人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

20万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

初めてのメイド喫茶in大須!初心者には秋葉原よりはおすすめかも

スポンサーリンク

こないだの話ですよ。

友達2人と一緒に行ってきました。名古屋の大須です。全員初メイド喫茶です。

 

メイド喫茶は僕の中で『一度は行ってみたいけどお金払ってまで行きたくないランキングベスト3』に入ります。

 

それほど行くつもりはありませんでした。値段も高いらしいし。

 

夜飲み会だったんですが少し昼過ぎに時間空いたので、

f:id:iwatako:20160826212010j:plain

漫画、遊☆戯☆王より抜粋

 

って感じで喫茶店探してました。

 

メイドカフェM'sMelody

友達A「お、こんなところにメイド喫茶なんてあるんだ」

友達B「あれだろ?いらっしゃいませご主人様!みたいな笑」

友達A「あれ?何だよお前行きたいのかよ」

友達B「ちっげーよばかちっげーよ!メイド喫茶なんて行ったことないからさあ」

友達A「行ったことないから行ってみたいんだろ-?まあコスプレしてる女の子は見てみたいけど」

友達B「お前が行きたいだけだろ!俺は別にいいよ?別にどっちでもいいんだけど別にいよ?」

友達A「いやいや別に行きたいとかじゃなくてね、どんな雰囲気なんだろうなあと思ってさ、チラッと見てみたい気もしなくもないなーって」

友達B「・・・じゃあ行く?」

友達A「え?ちょっ!マジかー!?俺初めてなんだけど///」

僕「お前らうぶかよ」

 

みんな仲良し30歳。

 

こんな感じでたまたま見つけたメイド喫茶で時間をつぶすことにしました。

 

メイド喫茶に入るというのは恥ずかしいものなのです。

僕のイメージでは

 

・オムライスとかに絵を描いてくれる

メイドさんがステージで歌う

メイドさんとのじゃんけん大会(萌え萌えじゃんけん?)

・なんかすっごい大きなパフェ

メイドさんがフレンドリーに話しかけてくる

・語尾に「にゃん」とかつける

 

けっこうドキドキしてました入るとき、いろんな意味で。

 

正直コミュニケーションとかはあんまとりたくないなあとか、

ゆっくり食べたいなあとか思いながら。

 

そこにある場所は大須にある電気屋の地下なんですけどメイド喫茶が2つ並んでました。一つは女の子が動物の格好をしたコスプレ喫茶、もう一つが行ってきたメイド喫茶です。

 

コスプレ喫茶はね・・・さすがにたじろぎましたね。

 

ちょ・・・ちょっと俺らにはまだ早いかな、レベルが足りないなとか言いながら

 もう一つのお店に入りました。

中に入ってみたら、

 

「お帰りなさいませご主人様」

とメイドの女の子がお辞儀をしてくれました。

 

おおぉ。これが噂のこのセリフ!

実際言われても

 

「あ・・・はい」

くらいしか言えなかったですけどね。

 

肝心の店内はというと、

 

すごい清楚!というか落ち着いてる!というか何もない!

 

なんだろう凄く白いしイギリス感がある。

英国紳士を招き入れる風なお店なのだろうか。

 

あ、ちなみにメイドさんはもちろん店外、店内は撮影禁止、だされた飲み物、食べ物も撮影禁止という徹底ぶり。

なので写真は一切ありません。

 

とりあえず店内の様子ですがすごい静か!あれ?メイド喫茶ってこんなんだっけ?もっとお客とメイドが和気藹々としゃべってるイメージだったけど。

あと店内BGMが・・・ドラクエのお城みたいなBGMでした。

 

客層的には、一人で来てる太ったおじさんもいれば、カップルもいたり、男3人女3人でノリで来てるようなグループもいました。

ちょっと以外。

 

席についたらベルが置いてあったのでメイドさんを呼んで注文に。

 

ご飯後だったのでドリンクのみ、メイドさんの名前がついたオリジナルカクテルを頼みました。

 

個人的にはデザートの玉子かけご飯パフェが気になったけど止めました。

なんだろ、山盛りご飯に玉子がたらしてありだけじゃないのかなあ。でもデザートの枠に入ってたし・・・気になる!頼まなかったけど。

 

ドリンクは700円と少し高めで料理の方はオムライスやらカレーライスなど1000円程度と思ったよりは高くありませんでした。

 

気になったのがですね。

「はいっ!料理できたからあそこのテーブルに持って行って!」

「テーブルあいたから次案内してあげて!」

と他のメイドさんに指示を出しながら一人厨房の前にたたずんでいるメイドさんがいました。

一人だけ制服の色が違います。おばさんメイドでした。

 

おそらくメイド長的な人なのでしょう。

 

そしてそのメイドさん

 

「注文入りまーす○○です。」

厨房のほうに向かって声をだします。

 

外側からでは厨房の中身が見えませんけど

 

 

「へーい!」(野太いおっさんの声)

 

・・・メイド喫茶の裏側を見た気がします。

 

メイドさんが作ってるんじゃないんだ。

 

 

 

そんなこんなで何事もなく初メイド喫茶体験は終了。

 

こんな記事書くならせめてオムライスに絵でも描いてもらえればよかったかなあ。あとやっぱ玉子かけご飯パフェ頼んだ方がよかったかなあ。

 

感想

感想としては、最初がここでよかった。次メイド喫茶に行く機会があるかどうかは分からないですけど。

もしも初メイド喫茶でものすごいコミュニケーションとられたら戸惑って恥ずかしくなって逃げだしたくなると思います。

はいうぶです。

おそらくそういうシステム自体ないんでしょうねえ。

普通の喫茶店の店員さんがメイドのコスプレしてるだけの印象です。決められたことをやってるだけみたいな。

 

本場のメイド喫茶と言ったら秋葉原ですがそうゆうのをイメージしている人はがっかりするでしょうが初めて行く人はまずここでメイド服姿の女の子に慣れてみるのもどうでしょうか?

 

秋葉原は一度行ってみたいです。探索したい

以上。

 

店舗情報

メイドカフェM'sMelody

営業時間

月曜日・金曜日: 15:00~21:00

土日・祝日: 11:30~21:00

ラストオーダー:フード・デザートは45分前、ドリンクは30分前

住所

愛知県名古屋市中区大須3-12-35 グッドウィルエンターテイメントデジタルモール4Bフロア

電話

052-249-5458

地図