人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

人生の物語を楽しむブログ!ネガティブ・ライト

25万PV達成!人生の悩みや理不尽な出来事にツッコミを入れたりしてます。あと将来的に本とかだしたい。出版社の人たちカモン!依頼も受け付けております。

ハロウィンでなんでお菓子を配るの?カボチャを使うの?その由来とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お化けとカボチャ

今日会社帰り、地元では仮装した子供連れがそこら中に歩いていましたよ。おいおいこれは何事かと思ってたのですが、どうやら近くの場所(イベント?)で無料でお菓子を配っているとこがあるらしいです。

え?無料でお菓子!?そんなの、めっちゃ欲しいし!という欲求が心の底からでてきたわけですけども、汚い作業着姿の大の大人が「お菓子ください」とか言ったらなんて思われますかね?

苦笑い不可避ですよね。

だから僕は近くのたいやき屋さんでハロウィン期間だけ150円が100円になってるたいやき買って帰ったもんね!あーおいしかった!

iwakoです。

 

さて本題入りましょうか。

ねえなんでなんで!と気になりませんか?ハロウィンは雰囲気が好き、ちょっと怖いけどポップで可愛いから好きって人が大半だと思います。僕もそうです。でもハロウィンってわからないことばかりですよ。

 

なぜお菓子を配るのか

トリックオアトリートですね。

海外ではハロウィンになるとお化けの仮装した子供が他人の家の前でトリックオアトリートと叫びます。

つまりこれは「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」という意味になります。

日本では仮装してる子供はたまに見かけますけれどトリックオアトリートまでは定着してませんね。お化けの仮装した知らない子供が家の扉の前でトリックオアトリートなんて呪文みたいな言葉ぶつくさ言ってたら恐怖ですよ。

 

「お菓子をくれなきゃイタズラするぞ」とんだ悪ガキですね。恐喝に近いですよ。

でもまあお菓子だけなら可愛いですけどね。

それが「任天堂スイッチくれなきゃイタズラするぞ」になったら大変です。

 

大人「ごめん在庫切れで・・・」

部屋荒らされてしまいます。

 

そう考えたら大体の家にはあるお菓子がちょうどいいのかもしれません。

 

で、なぜお菓子を配るのかという話になります。

問題はここですよ。

元々ハロウィンとは秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すための古代ケルト人が起源である祭りとのことです。(Wikipedia調べ)

宗教的な意味合いが多かった祭りですが、いつしか民間行事として定着していったんですね。ケルト人の年末は10月31日で、その日には家族の霊が訪ねてくると信じられていました。年末ということで日本でいうお盆のようなものですね。

そして家族の霊に混じって悪霊などがやってきて家を荒らされたりするため、かがり火を焚き、作物を捧げたようです。

だからお菓子をあげるという行為は一種の魔除けで家の中に入れないようにするためです。

それが現在のトリックオアトリートに繋がっているわけですねー。

 

なんでカボチャを使うの?

も一つハロウィンで謎めいていることといえばカボチャの存在です。お化けがハロウィンのシンボル化している理由は分かりました。次はカボチャですよ。むしろハロウィンと言えばカボチャみたいなとこありますからね。

 

その由来はアイルランドに伝わるジャック・オ・ランタンの伝説というものがあります。

あくまで伝承ですが、悪い行いばかりしてきた者が死んだけど天国にも地獄にも立ち入ることを拒否された男が現代に幽霊となって舞い戻り、悪魔から貰った炎を落ちていたカブをくり抜いて中に入れてランタンとして持ち運びました。そして現在もどこかで彷徨っているという話です。

それがジャック・オ・ランタン(ランタンを持つ男)ですね。

以降、死んだ人々の魂のシンボルをカブとしてハロウィンには書かせないものになりました。

ってカブかよ!

 という感じですね。カボチャどこいったんだよと。

 

アイルランドの人々がアメリカに移住する際、この伝承とハロウィンの習慣を伝えたのですが、アメリカではあまりカブが栽培されていませんでした。だから豊作だったカボチャに変わったわけですね。現在でもアイルランドの一部ではハロウィンはカブを使われているみたいですよ。

 

でも僕は思うんですよ。カボチャの方がオレンジで綺麗だし柔らかいから加工もしやすそうだなって。思いません?カブってなんか固そうじゃないですか。

 

ハロウィンでカボチャを人の顔のようにくり抜いてランタンのようにするのはここからきているんですね。

 

まとめ

以上!知っている人は知っているかもしれない話でした。そして別に知らなくてもいい話です。

でも由来とか少し気になりませんか?僕は始めてジャック・オ・ランタンの伝承を来たときには「カボチャこええ!もう食えねえよ」とか思いながら次の日、夕食ででたカボチャサラダを普通に食べてましたけれどね。

しかし昔から伝わるハロウィンというイベントが若干の姿を変えながらも現在まで続いているのは素晴しいことだと思います。

まあそんなに起源や由来など固いことは気にせずに仮装したり飾り付けしたり、おいしい食事を楽しめばいいんじゃないですかね。

皆さんもハロウィン楽しんでくださいね。

僕はもう寝ます!

 

 こちらではハロウィンにもってこいのカラコンも販売してますよ。

 

久々にイラスト描きましたよ。疲れたよ。ハロウィン!

f:id:iwatako:20171031205218j:plain

ハロウィンの由来を知りたい人はこちら。

www.iwako-light.com

 

その他ハロウィン関係記事。

www.iwako-light.com

www.iwako-light.com