れてしまったり、毎日同じような服を着て、服を買うくらいならグッズを買うという風に見た目に気を遣ってない節があります。だから少し不衛生だと思われがちで、異性が近寄りづらいのだと思います。

まずは簡単に変えられる見た目から直して行きましょう。汗臭い、ぼさぼさの髪、無精ひげ、服装がだらだら、周りからみたらどう思うでしょうか。きっと清潔感がないと思われますよね。いくら元の見た目がかっこよくてもこれでは異性も逃げて行ってしまいます。 おしゃれが苦手でしたら美容院に行き、服はお店の定員さんに選んでもらいましょう!きっと、その人に合った服を勧めてくれるはずですよ。
また、だらしがないと思われるのもNGです。オタクの中でも特にアニメオタクはパソコンの前に座っていることが多いので猫背になりがちです。
普段から背筋を伸ばすように気をつけて姿勢も直すようにしましょう。

見た目に気を遣うだけでモテスタイルになりますよ。  雰囲気イケメンってやつです。

必ずしもおしゃれをする必要はありません。普通の服装でいいんです。大事なのは清潔感ですよ。

 

明るくなろう!

また趣味に力を注いでいるときは一人でいることが多く、家にずっといて誰かと話す機会はないかもしれません。なので暗いと思われがちで、オタクの当人も話さないので心も暗くなってきてしまいます。

明くるなるにはどうすればいいか、外に出ることです。ずっと引きこもってたのなら、外の空気を一息吸えば引きこもってた自分が馬鹿らしくなるくらい気持ちがいいですよ。

あとはいろんな人と話すことです。自分が理想とする明るさの友達がいればなおいいです。こういう風になりたいなとイメージが沸きやすいです。

外に出て話す!基本的ですが明るく元気になるには大事なことですよ。

 

マシンガントークは避ける

オタクの人は好きなことになると夢中になり、人と話すときでもついつい趣味のことばかり話してしまいます。
少しなら問題ないですが、ずっと自分の好きなことをマシンガントークで話したら興味のない人からしてみればあまり好ましくありません。むしろ自分よりも趣味のほうが好きなんだなと距離をとられてしまします。またアニメのキャラのこの子が好きだとか恋しているだとかの文言はこれもまた引かれてしまいかねますので心の中にでもしまっておきましょう。口は災いの元ですよ。
趣味の話が一番話しやすいという気持ちは分かりますが、程度は押さえときましょう。

 

オタク分野以外でも話せるようになろう!

一つのことに精通しているのは素晴らしいことです。何でも中途半端になりがちな僕にとってはとても見習いたいんですよ。

しかしですね、上でも書いたようにオタク趣味しか知らなかったら一般人からしてみたら受けがあまりよくありません。逆の立場になって考えたら相手から自分が知らない話されてもつまらないですよね。もう行っていいかな?ってなりますよね。

他のことが知らないようであれば知識を取り入れる必要がありますね。人とのつきあいの中で相手の趣味嗜好について話す話すこともあると思います。その中で興味ある分野を自分でも始めてみてもいいのではないでしょうか。他にもいろんなことにチャレンジしてみるんです。料理を始めたり水泳教室に通ってみたり、自分の興味がでることを見つけてください。

テレビを見るだけでも話題はつきませんよ。

ドラマの話をしたり、最近のニュースやトレンドなどの知識も取り入れてみてはいかがでしょうか。   

 

オタクが出会うには出会いの場に行くこと

 行動力が必要になるので多少勇気がいりますけど出会いの場なんてそこら中に広がっていますよ。TwitterFacebookなどのSNSで交流をしたり、婚活サイトを活用したりと出会いの方法は様々です。インターネットサービスだとオタク専用のコミュニティがあったり、婚活パーティでもアニメ、漫画好き限定パーティなども存在します。そういったものに積極的に取り組んでみたらどうでしょうか。

問題は行動が出きるか出来ないかですよ。

 

 こちらにくわしく書きました。社会人が出会う方法ですがオタクの人たちの出会いの場にも関係しています。是非参考にしてください。

www.iwako-light.com

 

まとめ

出会いは時の運と言いますか、自分から積極的にアプローチをしなければ始まりませんが、顔はそこまで良くなくても清潔感さえ漂わせて、姿勢をピシッとしておけばイケメン、または美女の雰囲気はかもし出すことは誰にだってできます。


オタク趣味は何も悪くないです。イケメン俳優がアニメ好きだと暴露したからと言って人気が落ちないのと同じです。むしろそのギャップに好感度があがるかもしれません。見た目さえしっかりしておけば自然と異性は惹かれますよ。
もしも自分はモテないなあと思うのであればオタク趣味ではなく別の原因を探ってみてください。
あと書きましたが、他にも趣味を見つけても良いかもしれませんね。料理が趣味だけどオタク趣味も持ち合わせていたらいろんな方面の趣味を持ってるとされて人としての価値が上がりますよ。


隠さなくても良いんです!何も恥ずかしいことなんてないですよ!自信を持っていきましょう。

 

iwakoはオタクの皆さんの出会いを応援しています。


良かったらこちらも参考にしてください。

www.iwako-light.com

 

その他出会う方法記事一覧

www.iwako-light.com

スポンサーリンク