人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

20万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

年収300万以下の男でも婚活パーティに参加しても結婚できるのか問題

スポンサーリンク

人生設計

皆さんiwakoですよ。

僕は30歳にもなって年収が300万もありません。まあブログの収入合わせればその限りではありませんが、会社のみの給与の場合300ありません。
 
すると僕はどう思うか、
 
結婚やばくねできなくね?
 
女性が男性に求めるものは、容姿や性格もあれど、やはり収入面も見ている女性は多いと思うんですよね。
 
元より出会いがないですが。
登録したことはないですが結婚相談所では年収が300万ないと登録すらさせてもらえないという話も聞きます。
それなら婚活パーティー行けという話なのですが、その年収こそが僕が婚活パーティーに億劫になっている・・・はっきり言ってびびっている理由の一つなんですね。
婚活パーティってかならずと言っていいほど年収書く欄があるんですね。
 
しかし僕は本当の年収書くのが恥ずかしいんだなこれが!
 
本当の年収書けばおそらく内面がよくてもその時点ではじかれるだろうし、嘘は書きたくありません。
 
じゃあどうするのかというと何も書かないというのが僕のやり方ですが、これも年収書いてない人なんて相手にされない可能性ありますし、もしもそのパーティでカップリングしてゆくゆくは付き合えたとしても、もしも結婚を視野に入れるのでしたら年収も言わなければいけません。その時点で別れを持ち出されたりしたら今までの時間はなんだったんだとこちらも後悔するはめになります。
それは嫌ですね。相手にも申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
 
結婚はお金だけではない、 だからこそ僕は愛のある恋愛をしたい。そう考えています。
 
 

お金だけ見ている女性は嫌いという話

そもそもの話ですよ。婚活パーティーのプロフィールシートでまず年収見るのってどうなの?年収で判断するのはどうなのって思います。
 
分かりますよ。結婚を考えるなら出来るだけ楽に暮らしたい、有意義に暮らしたい、でも人間の良し悪しってそれだけで決まりますか?年収に惹かれて結婚したとしてそれで幸せですか?
 
愛はいつか冷める?
そんなものは戯言だ。
 
冷める愛なんて愛じゃありません。もともと愛なんて初めからなかったと言うだけの話です。
 
やっぱ男は金なのか!そんなに金がいいのか!愛と金を天秤にかけるな!金金金!なんだ金がそんなに欲しいなら体中金色に塗りたくったら満足か?
ピカピカだぞ。ゴールドだぞ。
 
ゴールドマンになってやるぞ!どうだよ。
 
 
 
 
ふっやらねえけどな!!
 
 
僕は男がご飯を奢るのは当然だという考え方の女性が嫌いです。というのは別に奢ることに対して文句を言っているわけではありません。多めにだしてあげたりとかは全然いいんですよ。
ただ感謝の気持ちすらないのが腹が立ちますよね。
 
例えば僕に彼女がいたとして車でコンビニに立ち寄ります。彼女は僕の持っているかごに欲しいものだけ入れてさっさと車に戻って待っている・・・。
どう思いますか?
なんだこいつ・・・って思いませんか?
まあ距離感にもよりますけどね、すでに結婚していたり、その行動が当たり前でお互い了承の上で行われているのでしたらそれはそれでいいんじゃないですかー。僕は嫌ですが。
 
当たり前になるって嫌ですよね。もしも毎回僕が奢ってしまったら彼女はそれが当たり前だと思い込んで、奢ってくれるから付き合っているみたいな関係になるのが怖いんですよ。
「少しはお金ある?」なんて聞いた日にはいっきに冷められそうで・・・そんなもの愛があるとはとても言えたもんじゃないですよね。
いえますか?愛と!いえんとちゃいますのん?
愛と、違うんとちゃうますのん?のん?のん?
 
そんな女性は自分が好きなんじゃなくてお金が好きなだけです。
 
「今回だしてくれたから次は私がだすね」という心遣いのできる女性と出会いたいものです。少なくともお金を出すそぶりくらいしてほしい。
 
お金がなかったとしても好きだと言ってくれる女性と出会いたい。
そんなことを思う僕であった。
 

年収300万以下でも結婚するためには

さて、多少うざいくらいに愚痴ったところで本題に戻りましょう!年収が300万なくてどうやったら結婚できるのかを考えてみました。

年収低くても一緒にいてくれる女性を見つける

これが一番ですよ。愛ですよ愛。ラーヴ!
一緒にいるだけでも楽しく過ごせるというのも理由の一つですけど、どんなに自分が落ち込んだりどん底まで落ちたとしても、見捨てないで支えてくれるような女性がいいですよね。
世界は広いんですよ。きっとそんな人も見つかるはずです。
個人的には一緒にいて気を遣わなくて疲れない人がいいですね。何も話さなくても気まずくならないというか・・・それこそ空気のようにいつまでも寄り添ってくれる人・・・あれ?そんな人ほんとにいるの!?
 

副業などで給与を増やす

年収を増やす方法としては副業をする方法もあります。会社が終わった後や休日に時間を作ってしたらいいと思います。ただしアルバイトを禁止している会社もありますのでそれだけは気をつけてくださいね。
その場合はインターネットで稼げる在宅ワークがおすすめです。アンケートを答えるだけのアンケートモニターやブログの広告収入など手段はいくらでもあります。
僕も会社の給料がやっすいからブログで少しでも足しになればと始めたわけですからね。
 

貯金をしておく

ある程度の貯金があれば結婚してもしばらくは安定して暮らしていけるでしょう。
給料低いうんぬんは結婚してからゆっくり考えればいいんですよ。
そのために無駄使いは避けたいところですね。
 

今より給料高い会社に転職する

年収アップでてっとり早いのが転職をしてしまうことですね。これは家庭の事情なので仕方のないことです。
少しイメージをしてみました。自分がすでに結婚していて、奥さんから「今のままじゃ生活できないから給料が高いところに転職してほしい、できないなら離婚します」と言われたらどうするか・・・
迷わず転職を選びましたね。奥さんのその言葉に愛があるかはこの際置いといて、バツがつくのだけは勘弁だと!会社には何の思い入れもないので即転職ですよね。
そりゃ結婚してるんだったら家庭を取りますよ。
 
今気づきましたけどどうやったら結婚できるかという問題なのに、結婚しているとしてという例えはおかしかったですね。すいません。
では付き合っているとして、もしも結婚したら生活ができないから転職するという考え方に変えてみましょうか。
結果は同じことです。
 
どうせ転職するならさらにスキルを磨けるとこや今までの経験を生かせるところが一番いいんでしょうけど、追い詰められればそうは言ってられないかもしれませんね。
 
転職するなら若いうちにパパッと見つけてシャシャッと合格してドバーッと給料貰いたいですね。
年取ってからだと仕事探すのも一苦労です。
 

無理だと思わないこと

諦めたらそこでなんとやらです。
 

まとめ

実際問題若ければ低年収でもこれから収入はいくらでもあがるだろうと結婚できる確率は高いです。それが30、40になると一気に難易度が高くなってしまいます。ですが諦めたらそこで終わりです!「もっと早くに結婚していればなあ」と言っても仕方ないです。過去は戻ってこないんですから。その年まで結婚しなかったのは自分の責任!低年収の会社を選んだのも自分の責任!現実と向き合って今から始めるしかないんですよ!
今の時代共働きが当たり前のようになってきましたので、年収300万でも相手も働いてくれればなんとか生活できるはずです。
僕と同じような境遇な人、一緒に頑張りましょう!
僕も頑張ります!うん明日から!